第301飛行隊 (航空自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第301飛行隊
F4EJ SPECIAL PAINTING01.JPG
第301飛行隊40周年記念塗装のF-4EJ改(398号機) 2013年10月築城基地祭にて
創設 1973年10月16日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
所在地 茨城県百里基地
編成地 茨城県百里基地
標語 見敵必戦 創意開発
上級単位 第7航空団
最終上級単位 中部航空方面隊
テンプレートを表示

第301飛行隊(だい301ひこうたい、301st Tactical Fighter Squadron)は、航空自衛隊中部航空方面隊第7航空団隷下の戦闘機部隊である。百里基地に所属し、航空自衛隊では数少ないF-4EJ改戦闘機を運用し、連絡機にはT-4を運用する。

同基地に所属する第302飛行隊とともに、首都圏防空の中核を担う戦闘飛行隊である。

概要[編集]

第301飛行隊部隊マークのカエル

1972年(昭和47年)8月1日百里基地で臨時F-4EJ飛行隊が編成され、マクドネル・ダグラス社から輸入した最初のF-4EJ戦闘機2機が配備された。1973年(昭和48年)10月16日にF-4EJ戦闘機の1番目の飛行隊(マザースコードロン)として、第7航空団隷下に「第301飛行隊」として新編された[1]

1985年(昭和60年)3月2日新田原基地第5航空団隷下の第204飛行隊F-104J/DJからF-15J/DJへの機種更新に伴い百里基地へ移動となり、入れ替わる形で新田原基地の第5航空団へ移動。1991年(平成03年)4月には、F-4EJ改戦闘機へ機種更新された。

F-4EJ改の減少に伴い、管理の一元化を行うとともに南西方面への戦術強化を図るため、2016年(平成28年)10月に、F-15Jを装備する第305飛行隊と入れ替わる形で、再び百里基地に移駐した。

部隊マークはマフラーをした「カエル」で、百里基地付近にある筑波山名物のガマの油売りに由来するガマガエルをモチーフにしており、「無事に帰る」との意味もこめている。マフラーの星の数は、第7航空団を示す「7」であり、第5航空団時代は星の数は「5」になっていた。

F-4機種転換操縦課程(操縦者教育)と対領空侵犯措置任務に基づく実働任務の両方を任務とする。

沿革[編集]

3月2日 - 第5航空団隷下へ編入[2]
  • 1991年(平成3年)4月18日 - 機種をF-4EJからF-4EJ改へ更新開始。
6月6日 - 機種をT-33AからT-4へ更新開始。

歴代運用機[編集]

登場作品[編集]

『原子力空母信濃』
鳴海章作品。原子力空母「信濃」の艦載機部隊として、第301飛行隊が登場する。
エウレカセブンAO
新田原基地の所属部隊として登場。時代設定が2025年であるためか、運用機体がF-4EJ改からF-15Jに更新されている。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ イカロス出版 JWing No.185 2014年1月号 14頁 「空撮!!F-4ファントム 第301飛行隊40年の歩み」
  2. ^ a b c d e イカロス出版 Jwing No.214 2016年6月号 40頁 「日本の戦闘機部隊2016 保存版!空自の全15個戦闘機部隊ヒストリー」松崎豊一
  3. ^ 文林堂 航空ファン イラストレイテッド 94-10 No.78 26頁-33頁 「戦競 航空自衛隊戦技競技会の迷彩機(F-104,F-1,F-4EJ,F-15) '79戦競」
  4. ^ 文林堂 航空ファン イラストレイテッド 94-10 No.78 34頁-43頁 「戦競 航空自衛隊戦技競技会の迷彩機(F-104,F-1,F-4EJ,F-15) '80戦競」
  5. ^ a b c d イカロス出版 JWing No.184 2013年12月号 21頁 「戦競2013 戦競、偉大なるその軌跡」松崎豊一

外部リンク[編集]