荒玉水道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中野区沼袋の荒玉水道マンホール

荒玉水道(あらたますいどう)とは、大正時代から昭和中期にかけ、多摩川の水を(現・東京都世田谷区)から野方(同中野区)と大谷口(同板橋区)に送水するために使用された地下水道管のことである。

当時、東京の発展に伴う人口の増加による、上水の需要増により敷設された。

現在も、砧から杉並区梅里までの荒玉水道に沿って、「荒玉水道道路」(東京都道428号高円寺砧浄水場線)がある。

名称の意味[編集]

「荒玉」の「荒」とは荒川、「玉」とは玉川すなわち多摩川を指している。

配水塔[編集]

配水塔が上述の野方と大谷口にあった。

大谷口配水塔は取り壊されたが、野方配水塔は残っている。

野方配水塔
1926年(昭和2年)着工
1929年(昭和5年)竣工
鉄筋コンクリート製
高さ 33.6m
外径 18m
大谷口配水塔
1925年(大正14年)着工
1931年(昭和6年)竣工
鉄筋コンクリート製
高さ 33m
外径 15m

関連項目[編集]