萩ケーブルネットワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
萩ケーブルネットワーク株式会社
基本情報
団体名 萩ケーブルネットワーク株式会社
略称 HCN
コミュニティ
チャンネル愛称
HCN12
MSO 独立
系列 独立
センター所在地
〒758-0041
山口県萩市江向550-1
デジタル放送上位事業者 JC-HITS(ジャパンケーブルキャスト株式会社)
開局年月日 1985年9月25日
エリア内地方自治体
2 市(政令指定都市を除く)
1 町
配信チャンネル数
地デジ自主放送 ()
ラジオ放送 4 Ch
通信サービス種別
公式ホームページ
トップページ
テンプレートを表示

萩ケーブルネットワーク株式会社(はぎケーブルネットワーク)は、山口県萩市阿武町島根県益田市をサービスエリアとするケーブルテレビ事業者である。島根県益田市では「地域情報通信基盤整備事業」により設置されたケーブルテレビ局「ひとまろビジョン」を運営している。

概要[編集]

1985年昭和60年)に、アイ・キャン岩国市)についで、県内2局目、北浦初のケーブルテレビ局として開局した。

1996年平成8年)8月には、県内・中国地方初のコミュニティFM・エフエム萩を同局内に開局させ、萩の情報発信を高める。

その後、2002年(平成14年)には、萩市江向(えむかい)451にあった本社兼スタジオを、現在の江向550(山口県立萩美術館・浦上記念館国道挟んで斜向かい)に移転する。

この頃から、テレビが地上デジタル化することが言われ始めたほか、阿武町と旧・須佐町へのサービスエリア拡大、ならびにチャンネル数の充実を図るにあたって旧本社では手狭であったためで、本社事務所やメインの放送スタジオを550番地の「放送センター」へ集約させる。一方で、旧局舎はBS・CS・県内波・県外波の受信ポイントである「通信センター」と、エフエム萩の本社として機能させている(ただし、県外波の受信ポイント自体は田床山にある)。

2003年(平成15年)から、8chの「HCN8市民チャンネル」に加え、11chに「阿武須佐チャンネル」が誕生(もともとは放送大学)。萩市内の情報を伝える「萩あれこれ」に加え、「ii(あいあい)ネットあぶ」と「まるまる須佐ッチャ」を開始。

2005年(平成17年)の平成の大合併に伴い、須佐町が萩市に編入。須佐の番組は消滅し「萩あれこれ」に吸収。また、チャンネルも見直される運びとなる。また、それと同時に旧・田万川町でもサービスを開始。

2011年(平成23年)からは、県を越えて、島根県益田市でもサービスを開始。「ひとまろビジョン」として放送している。当然ながら地上波の放送チャンネルは本局と異なり、自主放送チャンネルも益田局中心の構成となっている。

2018年(平成30年)4月より、大幅な番組リニューアルが行われ、121chと122chのタイムテーブルが一新された。

益田市地域情報通信基盤整備事業について[編集]

益田市役所でのこの事業の担当は、情報政策課(旧・地域情報化推進室)[1]である。

2010年[2]から2011年にかけて益田市全域に整備されたもので、FTTH方式[3]の伝送路設備や益田センター局舎などのケーブルテレビ施設が整備された。益田センター局舎は益田市の市民学習センター(旧石西県民文化会館)に隣接して建設された[4]。このケーブルテレビ施設によるサービスは「益田市が実施する『告知端末機』(緊急防災放送装置)[5]による放送」と「萩ケーブルネットワーク株式会社によるテレビ放送サービス・インターネット接続サービス・IP電話サービス」がある。

「緊急防災放送装置(告知端末機)」は、益田市の全世帯に無料で設置される制度となっている[6]

「ひとまろビジョン」は愛称であり、公募により決定された[7]

所在地[編集]

  • 会社名:萩ケーブルネットワーク株式会社
    • 放送センター : 758-0041 山口県萩市江向550番地1
    • 通信センター : 758-0041 山口県萩市江向451番地
    • ひとまろビジョン 益田センター : 698-0033 島根県益田市元町11-24

サービスエリア[編集]

沿革[編集]

  • 1985年9月24日:会社設立
  • 1989年9月25日:旧萩市でケーブルテレビ事業を開始。
  • 2001年5月1日:ケーブルインターネット事業を開始。
  • 2002年:バーチャルスタジオ・オープンスタジオなどの設備をもつ放送センターを新築。
  • 2009年10月14日:益田市地域情報通信基盤整備事業により設置されるケーブルテレビ局の運営事業者に選定される[8]
  • 2010年3月26日:島根県益田市にてケーブルテレビ事業、インターネット接続サービス事業を提供するに辺り総務省中国総合通信局から認可を受ける[9]。同年4月22日 益田市とで調印式[10]
  • 2011年4月1日:島根県益田市にてケーブルテレビ事業、インターネット接続サービス事業を開始。

主な放送チャンネル[編集]

地上波系列別再送信局[編集]

NHK-G NHK-E NNN/NNS ANN JNN TXN FNN/FNS JAITS
山口県萩市・阿武町 NHK山口 NHK山口 山口放送 山口朝日放送 テレビ山口 TVQ九州放送 テレビ西日本
島根県益田市 NHK松江 NHK松江 日本海テレビ 山口朝日放送 山陰放送 山陰中央テレビ

テレビ局[編集]

山口県萩市・阿武町の「地上デジタル・デジアナ変換」放送

アナログ
デジアナ変換
デジタル 放送局
1 011 NHK山口総合
6 021 NHK山口Eテレ
3 031 テレビ山口
4 041 山口放送
10 051 山口朝日放送
071 TVQ九州放送(STB視聴)
081  テレビ西日本(STB視聴)
8 121 地域情報チャンネル
11 122 地域開放チャンネル

島根県益田市の地上デジタル放送

デジタル 放送局
011 日本海テレビ
021 NHK松江Eテレ
031 NHK松江総合
051 山口朝日放送
061 山陰放送
081 山陰中央テレビ
111 ひとまろ地域情報チャンネル
112 ひとまろ地域開放チャンネル
デジタル 放送局
BS放送
101 NHK BS1
103 NHK BSプレミアム
141 BS日テレ
151 BS朝日
161 BS-TBS
171 BSテレビ東京
181 BSフジ
191 - 193 WOWOW
200 - 202 スター・チャンネル
211 BS11
222 TwellV
231 - 233 放送大学テレビ
CS放送
509 ジュエリー☆Gem Shopping TV HD
513 フジテレビNEXT HD
514 フジテレビONE HD
515 フジテレビTWO HD
522 MONDO TV HD
530 J sports3 HD
531 J sports 1 HD
532 J sports 2 HD
534 J sports 4 HD
535 GAORA HD
536 日テレG+ HD
537 ゴルフネットワーク HD
538 FOXスポーツ&エンターテイメント HD
539 FOXムービープレミアム HD
540 FOXクライム HD
541 釣りビジョン HD
550 チャンネルNECO HD
551 ファミリー劇場 HD
552 日本映画専門チャンネル HD
553 時代劇専門チャンネル HD
554 FOX HD
555 スーパー!ドラマTV HD
556 ムービープラス HD
562 TBSチャンネル2 HD
564 東映チャンネル HD
565 TBSチャンネル1 HD
566 テレ朝チャンネル1 HD
567 日テレプラス HD
570 スペースシャワーTV HD
572 MTV HD
581 キッズステーション HD
582 アニマックス HD
594 TBSニュースバード HD
595 テレ朝チャンネル2 HD
596 ディスカバリーチャンネル HD
597 アニマルプラネット HD
598 ヒストリーチャンネル HD
599 ナショナルジオグラフィックチャンネル HD
700 チャンネル700
704 ウェザーニュース
710 ショップチャンネル
724 囲碁・将棋チャンネル
774 歌謡ポップスチャンネル
775 クラシカ・ジャパン
790 日経CNBC
792 CNNj
820 グリーンチャンネル HD
821 グリーンチャンネル 2 HD
950 プレイボーイチャンネル
951 レインボーチャンネル
952 ミッドナイトブルー
953 パラダイステレビ
954 チェリー・ボム

ラジオ局(山口県萩市・阿武町)[編集]

MHz 放送局
77.5 FM NANAKO
78.6 FMY
80.0 FM FUKUOKA
82.4 NHK山口FM

告知端末機(益田市)[編集]

主な自社制作番組[編集]

出演及びナレーションは萩ケーブルネットワークの社員が中心となって行っている。

  • HCNニュース 飛耳長目(月〜金 19:00-19:05を初回として複数回リピート放送。週末は一挙版も放送)
  • 萩タイム(萩市広報番組、特集など)
  • あれっちゃこれっちゃ(月・水・金12:15-12:45を初回として複数回リピート放送、1回30分。週末には総まとめ版を60分で放送)
  • あぶスタ☆(月〜水、金6:00-6:15を初回として複数回リピート放送、1回15分)

終了[編集]

  • 萩あれこれ
  • ハピピ情報局A/B
  •  ii(あいあい)ネットあぶ
  • まるまる須佐っチャ

不祥事と経営の混乱[編集]

萩ケーブルネットワーク (HCN) で開局以来社長を務め、萩商工会議所会頭も務めていた刀禰勇が、HCNの資金約11億円を自身の経営する会社に不正に流用しており、金融機関からの借入金が約21億円にまで膨らんでいることが2018年2月までに明らかになった[12]。3月には中国総合通信局から不適切な会計報告等の再発防止策に対する行政指導を受け[13]、さらに5月には、HCNが通信衛星(CS)の視聴契約数を約35%に過少申告し、契約料の支払いを複数年にわたって不正に逃れ、衛星放送協会から説明を求められていることも明らかになった[14]

これらの不祥事に対し、刀禰は2018年2月にHCNの社長を解任され、後任に取締役の井上吉之が就任。しかし、流用問題の調査に取り組んだ井上に対し、HCNの筆頭株主であり取締役にとどまっていた刀禰が同年5月28日に「独断的な経営」を理由に井上の解任動議を発議。取締役会で井上が解任され、後任に刀禰に近いとされた時山茂樹を選任[15]。時山は刀禰のHCN持株を岩国市のケーブルテレビ会社アイ・キャンの幹部に譲渡し、同社の元幹部をトップに迎える方針を示したが、刀禰が6月11日に破産手続きの開始決定を受け、株主総会が直前で延期になった末に、時山が退任して地元の建設業者社長の田村伊正を新社長に選任、4ヶ月で3度も社長が交代するという異例の事態となった[16][17]。2019年1月の取締役会では前年5月に解任された井上を再度社長に選任する人事が行われるなど、経営の混乱が続いている[18]

なお、井上の就任後、長門市の鉄工地場大手「ヤマネ鉄工建設」と、ほっちゃテレビ(長門市ケーブルテレビ)の指定管理者である「ながとテレビ」が設立する新会社への事業承継が検討されているという[18]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 益田市情報政策課(旧・地域情報化推進室)[1]
  2. ^ 益田市 広報誌「広報ますだ」2010年7月15日号にて「益田市地域情報通信基盤整備事業の安全祈願祭」について掲載[2]
  3. ^ 益田市地域情報通信基盤整備事業に関する説明資料各種ページ内 「Q&A(よくある質問と回答)」ファイル内に説明あり
  4. ^ 益田市 広報誌「広報ますだ」2010年6月1日号4ページ[3]
  5. ^ a b 告知端末機の表記については 広報誌「広報ますだ」での説明は 2010年6月15日号で「緊急防災放送装置(告知端末機)」と併記。それ以降「緊急防災放送装置」と表記されるようになった。
  6. ^ 益田市 広報誌「広報ますだ」2010年6月15日号4ページ[4]
  7. ^ 益田市 広報誌「広報ますだ」2010年9月15日号4ページ[5]
  8. ^ 益田市地域情報通信基盤整備施設運営事業者決定について
  9. ^ [6]
  10. ^ 益田市 広報誌「広報ますだ」2010年6月1日号表紙[7]
  11. ^ 緊急防災放送装置の機能説明書を作成しましたのページ内 説明ファイルと、益田市 広報誌「広報ますだ」2011年5月号2ページ[8]で説明がある。
  12. ^ “萩ケーブルネットワーク 流用金額は11億円”. 山口新聞. (2018年5月5日). https://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2018/0505/5.html 2019年1月29日閲覧。 
  13. ^ 萩ケーブルネットワーク株式会社による不適切な会計報告等の再発防止策に対する措置(指導)
  14. ^ “萩ケーブル 視聴契約を過少申告 年数千万円逃れか”. 山口新聞. (2018年5月5日). https://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2018/0601/4.html 2019年1月29日閲覧。 
  15. ^ “萩ケーブルネットワーク 社長解任 岩国の会社社長、筆頭株主へ”. 毎日新聞. (2018年5月29日). https://mainichi.jp/articles/20180529/ddl/k35/020/489000c 2019年1月29日閲覧。 
  16. ^ “萩ケーブル、巨額資金流用問題 社長交代、4カ月で3度 刑事告発も、深まる混乱”. 毎日新聞. (2018年7月30日). https://mainichi.jp/articles/20180730/ddl/k35/040/247000c 2019年1月29日閲覧。 
  17. ^ “新社長に田村氏選任 萩ケーブル「再建へ責任果たす」”. 山口新聞. (2018年6月30日). https://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2018/0630/5p.html 2019年1月29日閲覧。 
  18. ^ a b “萩ケーブル、また社長交代 資金流用発覚後4回目”. 読売新聞. (2019年1月22日). https://www.yomiuri.co.jp/local/yamaguchi/news/20190121-OYTNT50296.html 2019年1月29日閲覧。 

外部リンク[編集]