水道道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

水道道路(すいどうどうろ、または「水道道」(すいどうみち・すいどうどう))は、主に上水道に供される原水または浄水の輸送管を埋設した土地の上に設けられた道路である。

経緯[編集]

明治以降の生活様式の近代化、および都市への人口集中に伴い、上水道への需要が高まる反面、水源となる森林の減少に伴う地下水の不足や、下水河川への排出等による水源の汚染などが顕在化し、良質な水源の確保が喫緊の課題となった。そこで、1887年(明治20年)の横浜市水道を皮切りに各地で近代水道が整備されるようになる。

今でこそシールド工法など建築技術の発展に伴い地下深くへのトンネル施工も可能になったが、水道黎明期は開削工法によって地中浅くへ水路を設置または水道管を埋設した。施工は、水源地や、浄水場や配水拠点など水道設備の間を結ぶ水道管を敷設または埋設する用地が予め確保されてから実施され、施工後は水道保全のため立ち入りを規制していた。

その後、都市部への人口増加に伴い小河川や水路などが道路用地として利用されたのと同様、水道用地の上も強度を確保した上で道路として利用されるようになり、水道管の上に道路が敷設される例が各地で見られるようになった。

特徴[編集]

ひたすら真っ直ぐ延びる東京都道428号荒玉水道道路(2006年5月26日撮影)
東京都道428号荒玉水道道路には水道管保護のため大型車の通行を規制する旨の標示を水道局が行っている(2006年5月26日撮影)

水道設備の間を極力最短距離で結ぶよう設計されているため、周囲の道路や地形にかかわらず一直線に延びていることが多く、込み入った都市部の道路にあっては特徴的である。

しかし、比較的道幅が狭い場合も多く、自転車以外の車両通行止めまたは一方通行となっている場合がある。

また、歴史的経緯により地下の比較的浅いところに水道管が敷設されている場合が多いため、自動車が通行できたとしても水道管保護のために重量の大きな車両の通行を禁止している場合もあり、その場合は万一にも進入されての水道管破断等の事故が起こらないよう、標識のほか標示ガードレールなどが多重に設置されている様子も見られる。

いっぽう、歩行者自転車にとってはむしろ利用しやすい道幅であり、また自動車排気ガスや幅寄せなどの脅威を回避できる特徴を受け、河川敷などを利用したサイクリングコースと同様に都市部の自転車愛好家などに好まれている。

主な水道道路[編集]

埼玉県[編集]

埼玉県新座市南西部から北東部までを貫く市道。朝霞市にある朝霞浄水場と東京都東村山市にある東村山浄水場間を結ぶ水道管が同道路下に埋設されていることから、「水道道路」と呼ばれるようになった。同市新堀・西堀地区で野火止用水と併走。

東京都[編集]

境浄水場から和田堀給水所への上水道本管の敷地を利用して作られている。
から妙法寺に至る間は荒玉水道の専用道路として作られたもの[2](画像参照)。
玉川上水新水路[3]の跡につくられている。
自転車歩行者専用道路のうち「狭山・境緑道」は、村山貯水池から境浄水場へ導水する水道施設である[4]
  • 横浜水道道路(町田市)

神奈川県[編集]

相模原市南区双葉付近の横浜水道道路(2011年5月3日撮影)
近代水道発祥の地である横浜市では、1887年(明治20年)津久井郡三井村(現在の相模原市)の相模川より水を引くべく横浜市西区の野毛山から水道敷設物資を運ぶために敷設した軌道跡地、並びに完成した導水路沿いに「水道道路(または水道道)」にまつわる地形および地名が多く残っている。
横浜市道鶴見三ツ沢線の別名。鶴見配水池の横を通る。
横須賀市の管理する半原系統水道は、1912年(明治45年)〜1921年大正10年)に海軍により敷設され、中津川の半原水源地から横須賀の逸見浄水場までの総延長53kmにわたる[5]。この水道道が急に曲がるのは10か所のみであるといわれる[6]相模川を渡る水道橋など、しばしば通行不能箇所や悪路が存在する。

愛知県[編集]

京都府[編集]

大阪府[編集]

兵庫県[編集]

水道筋(神戸市灘区)
神戸水道の埋設道路。このうち、上ヶ原送水路(上ヶ原浄水場〜奥平野浄水場)は明治から大正にかけ、沿線を買収のうえ専用道路とされ布設された[7]。灘区においては「水道筋」と呼ばれ地名にもなっている。

奈良県[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 通称名。
    埼玉県議会H16.2定例会 『…「宮戸交番」は、朝霞市道の通称水道道路との結節点であり…』
  2. ^ 西大條 覚 「東京府荒玉水道町村組合水道設備の大要」『土木建築工事画報 第4巻第2号』土木学会、1928
  3. ^ 小野 基樹 「東京市水道の導水路改築工事」『土木建築工事画報 第8巻第4号』土木学会、1932
  4. ^ 東村山市 「東村山30景」多摩湖自転車道
  5. ^ 横須賀市上下水道局 沿革/水道のあゆみ 半原系統など。
  6. ^ 神奈川県 横須賀三浦地域県政総合センター 三浦半島の近代の歴史遺産 壮大な土木遺産
  7. ^ 『神戸市水道百年史』神戸市水道局、2001年3月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]