第301飛行隊 (航空自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第301飛行隊
創設 1973年10月16日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
所在地 百里基地
上級単位 第7航空団
テンプレートを表示

第301飛行隊(だい301ひこうたい、301st Tactical Fighter Squadron)は、航空自衛隊第7航空団隷下の戦闘機部隊である。百里基地に所属し、現在では数少ないF-4EJ改戦闘機を運用し、連絡機にはT-4を運用する。

同基地に所属する第302飛行隊とともに、首都圏防空の中核を担う戦闘飛行隊である。

概要[編集]

第301飛行隊40周年記念塗装のF-4EJ改 2013年10月築城基地祭にて

F-4EJ戦闘機の1番目(最初)の部隊として、1973年(昭和48年)10月16日に百里基地第7航空団隷下部隊として新編された。

1985年(昭和60年)3月2日、新田原基地第5航空団隷下部隊第204飛行隊F-104戦闘機からF-15J戦闘機へ機種改編に伴い百里基地へ移動となり、入れ替わる形で新田原基地の第5航空団へ移動。1991年(平成3年)4月には、F-4EJ改戦闘機へ機種改編された。

F-4EJ改の減少に伴い、管理の一元化を行うとともに南西方面への戦術強化を図るため、2016年(平成28年)10月に、F-15Jを装備する第305飛行隊と入れ替わる形で、再び百里基地に移駐した。

部隊マークはマフラーをする「カエル」で、百里基地付近の筑波山に生息するガマガエルに由来する。「無事に帰る」との意味もこめている。マフラーの星の数は、第7航空団を示す「7」であり、第5航空団時代は星の数は「5」になっていた。

F-4機種転換操縦課程(操縦者教育)と対領空侵犯措置任務に基づく実働任務の両方を任務とする。

沿革[編集]

歴代運用機[編集]

登場作品[編集]

『原子力空母信濃』
鳴海章作品。原子力空母「信濃」の艦載機部隊として、第301飛行隊が登場する。
エウレカセブンAO
新田原基地の所属部隊として登場。時代設定が2025年であるためか、運用機体がF-4EJ改からF-15Jに更新されている。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]