新堀 (江戸川区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 関東地方 > 東京都 > 江戸川区 > 新堀 (江戸川区)
新堀
—  町丁  —
新堀の位置(東京23区内)
新堀
新堀
新堀の位置
座標: 北緯35度42分14.05秒 東経139度53分28.71秒 / 北緯35.7039028度 東経139.8913083度 / 35.7039028; 139.8913083
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Edogawa, Tokyo.svg 江戸川区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 4,591人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 132-0001[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

新堀(にいほり)は、東京都江戸川区東部の地名・町名。現行行政地名は新堀一丁目および新堀二丁目。全域で住居表示が実施されている。郵便番号は132-0001[2]

地域[編集]

隣接する地域は、北は鹿骨一丁目・二丁目、東は谷河内一丁目、南は春江町一丁目・二丁目、西は新中川を挟んで対岸に大杉 (江戸川区)三丁目。

東京都江戸川区東部に位置する。地区の西辺を新中川と接し、南辺を京葉道路で画す。

地名の由来[編集]

旧来の「新堀村」に由来。

成立[編集]

いったん消滅した旧町名が復活したものである。1932年昭和7年)の江戸川区成立時に「新堀町」として成立したが、1938年(昭和13年)の町名地番整理により大部分が一之江一丁目、春江町一丁目となり、新堀町はごく狭小な地区を残すのみとなった。残された狭小な地区も1970年(昭和45年)に鹿骨二丁目に編入され、廃止された。

1979年(昭和54年)、区画整理事業実施に伴う換地処分により、一之江一丁目、春江町一丁目の各一部をもって新堀一丁目・新堀二丁目が新設された(この時点では住居表示未実施)。その後1991年平成3年)に住居表示が実施されている。なお、現在の町名は「にいほり」を正式の読みとするが、『角川日本地名大辞典 東京都』によると、旧町名の新堀町は「しんぼり」と読んでいた。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
新堀一丁目 1,016世帯 2,630人
新堀二丁目 899世帯 1,961人
1,915世帯 4,591人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4]。なお、江戸川区では学校選択制度を導入しており、区内全域から選択することが可能。[5][6]

丁目 番地 小学校 中学校
新堀一丁目 全域 江戸川区立新堀小学校 江戸川区立春江中学校
新堀二丁目 全域

交通[編集]

公共交通[編集]

鉄道

町域内に鉄道駅は存在しない。さらに新堀二丁目の一部を除いては、至近の駅から1km以上離れた鉄道空白地帯に当たる。以下に最寄駅を挙げる。

路線バス

都営バス京成バスが走っており、篠崎駅、船堀駅一之江駅瑞江駅小岩駅葛西駅と連絡している。

道路・橋梁[編集]

道路
橋梁
  • 一之江橋(新中川。新堀一丁目 - 大杉三丁目)

施設[編集]

学校
  • 江戸川区立新堀小学校
博物館美術館
  • 春花園 BONSAI美術館

史跡[編集]

  • 日枝神社
  • 勝曼寺

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁目別世帯と人口・年齢別人口報告”. 江戸川区 (2017年12月8日). 2017年12月13日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月13日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月13日閲覧。
  4. ^ 町丁目別通学指定校一覧”. 江戸川区. 2017年12月13日閲覧。
  5. ^ 江戸川区立小学校「学校選択制」のご案内”. 江戸川区 (2017年5月12日). 2017年12月13日閲覧。
  6. ^ 江戸川区立中学校「学校選択制」及び学校公開のご案内”. 江戸川区 (2017年7月12日). 2017年12月13日閲覧。