コンテンツにスキップ

福建 (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福建
「福建」の模型
「福建」の模型
基本情報
建造所 江南造船(集団)有限責任公司[1]
運用者  中国人民解放軍海軍
艦種 航空母艦
級名 003型
前級 002型「山東」
次級 004型
母港 三亜海南省[2]
艦歴
進水 2022年6月17日
就役 2024年(予定)
要目
満載排水量 80,000トン[2]
全長 315 m[3]または317 m[4]
水線長 約300 m[4]
76 m[3]または約78 m[4]
水線幅 約40 m[4]
機関 統合電気推進[5]
主缶 ボイラー×8基[5]
主機 蒸気タービン×4基[5]
推進 スクリュープロペラ×8軸[5]
出力 220,000馬力[5]
速力 30ノット以上(推定)[3]
兵装
搭載機

常用50機、最大80機程度[5]

テンプレートを表示

福建」(ふっけん、中国語: 福建 拼音: Fújiàn)は、中国人民解放軍航空母艦(空母)。型式名は003型、艦番号は18[4]。2022年6月17日に進水[6]、2024年5月1日~8日に初の試験航海を実施した[7]

中華人民共和国の国産空母としては「山東」に次いで2隻目、保有空母としては「遼寧」(旧「ヴァリャーグ」)を含め3隻目である。

設計[編集]

船体[編集]

本艦では、建造コストを抑えるためにトン数の削減が図られたと見られているが、結局、艦体は「山東」よりも若干大きく、アメリカ海軍の初代「ジョン・F・ケネディ」とほぼ同じ大きさとなった[4]。長さに対して幅が広いが、これは造波抵抗の増大による速力・航続距離の低下を忍んで、耐波性と減揺性に優れ、発着艦作業に有利であることを重視したものと言われている[4]

艦橋構造物(アイランド)はステルス性を向上させるとともに小型化した独自設計のものとなった[4]。中国海軍初の空母である「遼寧」は、もともと高緯度の低温海域での行動を前提とするソ連海軍向けに設計されていたため、艦上機全機を艦内に格納することを前提とした結果、アイランドにも多くの区画が配置されて65メートル長と大型化していた[4]。これに対し、中・低緯度での行動を想定する中国海軍では、艦上機を露天係止で運用することも可能となり、その分だけ格納庫を縮小して艦体内のスペースを他の用途に使えるようになったことから、「山東」のアイランドは「遼寧」よりも約10パーセント小型化されていた[4]。本艦ではその思想を更に推し進め、約42メートル長と、「山東」の6割にまで短縮した[4]。また第4層の航海艦橋と第5層の航空管制兼司令艦橋は、前方と左右に大きく突き出ており、視界が確保されている[4]

機関[編集]

本艦は通常動力型であり[3]、「山東」と同じく8基のボイラーと4基の蒸気タービンを使用していると言われている[5]。ただし出力は、「山東」では20万軸馬力とされていたのに対して、本艦では22万軸馬力以上と言われている[5]

また「遼寧」および「山東」が古典的なギアード・タービン方式であったのに対し、本艦では統合電気推進(IPS)方式を採用している[5][8]。これは、下記の通り航空機の発艦装置として電磁式カタパルトを採用したことに伴い、そのための電力を無駄なく確保しようという意図があったものといわれている[5]。ただし十分な電力を確保するには原子力空母であることが望ましく、電磁石、大形コンデンサーといった課題を解決できたのか疑問であるという指摘がある[3]

能力[編集]

航空運用機能[編集]

発着艦設備[編集]

本艦の大きな特徴が、航空機の発着艦方法としてCATOBAR方式を採用した点にある[4][5]

中国海軍初の空母である「遼寧」ではSTOBAR方式を採用しており、「山東」でも同方式を踏襲したものの、スキージャンプによる発艦では最大発艦重量ソーティ数に制約を受けるという問題があり、できるだけ早期にカタパルトを採用するであろうとは、早くから推測されてきた[9]。2016年にはJ-15艦上戦闘機のノーズ・ギアにカタパルトでの運用に対応するためのローンチ・バーが設けられているのが確認されており、遅くともこの時期までには、空母にカタパルトを装備する計画が具体化していたものと見られている[9]

当初は蒸気カタパルトを使用するものと見られていたが、2017年7月の段階で、自主開発した電磁式カタパルトと蒸気カタパルトとの比較試験を開始していることが報じられた[9]。電磁式カタパルトは蒸気カタパルトとほぼ同時に開発されていたが、より先進的であり、効率性・安全性においても優れていた。海軍が検討する必要があるのは、電磁式カタパルトの搭載によって引き起こされる船体・キャビン構造、および他のサブシステムの変化に適応する計画を変更する必要があるかどうかだけだといわれた[10]

本艦のカタパルトは、主甲板に2基、アングルド・デッキに1基の計3基を設置する[4][11][1][注 1]。アメリカ海軍の超大型空母ではアングルド・デッキに更に1基設置して計4基体制としているが、中国語圏の報道では、このうち1基は故障や応急に備えた予備的な位置づけであり、通常のオペレーションは3基で行われているとされている[4]。本艦も4基目を搭載する可能性も指摘されていたが、このためには艦の設計とレイアウトの大規模な変更が伴い、作業量は船体の再設計に匹敵するという[13]。またカタパルト3基でも、航空機の運用効率向上という点では十分な成果を得られたとされており、例えばJ-15艦上戦闘機16機を発進させるために中国海軍の従来空母では約20分かかるのに対し、本艦では5分以内に完了するとされている[4]

着艦装置は「山東」と同様で、後方に滑り止め塗装を塗装したアングルド・デッキに設定された着艦レーンにアレスティング・ギアを設置する[4]。同艦と同様、当初はアレスティング・ワイヤー3本の構成と言われていたものが[4]、のちには4本の構成であると修正された[2]

格納・補給[編集]

格納庫と飛行甲板を連絡するエレベーターは、右舷側の艦橋前後に各1基搭載すると予想されているが、「遼寧」「山東」では16メートル幅だったのに対して本艦では20メートル幅に拡張されているといわれる[4]

搭載機数は公表されておらず推測に頼らざるを得ないが、固定翼機ベースで常用50機、最大80機程度と見積もられている[5]艦上戦闘機としては、「遼寧」「山東」で搭載されていたJ-15をもとに、カタパルトでの運用に対応させるとともにアビオニクスの更新・強化などを図ったJ-15Bが開発されている[14]。また第5世代ジェット戦闘機として、J-31(FC-31)を元に瀋陽飛機工業集団が開発中のJ-35も搭載されるといわれている[4][15]

早期警戒機として、前2級は能力が限定されるZ-18Jヘリコプターを搭載したが、電磁式カタパルトを搭載した本艦は、Y-7をベースにしたKJ-600を搭載する予定である[4]艦載ヘリコプターとしては、現用中のZ-18英語版中国語版のほか、開発中のZ-20を搭載する可能性も指摘されている[4]。早期警戒機が空母から運用できるようになると、台湾有事などで来援するアメリカ軍に対する接近阻止・領域拒否(A2AD)能力が向上するとみられる[16]

個艦防御機能[編集]

多機能レーダーの装備要領は「山東」と同様だが、機種は南昌級駆逐艦(055型)と同じ346B型に更新された[2]

対空兵器としては、「遼寧」「山東」と同じく1130型CIWS 3基とHHQ-10近接防空ミサイルの18連装発射機4基を搭載する[2]。また本艦では、これに加えて新開発の短・中距離艦対空ミサイル用VLSを左舷スポンソンに設置するとの説もある[4]。一方、従来の空母で搭載されてきた対潜ロケット発射機は省かれている[4]

艦歴[編集]

ドック内の「福建」(左後方上空からの写真)
ドック内の「福建」(左後方上空からの写真)

2018年11月、新華社通信は中国海軍3隻目の空母が建造されていることを報じた[9]。2019年4月の時点では、上海市江南造船内に新しく準備された施設で建造されており、建造された船体のブロックなどがドック付近の道路などに置かれていたことが確認されている[9]SARSコロナウイルス2の感染拡大の影響で2019年末から2020年前半にかけて建造が停止したといわれるが、2020年5月から6月にかけて同艦は新しい乾ドックに移されて、以後、建造は加速した[9]。同年9月には、船体部分が9つのブロックにまで組み立てられて、乾ドックに並べられているのが確認されている[9]

進水は2022年4月下旬頃になるものと観測されていたが、SARSコロナウイルス2の感染再拡大によって上海市でロックダウンが行われたために遅延した[17][18]。結局、進水は6月17日午前となり、「福建」と命名された[12]。福建省は習近平軍事委員会主席が長期間勤務した地である[6]。また、福建省が台湾海峡を挟み、台湾中華民国)と接していることから西側のメディアにおいて台湾侵攻に関連して報じられた[19][20][21]。しかし、海軍の報道官は、中国の空母は海軍の命名規則に従い、省にちなんだ名前が付けられているだけと説明した。これまでの中国の空母、「遼寧」と「山東」も中国の省にちなんで命名されている[22]

2023年11月26日、中国のSNS「微博」にて、上空を飛行していた旅客機から、「福建」のカタパルトに当たる位置から何かが発射される様子がとらえられた動画が公開された[23]

比較表[編集]

中国人民解放軍海軍の航空母艦
003型(福建) 002型(山東) 001型(遼寧)
船体 満載排水量 80,000 t[2] 67,000 t[24] 59,439 t[25]
全長 316 m[2] 315.5 m[24] 304.5 m[25]
幅 / 最大幅 40 m / 76 m[2] 38 m / 75.5 m[24] 37 m / 70 m[25]
機関 方式 IFEP[4] ギアード・タービン[4]
主機 ボイラー蒸気タービン[4]
出力 220,000 hp[2] 200,000 hp[24][25]
速力 30 kt[2][24][25]
兵装 砲熕 1130型CIWS×3基
RBU-6000対潜ロケット発射機×2基
ミサイル HHQ-10 18連装発射機×4基
航空運用機能 発着方式 CATOBAR STOBAR
発艦装置 電磁式カタパルト スキージャンプ
JBD 3基
着艦帯 アングルド・デッキ配置
制動索 4索
エレベーター 2基
搭載機数 CTOL機40機など[2] CTOL機36機など[24] CTOL機24機以上+
ヘリコプター10機[25]
同型艦数 2隻予定 1隻 1隻
大型空母の比較
アメリカ合衆国 フォード級 中華人民共和国 福建 中華人民共和国 山東 ロシア アドミラル・クズネツォフ イギリス クイーン・エリザベス級
船体 満載排水量 101,600 t 80,000 t 67,000 t 59,100 t 67,699 t
全長 337 m 316 m 315 m 305 m 284 m
船体幅 / 最大幅 41 m / 78 m 40 m / 76 m 38 m / 75.5 m 38 m / 72 m 39 m / 73 m
機関 方式 ギアード・タービン IFEP ギアード・タービン IFEP
主機 原子炉蒸気タービン ボイラー+蒸気タービン ガスタービン発電機電動機
出力 不明 220,000 hp 200,000 hp 108,000 hp
速力 30 kt以上 29 kt 26 kt
兵装 砲熕 ファランクスCIWS×3基 1130型CIWS×3基 AK-630 CIWS×6基 ファランクスCIWS×3基
コールチクCIWS×8基 30mm単装機銃×4基
RBU-6000 発射機×2基 RBU-12000 発射機×2基 12.7mm重機関銃×6基
ミサイル ESSM 8連装発射機×2基 HHQ-10 18連装発射機×4基 キンジャール VLS×192セル
RAM 21連装発射機×2基 P-700 VLS×12セル
航空運用機能 発着方式 CATOBAR STOBAR STOVL
発艦装置 電磁式カタパルト×4基 電磁式カタパルト×3基 スキージャンプ
JBD 4基 3基
着艦帯 アングルド・デッキ配置 アキシャル・デッキ配置
制動索 3索 4索
エレベーター 3基 2基
搭載機数 常時70機前後 常用50機 / 最大80機 50機 50機前後 常時40機 / 最大48機
同型艦数 1隻/10隻予定
(1隻艤装中、1隻建造中)
2隻予定
(1隻艤装中、1隻計画中)
1隻 1隻 (準同型1隻) 2隻

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 進水式の際には、電磁式カタパルトが設置されているとみられる艦首2列とアングルド・デッキ1列にテントが設置されていた[12]

出典[編集]

  1. ^ a b 中国第三艘航母或将开始船坞建造 用常规动力加电弹” (中国語). 新浪军事 (2018年5月17日). 2019年12月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 海人社 2023, pp. 56–57.
  3. ^ a b c d e 田辺 2021.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 竹田 2022.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 宮永 2023.
  6. ^ a b 中国、第3の空母「福建」が進水 国営メディア」『日本経済新聞』2022年6月17日。2022年6月17日閲覧。
  7. ^ 中国空母「福建」 試験航海を終了『読売新聞』朝刊2024年5月9日(国際面)
  8. ^ 福建艦象徵國產航母實現跨越式發展」『香港文匯報』2022年6月18日。
  9. ^ a b c d e f g 小原 2021.
  10. ^ 中国002航母子系统研发完成 弹射器之争或影响进度” (中国語). 新浪军事 (2017年5月11日). 2019年12月24日閲覧。
  11. ^ China’s New Super Carrier: How It Compares To The US Navy’s Ford Class navalnews” (英語). navalnews (2022年6月17日). 2022年6月17日閲覧。
  12. ^ a b 「世界中に展開して存在示す」中国“3隻目の空母” 実戦投入か」『日テレNEWS』日本テレビ放送網2022年6月20日閲覧。
  13. ^ 中国002型航母将配置4部蒸汽弹射器?军事专家解析” (中国語). 科技日報中国語版 (2017年7月19日). 2019年12月24日閲覧。
  14. ^ 板倉 2023.
  15. ^ Thomas Newdick; Tyler Rogoway (2021年10月29日). “China’s Carrier-Capable Naval Stealth Fighter Has Flown”. The Drive. https://www.thedrive.com/the-war-zone/42920/chinas-carrier-capable-stealth-fighter-has-flown 
  16. ^ 中国空母が試験航海 3隻目「福建」東シナ海へ 台湾次期政権けん制か『読売新聞』朝刊2024年5月2日(国際面)
  17. ^ 中国の3隻目空母が進水 米国に対抗(写真=新華社・共同)」『日本経済新聞』2022年6月17日。2022年6月20日閲覧。
  18. ^ 中国で3隻目の空母「福建」の進水式が実施 最新鋭の“電磁式カタパルト”搭載 国営メディア”. TBS NEWS DIG. 2022年6月20日閲覧。
  19. ^ Martin Quin Pollard (2022年6月18日). “China launches third aircraft carrier, named after province opposite Taiwan”. Reuters. https://www.reuters.com/world/china/china-launches-third-aircraft-carrier-fujian-state-media-2022-06-17/ 2023年6月1日閲覧。 
  20. ^ Sinéad Baker (2022年6月17日). “China launches its 3rd aircraft carrier, naming it after the province directly facing Taiwan”. Business Insider. https://www.businessinsider.com/china-fujian-aircraft-carrier-named-after-province-facing-taiwan-2022-6 2023年6月1日閲覧。 
  21. ^ “China launches new aircraft carrier in bid to catch up with US capability”. Financial Times. (2022年6月17日). https://www.ft.com/content/69cf9d53-b519-454b-8e8f-d40902dad252 2023年6月1日閲覧。 
  22. ^ Newdick, Thomas (2022年6月17日). “China Launches The Fujian, Its Most Capable Aircraft Carrier Yet (Updated)”. The Drive. 2023年6月1日閲覧。
  23. ^ 異色の「電磁カタパルト空母」中国でも爆誕へ!? 「福建」就役に向けテスト開始か”. 乗りものニュース (2023年11月28日). 2023年11月29日閲覧。
  24. ^ a b c d e f 海人社 2023, pp. 58–59.
  25. ^ a b c d e f 海人社 2023, pp. 60–61.

参考文献[編集]

  • 板倉秀典「航空機(特集 米中主要艦艇・航空機を比較する)」『世界の艦船』第993号、海人社、116-121頁、2023年5月。CRID 1520858851031352832 
  • 海人社 編「写真特集・世界の空母2023」『世界の艦船』第999号、海人社、21-67頁、2023年8月。CRID 1520296962522714752 
  • 小原凡司「003型空母(特集 中国海軍 ; 注目の中国軍艦)」『世界の艦船』第945号、海人社、90-93頁、2021年4月。CRID 1520854806042324224 
  • 竹田純一「中国専門誌が伝える新型空母「福建」」『世界の艦船』第983号、海人社、141-149頁、2022年11月。CRID 1520293644707950080 
  • 田辺義明「最新・中国航空・軍事トピック 003型空母」『航空ファン』第70巻、第8号、文林堂、125頁、2021年8月。 
  • 宮永忠将「中国とインドの空母戦力(特集 世界の空母 2023)」『世界の艦船』第999号、海人社、106-111頁、2023年8月。CRID 1520296962522777216 

関連項目[編集]