田万川町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たまがわちょう
田万川町
廃止日 2005年3月6日
廃止理由 新設合併
萩市川上村田万川町むつみ村
須佐町旭村福栄村萩市[1]
現在の自治体 萩市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方
山陽地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 山口県
阿武郡
面積 78.21km²
総人口 3,586
(2004年10月1日)
隣接自治体 阿武郡須佐町
島根県益田市鹿足郡津和野町
町の木 ヒノキ
町の花 ツツジ
田万川町役場
所在地 759-3112
山口県阿武郡田万川町下田万1036
外部リンク 田万川町役場
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

田万川町(たまがわちょう)は、山口県最北東端の、島根県と山口県の県境にあった町。

2005年(平成17年)3月6日に合併して萩市となり[1]、町役場は萩市田万川総合事務所となった。

経済圏は隣接する島根県益田市に属する。

地理[編集]

町域は日本海に面した江崎地区から内陸部の小川地区に伸びる。
気温は温暖だが、山地では冬季に稀に積雪がある。

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

行政[編集]

田万川総合事務所(旧・田万川町役場)

中心地である江崎地区に田万川町役場が、小川地区に小川支所が設置されていた。

現在はそれぞれ萩市役所田万川総合事務所、萩市役所田万川総合事務所小川支所となっている。

産業[編集]

  • 国道191号の通る江崎地区は漁業が盛んである。また、国道沿いに道の駅ゆとりパークたまがわ、田万川温泉などの観光施設がある。
  • 山間にある小川地区は農業が中心であり、梨の栽培などが行われている。

企業[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

国道[編集]

県道[編集]

主要地方道[編集]
一般県道[編集]
  • 山口県道304号江崎停車場線
  • 山口県道305号須佐湾高山尾浦線
  • 山口県道306号弥富小川線
  • 山口県道337号田万川須佐線

主要施設[編集]

名所・名勝など[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 川上敏文(2015年3月7日). “萩市:合併10周年記念式典 市の振興発展貢献など、個人90人と21団体表彰”. 毎日新聞 (毎日新聞社)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]