上大井駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上大井駅
Kami-Oi-Sta.jpg
駅舎(2007年4月)
かみおおい
Kami-Ōi
CB01 下曽我 (2.7km)
(1.8km) 相模金子 CB03
所在地 神奈川県足柄上郡大井町上大井617
駅番号 CB  02 
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 CB 御殿場線
キロ程 6.5km(国府津起点)
電報略号 オイ←ヲイ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
471人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1948年昭和23年)6月1日[1]
備考 駅員無配置駅
テンプレートを表示

上大井駅(かみおおいえき)は、神奈川県足柄上郡大井町上大井にある、東海旅客鉄道(JR東海)御殿場線である。駅番号CB02

概要[編集]

大井町の南部・上大井地区に位置する駅。戦後の1948年6月に開設し、その後日本国有鉄道(国鉄)によって運営されていたが、1987年4月1日国鉄分割民営化によりJR東海に引き継がれた。移管後もしばらく有人駅であったが、1997年3月に無人駅化された。現在は管理駅松田駅が当駅を管理している[2]

昭和40年代に強い西日を避けるため、駅員が駅改札口に植えたひょうたん1981年に「交通公社の時刻表」(現・JTB時刻表)8月号の表紙を飾り、以来「ひょうたん駅」として知られるようになった。町おこしでひょうたんを大々的に用いているため、駅前には「ひょうたん会館」もある。また、毎年8月には駅から程近い大井町立湘光中学校のグラウンドにて「ひょうたん祭り」が開催される。ひょうたんは無人駅化された後も町民有志によって吊るされている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。北側のホームが1番線、南側のホームが2番線である。基本的に上下列車とも1番線を発着するが、一部の下り列車は上り列車待避のため2番線を発着する。かつては、1番線が上り列車専用、2番線が下り列車専用となっていた[5]

1番線に隣接して、開業時から使用される木造駅舎が置かれている。

開業当初は駅舎に接する単式ホーム1面1線(現・1番線)のみを有していたが、電化直前の1968年にホームを増設したので、列車の行き違いが可能な構造となった。ホーム増設当初はホーム中程に構内踏切が設けられ、駅員がこれを操作したが、1997年の無人化とともに遮断機付きの構内踏切がホーム西端(松田寄り)に新設された。また、1972年1月までは構内で鉄道弘済会直営の売店も営業していた。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 CB 御殿場線 上り 国府津方面[注釈 1]  
下り 御殿場沼津方面[注釈 1] 通常はこのホーム
2 下り 御殿場・沼津方面 交換列車のみ
改札口付近(2007年3月9日) ホーム(2010年4月8日) 構内全景。左が1番線、右が2番線(2007年3月9日)。
改札口付近(2007年3月9日)
ホーム(2010年4月8日)
構内全景。左が1番線、右が2番線(2007年3月9日)。

利用状況[編集]

近年の一日平均乗車人員推移は下表の通り。

年度 一日平均
乗車人員
1998年 556 [利用客数 1]
1999年 546 [利用客数 2]
2000年 519 [利用客数 2]
2003年 465 [利用客数 3]
2004年 474 [利用客数 3]
2005年 462 [利用客数 3]
2006年 479 [利用客数 3]
2007年 465 [利用客数 3]
2008年 471 [利用客数 4]
2009年 475 [利用客数 4]
2010年 500 [利用客数 4]
2011年 447 [利用客数 4]
2012年 467 [利用客数 4]
2013年 490 [利用客数 4]
2014年 471 [利用客数 5]
2015年 477 [利用客数 6]
2016年 471 [利用客数 7]

駅周辺[編集]

出口から見た駅前(2008年4月29日)

バス路線[編集]

いずれも富士急湘南バスが乗り入れている。 2013年4月1日現在以下の通りである。

  • 上大井駅
    • 松77 新松田駅行(篠窪・東庭・湘光中グランド経由)/いこいの村あしがら行 ※平日のみ
    • 湘01 湘光中学校グランド前行 ※平日朝1本のみ
    • 上21 新松田駅行(神山経由)平日・土休日ともに1本のみ
  • 上大井駅入口

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道(JR東海)
CB 御殿場線
下曽我駅 (CB01) - 上大井駅 (CB02) - 相模金子駅 (CB03)

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 駅掲示用時刻表の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(2015年1月現在)。

出典[編集]

  1. ^ a b 「運輸省告示第161号」『官報』1948年5月29日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 東海旅客鉄道編集 『東海旅客鉄道20年史』 東海旅客鉄道、2007年
  3. ^ a b 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編2』 JTB、1998年
  4. ^ 「TOICA」のサービス拡充について ~2019年3月2日(土)からご利用エリアを拡大します!~”. 東海旅客鉄道. 2018年12月12日閲覧。
  5. ^ 宮脇俊三・原田勝正編集 『国鉄全線各駅停車 第5巻』 小学館、1983年

利用状況[編集]

  1. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度版)222ページ
  2. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成13年度版)224ページ
  3. ^ a b c d e 大井町「平成20年度 統計要覧」 (PDF)
  4. ^ a b c d e f 大井町「平成24年度 統計要覧」 (PDF)
  5. ^ 大井町「平成27年度 統計要覧」 (PDF)
  6. ^ 大井町「平成28年度 統計要覧」 (PDF)
  7. ^ 大井町「平成29年度 統計要覧」 (PDF)

参考文献[編集]

  • 上大井駅開設五十周年記念事業実行委員会『上大井駅開設50周年記念誌』、大井町・上大井自治会、1998年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]