第305飛行隊 (航空自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第305飛行隊
McDonnell Douglas (Mitsubishi) F-15J Eagle, Japan - Air Force AN2178672.jpg
部隊創設20周年記念塗装を施したF-15J
創設 1978年12月1日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
所在地 宮崎県新田原基地
編成地 茨城県百里基地
通称号/略称 305SQ
愛称 梅組
標語 強 速 美 誠実
上級単位 第5航空団
最終上級単位 西部航空方面隊
担当地域 西部防衛区域
テンプレートを表示

第305飛行隊(だい305ひこうたい、JASDF 305th Tactical Fighter Squadron)は、航空自衛隊第5航空団隷下の戦闘機部隊である。戦闘機F-15J/DJ連絡機T-4を運用する。

概要[編集]

第305飛行隊部隊マークの梅花

第305飛行隊は1978年(昭和53年)12月1日に、F-4EJ戦闘機の5番目の部隊として百里基地第7航空団隷下部隊として新編された[1]

第305飛行隊の新編に伴い、それまで同基地でF-104J/DJを運用していた第206飛行隊は閉隊された。1993年(平成05年)8月2日に航空自衛隊F-15戦闘機7番目の部隊としてに運用機種をF-15J/DJへ機種更新している。

航空自衛隊F-15飛行隊中の最多戦競優勝を記録するなど、F-4EJ時代から戦競での優勝経験を多数持っており、航空自衛隊においても高い戦闘性を有する部隊となっている[2]

2016年(平成28年)8月に新田原基地に移駐し第5航空団隷下に編入、F-4EJ改を運用する第301飛行隊との配置交代が行われた(第301飛行隊は31年ぶりに古巣・百里に戻る形となった。)。

部隊マークである「梅花」は、百里基地が所在する茨城県にある偕楽園にちなんでデザインされたと言われている。前任部隊の第206飛行隊の部隊マークも同じ梅だが、デザインが若干異なる。なお、新田原基地に移駐後は所在する宮崎県新富町天然記念物座論梅(湯之宮座論梅)」にちなむとされている。

沿革[編集]

歴代運用機[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b イカロス出版 Jwing No.194 2014年10月号 36頁-41頁 「特集 空自創設60周年記念シリーズ企画第3弾!! 日本を守る主力戦闘機 やっぱり、F-15 航空自衛隊F-15部隊ガイド」松崎豊一
  2. ^ a b イカロス出版 Jwing No.214 2016年6月号 44頁 「日本の戦闘機部隊2016 保存版!空自の全15個戦闘機部隊ヒストリー」松崎豊一
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x イカロス出版 JWing No.81 2005年5月号 3頁-12頁 「精強飛行隊が守る首都圏の空 航空自衛隊百里基地第7航空団<第204・第305飛行隊>レポート」
  4. ^ 大日本絵画 月刊モデルグラフィックス2月号別冊 戦競1988 航空自衛隊昭和63年度航空総隊戦技競技会 71頁 「昭和63年度戦技競技会参加部隊史」
  5. ^ イカロス出版 Jwing No.10 1999年6月号 67頁 「百里基地第305飛行隊創設20周年」秋葉清隆
  6. ^ イカロス出版 Jwing No.129 2009年5月号 28頁-29頁 「第305飛行隊創隊30周年記念行事」大石真裕
  7. ^ 新田原基地に第305飛行隊を配備 - MRT宮崎放送(2015年8月31日)
  8. ^ 航空幕僚監部報道発表資料 29.6.20米空軍との共同訓練の実施について
  9. ^ 航空幕僚監部報道発表資料 29.8.31米軍との共同訓練の実施について
  10. ^ 航空幕僚監部報道発表資料 29.10.11米軍との共同訓練の実施について
  11. ^ 初の女性戦闘機パイロット 松島2空尉 朝雲新聞 2018年8月23日
  12. ^ 航空幕僚監部報道発表資料 30.10.10 米海軍との共同訓練実施について 2018年11月7日閲覧
  13. ^ イカロス出版 Jwing No.250 2019年6月号 10頁-19頁 「梅組イーグル、大空を舞う!」赤塚聡

外部リンク[編集]