ヒョウタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
瓢箪から転送)
移動先: 案内検索
ヒョウタン
W hyoutan1071.jpg
ヒョウタンの花(2001年7月)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: スミレ目 Violales
: ウリ科 Cucurbitaceae
: ユウガオ属 Lagenaria
: L. siceraria
変種 : ヒョウタン L. siceraria var. gourda
学名
Lagenaria siceraria var. gourda
和名
ヒョウタン
英名
Gourd
Lagenaria siceraria var peregrina

ヒョウタン瓢箪、学名:Lagenaria siceraria var. gourda)は、ウリ科の植物。漢語では胡盧(ころ、葫盧壺盧とも表記する)ともいい、俗にひさごふくべ(瓢、瓠、匏)ともいう[1]。なお、植物のヒョウタンの実を加工して作られる容器も「ひょうたん」と呼ばれる。

概説[編集]

最古の栽培植物のひとつで、原産地のアフリカから食用や加工材料として全世界に広まったと考えられている。乾燥した種子は耐久性が強く、海水にさらされた場合なども高い発芽率を示す。

狭義には上下が丸く真ん中がくびれた形の品種を呼ぶが、状から楕円形、棒状や下端の膨らんだ形など品種によってさまざまな実の形がある。

ヒョウタンは、苦み成分であり嘔吐・下痢等の食中毒症状を起こすククルビタシン[2]を含有し、果肉の摂取は食中毒の原因となる[3][4][5]

種類[編集]

ヒョウタンには大小さまざまな品種があり、長さが5センチくらいの極小千成から、2メートルを越える大長、また胴回りが1メートルを超えるジャンボひょうたんなどがある。

ヒョウタンと同一種のユウガオは、ククルビタシンの少ない品種を選別した変種で、食用となり干瓢の原料として利用される。 また、ヒョウタン型をした品種の中にも、ククルビタシンの少ない食用品種が存在する。

歴史[編集]

日本では、縄文時代草創期から前期にかけての遺跡である鳥浜貝塚から種子が出土している。文献史学上では『日本書紀』(720年成立)の中で瓢(ひさご)としてはじめて公式文書に登場する。その記述によると仁徳天皇11年(323年)、茨田堤を築く際、水神へ人身御供として捧げられそうになった茨田連衫子という男が、ヒョウタンを使った頓智で難を逃れたという。

利用[編集]

主に容器へ加工されて利用されるほか、強壮な草勢からスイカカボチャ台木としても利用される。

容器[編集]

ヤシ酒の容器として(コンゴ共和国、2008年)

果肉部分を除去し、乾燥させたものが容器として水筒の貯蔵に利用されていた(微細な穴があるために水蒸気が漏れ出し、気化熱が奪われるため中身が気温より低く保たれる)。

軽くて丈夫なヒョウタンは、世界各国でさまざまな用途に用いられてきた。朝鮮半島ではヒョウタンをふたつ割りにして作った柄杓(ひしゃく)や食器を「パガチ」と呼び、庶民の間で広く用いられてきた。また、アメリカインディアンタバコパイプに、南米アルゼンチンウルグアイブラジルではマテ茶の茶器、またインドネシアイリアンジャヤパプアニューギニアなどでは先住民によってペニスケースとして使われている。

楽器[編集]

ギロ

ラテン音楽では、ヒョウタンの内側をくりぬき外側に刻みを入れて棒でこすったり叩いたりして演奏するギロと言う打楽器がある。ほかに多くの弦楽器打楽器管楽器などに使われる。[8]

浮きと漁具[編集]

済州島海女浮き用にヒョウタンを抱える[9]漁具としても使われる。[10]

航海術[編集]

ポリネシア人航海をする際に用いたとされ「魔法のヒョウタン」と呼ばれた[11]

加工方法[編集]

ヒョウタンは水筒、酒器、調味料入れなどの容器に加工されることが多い。

加工には、まず、完熟したヒョウタンの実を収穫し、ヘタの部分に穴を開ける。そこから棒を突きいれ、果肉をある程度突き崩す。その状態で重石を載せ、水中に漬け込む。

1週間-1ヶ月ほど経ってから、表皮を剥がし、腐ってペースト状になった果肉をすべて掻き出して綺麗に洗う。その後で水を取り替え、一週間ほど漬けて腐敗臭を抜いてから陰干しする。乾燥したヒョウタンは、表面に柿渋ベンガラニスなどを塗って仕上げる。水筒や食器など、飲食関係の容器に用いる場合は、酒や番茶を内部に満たして臭みを抜く。

なお果肉の腐敗臭はかなり強烈なので、屋内や住宅密集地での作業は控え、手にはゴム手袋をするのが望ましい。手に臭いが移った場合、石鹸で洗っても臭いは容易に落ちないため、手に灯油有機溶剤を塗ってから石鹸で洗うと臭いがよく落ちる(但し皮膚に灯油や有機溶剤が付着することは有害なので、あくまでも緊急時の対処とするのが望ましい)。臭気を抜く方法に、塩素系(キッチンハイター)などの溶液に漬け込むことも有効である。

毒性[編集]

観賞用のヒョウタンの中にはククルビタシンという苦味成分のある植物毒を含有している物があり、嘔吐と下痢を伴う重篤な胃及び腸不全を引き起こし、稀に死亡する事もある為、注意が必要である。

中毒事例[編集]

大阪府茨木市立小学校において、事前にヒョウタンの植物毒を認知していた校長から制止されたにも関わらず、これを無視した教諭が児童28人にヒョウタンを食べさせ、17人が中毒症状を起こし懲戒免職になった事がある[12]

「グリーンプラザ山長」(奈良県生駒市)が、生産した苗に誤って「育てて楽しい、食べておいしいシリーズ」のラベルをつけて出荷し、ホームセンター大手「ロイヤルホームセンター」(本社・大阪市西区)で販売された。このうち、押熊店(奈良市押熊町)の購入者から苗を受け取った知人の40歳代女性が実を食べ、腹痛や吐き気などの症状を訴えて2日間入院したが命に別状は無かった[13]

意匠[編集]

瓢箪は、「三つで三拍(三瓢)子揃って縁起が良い、六つで無病(六瓢)息災」などといわれ、縁起物として掛け軸や器、染め物などの意匠にも見られる。そのため、豊臣秀吉の「千成瓢箪」に代表されるように、多くの武将が旗印馬印などの意匠として用いた。大阪府の府章は、この豊臣氏の千成瓢箪をイメージしたものである[14]

生物名[編集]

真ん中でくびれている、ひょうたんの独特の形(ヒョウタン型)から、それにちなんだ名を持つ生物もある。

植物[編集]

真ん中がくびれた実をつける。

[編集]

ギャラリー[編集]

豊臣家馬印千成瓢箪

脚注[編集]

  1. ^ Weblio シソーラス”. 2016年5月4日閲覧。
  2. ^ 化学物質及び自然毒による食中毒等事件例(第17報) -平成11年-(pdf)東京都立衛生研究所 研究年報 2000 年
  3. ^ “授業でひょうたん食べ児童17人がおう吐・腹痛”. NHK. (2013年7月4日). オリジナル2013年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130705025830/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130704/k10015804921000.html 2013年7月4日閲覧。 
  4. ^ ヒョウタンで体調不良 食べさせた小学校教諭、懲戒免職の処分 大阪府教委 朝日新聞 2013年11月15日
  5. ^ ひょうたん苗、食用と誤表記し販売 腹痛で入院した人も 朝日新聞 2014年7月13日
  6. ^ 湯浅[2015:89-90]
  7. ^ 湯浅[2015:93]
  8. ^ 湯浅[2015:117-148]
  9. ^ 湯浅[2015:106-107]
  10. ^ 湯浅[2015:104]
  11. ^ 茂在寅男 『古代日本の航海術』 小学館〈小学館創造選書 (25)〉、1979年
  12. ^ 2013年11月15日08時01分 読売新聞
  13. ^ 2014年7月13日15時32分 朝日新聞
  14. ^ a b 大阪府の府章 大阪府ホームページ
  15. ^ 動物名辞典”. 日外アソシエーツ (2016年5月4日). 2016年5月4日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]