鹿児島市電第一期線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第一期線から転送)
移動先: 案内検索
第一期線
第一期線と天文館
第一期線と天文館
概要
起終点 起点:武之橋電停
終点:鹿児島駅前電停
駅数 11
運営
開業 1914年7月3日 (1914-07-03)
最終延伸 1914年12月20日
所有者 鹿児島市交通局
使用車両 鹿児島市交通局#車両を参照
路線諸元
路線総延長 3.0 km (1.9 mi)
軌間 1,435 mm (4 ft 8 12 in)
電化 直流600 V 架空電車線方式
テンプレートを表示
電停・施設・接続路線
uKHSTa
谷山
uSTRq uSTR+r
郡元
uSTR
谷山線
uSTR
唐湊線第二期線
uBHF uSTR
0.0 武之橋
uBHF uSTR
0.5 新屋敷
uBHF uSTR
0.7 甲東中学校前
ueBHF uSTRc2 uSTR3
0.8 山之口町 -1943
uSTR uSTR+1 uSTRc4
第二期線
uSTRl
1.0 高見馬場
ueBHF
 ? 日置裏門通 -1943
uBHF
1.5 天文館通
uBHF
1.8 いづろ通
ueBHF
 ? 金生町 -1943
uSTR
上町線[* 1]
uexSTRq
2.1 朝日通
ueBHF
 ? 市庁通 -?
uexSTRq
2.4 市役所前
uSTR
上町線[* 2]
uBHF
2.6 水族館口
uBHF
2.8 桜島桟橋通
exSTR+4 uSTR STR+1
鹿児島本線
exSTR ueBHF STR
 ? 和泉屋町 -1939?
exSTR uKBHFe STR
3.0 鹿児島駅前
exSTRl exSTRq eABZg+r
鹿児島港支線
BHF
鹿児島駅
STR
日豊本線
  1. ^ 1945年戦災により休止
    1948年廃止
  2. ^ 1948 - 1985年

第一期線(だいいっきせん)は、鹿児島県鹿児島市下荒田一丁目武之橋電停から鹿児島市浜町鹿児島駅前電停までを結ぶ鹿児島市交通局鹿児島市電)の軌道路線である。

運行系統上、谷山線及び第二期線唐湊線直通運転を行う。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):3.0km
  • 軌間:1435mm
  • 電停数:11(起終点含む)
  • 複線区間:全線複線
  • 電化区間:全線電化(直流600V

運行形態[編集]

高見馬場 - 鹿児島駅前間では、1系統2系統が交互に運行されている。

  • 1系統(谷山 - 武之橋 - 鹿児島駅前) - 第一期線全区間を6分間隔で運行
  • 2系統(郡元 - 鹿児島中央駅前 - 鹿児島駅前) - 高見馬場 - 鹿児島駅前間を6分間隔で運行

歴史[編集]

  • 1914年(大正3年)7月3日 鹿児島電気軌道が武之橋 - 山之口馬場通間を開業
  • 1914年(大正3年)7月22日 鹿児島電気軌道 山之口馬場通 - 天文館通間が開業
  • 1914年(大正3年)10月3日 鹿児島電気軌道 天文館通 - 朝日通間が開業
  • 1914年(大正3年)10月16日 鹿児島電気軌道 朝日通 - 不断光院間が開業
  • 1914年(大正3年)12月20日 鹿児島電気軌道 不断光院 - 鹿児島駅前間が開業し全通
  • 1928年(昭和3年)7月1日 鹿児島市電気局(現在の交通局)に移管

電停一覧[編集]

廃止された電停[編集]

  • 和泉屋町電停(1921年以前開業、1939年以降廃止)
  • 市庁通電停(1921年から1923年名山堀として開業、廃止年月日不明。1926年から1929年まで公設市場として一時期名乗る時期もあった)
  • 金生町電停(1932年から1935年野菜町通として開業、1943年5月5日廃止)
  • 日置裏門通電停(開業年月日不明、1921年以前一時期廃止、1929年1月15日復活、1943年5月5日廃止)
  • 山之口町電停(1913年7月3日山之口馬場として開業、1943年5月5日廃止)

接続路線[編集]

関連項目[編集]