渡辺聖未

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
フィリピンの旗 フィリピン
柔道
グランドスラム
2017 パリ 63kg級
2018 デュッセルドルフ 63kg級
アジア大会
2018 ジャカルタ 63kg級
アジアジュニア
2014 香港 63kg級
アジアカデ
2012 海南島 63kg級

渡辺 聖未(わたなべ きよみ、 1996年8月25日- )は、フィリピンセブ島出身の柔道選手。階級は63kg級[1]。父親は日本人、母親はフィリピン人。現在はアドヴィックスに勤めている。[2]

人物[編集]

フィリピンのセブ島で生まれ育つが、10歳の時に父親の出身地である山梨県富士吉田市へ移った[2][3]。中学の時には相武館吉田道場の所属となった。相原中学1年の時には1年先輩の芳田司内尾真子などと活躍して近代柔道杯で優勝を飾った[4]

富士学苑高校へ進学すると、1年の時に全国高校選手権63kg級に出場するが、準々決勝で松商学園高校2年の津金恵に技ありで敗れて5位だった。グランドスラム・東京にもフィリピン代表で出場するが、初戦でカナダのケリタ・ズパンシックに敗れた[1]。2年の時にはインターハイで5位になった。グランドスラム・東京では2回戦で三井住友海上阿部香菜に敗れた。アジアカデでは3位に入った。東南アジア競技大会では優勝を果たした[5]。3年のインターハイでは70kg級に出場して決勝まで進むが、東大阪大敬愛高校3年の池絵梨菜に有効で敗れた[6]アジア大会の63kg級では準々決勝で阿部香菜に敗れるなどして7位だった。グランドスラム・東京では初戦でアメリカのレイラニ・アキヤマに敗れた[1]アジアジュニアでは優勝を飾った[5]。なお、高校の2年後輩には世界ジュニア57kg級チャンピオンの舟久保遥香がいた[7]。また、高校の監督である矢嵜雄大はフィリピン女子ナショナルチームの監督も兼任している[8]

2015年には早稲田大学へ進学すると、1年の時には東南アジア競技大会で2連覇を達成した。世界選手権では初戦でオーストリアのヒルデ・ドレクスラーに一本負けした[1][2]学生体重別では決勝で筑波大学2年の津金恵を大外刈の有効で破って、1年生ながら優勝を飾った。この際に、フィリピン代表としてリオデジャネイロオリンピック代表を目指すと語った[2][9]世界ジュニアでは2回戦でイギリスの選手に敗れた。講道館杯では初戦でJR東日本大住有加腕挫十字固で敗れた[10]

2年の時には優勝大会の3人制でチームの優勝に貢献したが、リオデジャネイロオリンピックには結局出場できなかった[1]。学生体重別では決勝で津金に内股の技ありで敗れて2連覇はならなかった[11]。2017年2月のグランドスラム・パリでは準決勝で地元フランスのクラリス・アグベニューに技ありで敗れるも3位となり、フィリピンの選手として初となるIJFワールド柔道ツアーでのメダルを獲得した[12]。続くヨーロッパオープン・オーバーヴァルトでは決勝で地元オーストリアのカトリン・ウンターヴルツァッハーに敗れて2位だった。なお、国際大会で結果を残してきたことにより、フィリピンオリンピック委員会から遠征費などの補助金が出るようになった[13]

3年の時には優勝大会でチームの2連覇に貢献した[14]アジアオープン・台北では優勝した[15]。東南アジア競技大会では3連覇を達成した[1]世界選手権では3回戦でブラジルのケトレイン・クアドロスに逆転負けを喫した[16]。世界ランキング上位選手が集まるワールドマスターズでは初戦で鍋倉那美横四方固で敗れた[1]グランドスラム・デュッセルドルフでは準々決勝でモンゴルの選手に敗れるも、その後の3位決定戦でクアドロスを破って3位となった[17]

4年の時には優勝大会でチームの3連覇に貢献した[18]アジア大会では決勝で鍋倉に合技で敗れるも、2位になった[19]世界選手権では2回戦でスペインの選手に敗れた[20]。その直後の学生体重別では3回戦で敗れた[21]グランドスラム・大阪では2回戦で能智亜衣美に逆転負けを喫した[22]

2019年からはアドヴィックスの所属となった。東京で開催された世界選手権では3回戦で敗れた[23]

IJF世界ランキングは1751ポイント獲得で19位(18/12/10現在)[24]

主な戦績[編集]

(出典JudoInside.com)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g profile
  2. ^ a b c d 渡辺「最後は気持ちだけで投げた」 比代表でリオ五輪目指す/柔道 サンケイスポーツ 2015年10月3日
  3. ^ 全日本学生選手権V セブ島育ちの渡辺 フィリピン代表で五輪目指す 東京新聞 2015年10月8日
  4. ^ 「近代柔道杯全国中学生柔道大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2010年5月号 101頁
  5. ^ a b Watanabe rules Hong Kong junior judo tournament
  6. ^ [高校総体]柔道女子、渡辺準優勝 読売新聞 2014年8月6日
  7. ^ 柔道個人3冠の 舟久保遥香、シニア国際大会へ「攻めの柔道で勝ちたい」 スポーツ報知 2017年2月3日
  8. ^ 平成27年度 山梨県スポーツ指導者協議会 南都留支部スポーツ指導者講習会
  9. ^ 渡辺、フィリピン代表でリオ目指す=全日本学生体重別柔道 時事通信 2015年10月3日
  10. ^ 平成27年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会 全日本柔道連盟 2015年11月8日
  11. ^ 平成28年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会
  12. ^ Paris Grand Slam 2017 - DAY ONE
  13. ^ Unterwurzacher pleases Austrian fans with gold medal U63kg
  14. ^ 平成29年度全日本学生柔道優勝大会
  15. ^ Taipei Asia Open 2017
  16. ^ フィリピン代表の渡辺は3回戦敗退「練習を積まないと」/柔道 サンケイスポーツ 2017年8月30日
  17. ^ Grand Slam Duesseldorf 2018
  18. ^ 早大の渡辺、世界に照準=全日本学生柔道 時事通信 2018年6月23日
  19. ^ 18th Asian Games 2018
  20. ^ 比代表の渡辺、格下に一本負けで2回戦敗退「気の緩みが出た」/柔道 サンケイスポーツ 2018年9月23日
  21. ^ 平成30年度全日本学生柔道体重別選手権大会
  22. ^ Grand-Slam Osaka 2018
  23. ^ 山梨育ちのフィリピン代表・渡辺聖未は3回戦敗退 スポーツ報知 2019年8月28日
  24. ^ World ranking list

関連項目[編集]

  • 中野亨道 - 渡辺同様、日本人の父とフィリピン人の母を持つ柔道選手。

外部リンク[編集]