瑞江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 東京都 > 江戸川区 > 瑞江
瑞江
—  町丁  —
瑞江駅 南口(2008年2月)
瑞江の位置(東京23区内)
瑞江
瑞江
瑞江の位置
座標: 北緯35度41分36.22秒 東経139度53分50.88秒 / 北緯35.6933944度 東経139.8974667度 / 35.6933944; 139.8974667
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Edogawa, Tokyo.svg 江戸川区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 10,784人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 132-0011[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

瑞江(みずえ)は、東京都江戸川区町名住居表示実施済み。現行行政地名は瑞江一丁目から四丁目。郵便番号132-0011[2]

地理[編集]

江戸川区南東部に位置する。北で谷河内一丁目、東で谷河内二丁目および南篠崎町町三・四丁目、南は東瑞江一丁目および西瑞江二丁目、西は春江町二・三丁目と接する。町域の北辺を国道14号で画し、町域内を首都高速道路の高架橋が走る。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、瑞江1-53-3の地点で32万1000円/m2となっている。 [4]

歴史[編集]

「瑞江」の地名は、戦前の1913年(大正2年)から1932年昭和7年)まで存在した東京府瑞江村に由来する。この村名は、瑞穂村一之江村が合併した際に生まれた合成地名である。

東瑞江および西瑞江は東京市時代の1938年(昭和13年)に既に成立していた町名であるが、瑞江は歴史の新しい町名である。一丁目(1 - 27番街区)の成立は1988年(昭和63年)、二丁目(1 - 32番街区)の成立は1994年平成6年)であり、2004年(平成16年)に一・二丁目の残りの区域と三丁目が成立し、現在の町域となった。住居表示実施前の町名は西瑞江一・二丁目および下鎌田町である。区画整理の進行により、2014年(平成26年)11月4日に西瑞江二丁目北部から瑞江四丁目が成立した。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
瑞江一丁目 1,788世帯 3,602人
瑞江二丁目 1,787世帯 3,468人
瑞江三丁目 833世帯 1,780人
瑞江四丁目 917世帯 1,934人
5,325世帯 10,784人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]。なお、江戸川区では学校選択制度を導入しており、区内全域から選択することが可能。[6][7]

丁目 番地 小学校 中学校
瑞江一丁目 全域 江戸川区立春江小学校 江戸川区立春江中学校
瑞江二丁目 1〜23番
28〜47番
江戸川区立下鎌田西小学校 江戸川区立瑞江第二中学校
27番1〜6号
27番10号
(いずれも旧下鎌田町)
24〜26番 江戸川区立南篠崎小学校 江戸川区立瑞江第三中学校
27番7〜9号
(旧南篠崎町3)
瑞江三丁目 11〜15番
36〜41番
江戸川区立春江小学校 江戸川区立春江中学校
1〜10番
6〜35番
江戸川区立下鎌田西小学校 江戸川区立瑞江第二中学校
瑞江四丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

鉄道

バス[編集]

道路[編集]

施設[編集]

教育
  • 江戸川区立瑞江第二中学校
  • 江戸川区立春江小学校
  • 江戸川区立下鎌田西小学校
公園・レクリエーション・スポーツ
  • 春江の森公園

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 町丁目別世帯と人口・年齢別人口報告”. 江戸川区 (2017年12月8日). 2017年12月13日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月13日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月13日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 町丁目別通学指定校一覧”. 江戸川区. 2017年12月13日閲覧。
  6. ^ 江戸川区立小学校「学校選択制」のご案内”. 江戸川区 (2017年5月12日). 2017年12月13日閲覧。
  7. ^ 江戸川区立中学校「学校選択制」及び学校公開のご案内”. 江戸川区 (2017年7月12日). 2017年12月13日閲覧。