河野徳良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピック
男子 野球
アテネオリンピック (2004年) 野球

河野 徳良(こうの とくよし、1964年)は、日本体育大学に所属する大学教員(准教授)であり、野球日本代表のチーフトレーナーである。兵庫県東灘高校、日本体育大学、日本鍼灸理療専門学校、インディアナ州立大学大学院 卒業。

概要[編集]

  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 経歴:日体大 - 日本鍼灸理療専門学校 - インディアナ州立大学大学院 - 昭和大学医学部整形外科教室研究生
  • 肩書:日本体育大学体育学部体育学科准教授、全日本野球会議日本代表編成委員会医科学サポート部会委員、全日本アマチュア野球連盟選手強化本部医科学部会委員、日本野球連盟競技力向上医科学部会委員、 日本バドミントン協会選手強化本部トレーナー部会部会長 東京都アスレティックトレーナー連絡協議会副会長
  • 研究室:アスレティックトレーニング研究室
  • 所属学会:日本体力医学会 日本体育学会 NATA学会 日本アスレティックトレーニング学会
  • 学部:体育学部
  • 学科:体育学科
  • 科目:AT論(基礎Ⅰ)A・B  AT論(基礎Ⅱ)A  AT論(応用Ⅰ)A・B  ストレッチング実習 コンディショニング論 
  • 教科書:アスレチックトレーナー専門科目テキスト アスレティック・トレーナー養成講習会教本 救急法講習教本
  • 顧問:硬式野球部部長 トレーナー研究会(Athletic Training Circle)顧問
  • 英語表記:KONO

来歴・人物[編集]

日本体育大学准教授としてアスレティックトレーナー養成教育に携わる一方、野球日本代表チームチーフトレーナーとしてシドニーオリンピック、釜山アジア大会、アテネオリンピック、北京オリンピック、第1回、第2回、第3回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)にチーフトレーナーとして帯同した。バドミントン協会のトレーナー部会長や東京都アスレティックトレーナー連絡協議会副会長を兼任し、「コンディショニング」、「スポーツ傷害の予防」などアスレティックトレーナーに関する講演・講義を学会をはじめさまざまなところで行っている。2006年、2009年にはWBC野球日本代表チームメンバーとして紫綬褒章をうける。またトレーナーに関する複数の免許・資格を取得している。日本プロ野球トレーナー協会、日本臨床スポーツ医学会、体力医学会など数々の研究会、学会に所属、全日本野球会議の日本代表編成委員会 医科学サポート部会の委員を務める。月刊トレーニングジャーナル(2007/01/15発売号)の記事「世界と闘うコーチング」や、臨床スポーツ医学 (2007/6/1発行)「アスレティックトレーナーの立場から」といった著作がある。

免許・資格[編集]

  • 保健体育教諭免許(中学・高校)
  • 養護教諭免許
  • 鍼師
  • 灸師
  • あん摩マッサージ指圧師
  • 全米アスレティックトレーナーズ協会公認アスレティックトレーナー
  • 日本体育協会公認アスレティックトレーナー
  • IBAF(国際野球連盟)認定テクニカルコミッショナー
  • 日本アンチ・ドーピング機構認定シニア・ドーピング・コントロール・オフィサー

著書[編集]

上肢のスポーツ障害リハビリテーション実践マニュアル 全日本病院出版会 2003年

外部リンク[編集]