東瑞江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 関東地方 > 東京都 > 江戸川区 > 東瑞江
東瑞江
—  町丁  —
東瑞江の位置(東京23区内)
東瑞江
東瑞江
東瑞江の位置
座標: 北緯35度41分25.37秒 東経139度53分45.52秒 / 北緯35.6903806度 東経139.8959778度 / 35.6903806; 139.8959778
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Edogawa, Tokyo.svg 江戸川区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 7,871人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 132-0014[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

東瑞江(ひがしみずえ)は、東京都江戸川区南東部の町名。現行行政地名は東瑞江一丁目から東瑞江三丁目。二丁目は住居表示未実施区域。郵便番号132-0014[2]

地理[編集]

江戸川区南東部に位置する、北で瑞江二丁目、東で南篠崎町二丁目、南で江戸川一・二・三丁目、西で西瑞江二・三丁目と接する。主に住宅地として利用される。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、東瑞江2丁目45番2の地点で26万9000円/m2となっている。[4]

歴史[編集]

  • 1938年昭和13年)の町名地番整理で東瑞江二丁目が成立。この時点で一丁目は未成立で、長らく二丁目のみの町名であった。「瑞江」は旧村名の瑞穂と一之江から1字ずつ取った合成地名である。
  • 2001年平成13年)の住居表示により、東瑞江二丁目の一部と下鎌田町、西瑞江二丁目の各一部をもって東瑞江一丁目が成立した。東瑞江二丁目は住居表示未実施である。
  • 2014年(平成26年)11月4日に西瑞江二丁目南部から東瑞江三丁目が成立。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
東瑞江一丁目 1,165世帯 2,249人
東瑞江二丁目 1,380世帯 3,068人
東瑞江三丁目 1,223世帯 2,554人
3,768世帯 7,871人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]。なお、江戸川区では学校選択制度を導入しており、区内全域から選択することが可能。[6][7]

丁目 番地 小学校 中学校
東瑞江一丁目 1〜18番
43〜56番
江戸川区立下鎌田東小学校 江戸川区立瑞江第三中学校
19〜42番 江戸川区立下鎌田小学校
東瑞江二丁目 11〜24番地
28〜38番地
45〜62番地
江戸川区立瑞江第二中学校
25〜27番地
39〜44番地
63番地以降
江戸川区立下鎌田東小学校 江戸川区立瑞江第三中学校
東瑞江三丁目 全域 江戸川区立下鎌田小学校 江戸川区立瑞江第二中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

町域内に鉄道駅は存在しないが隣接する瑞江に新宿線瑞江駅が置かれ、利用されている。

バス[編集]

道路[編集]

道路
  • 鎌田西通り
  • 瑞江駅通り

施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 町丁目別世帯と人口・年齢別人口報告”. 江戸川区 (2017年12月8日). 2017年12月13日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月13日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月13日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 町丁目別通学指定校一覧”. 江戸川区. 2017年12月13日閲覧。
  6. ^ 江戸川区立小学校「学校選択制」のご案内”. 江戸川区 (2017年5月12日). 2017年12月13日閲覧。
  7. ^ 江戸川区立中学校「学校選択制」及び学校公開のご案内”. 江戸川区 (2017年7月12日). 2017年12月13日閲覧。