民弥流居合術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
民彌流居合術
たみやりゅういあいじゅつ
第十三代宗家 黒田泰治の演武
使用武器 日本刀 
発生国 日本の旗 日本
発生年 江戸時代 
創始者 民弥権右衛門宗重
源流 夢想流
主要技術 居合
伝承地 富山県埼玉県
  

民弥流(たみやりゅう)とは、居合術の流派のひとつ。本来の表記は民彌流居合術漢字制限以後は現表記)。民谷流ともいう。富山藩に伝わった系統のみ現存している(2007年現在、黒田鉄山宗家)。

歴史[編集]

遠祖を林崎重信(林崎甚助)、流祖を民弥宗重とする。民弥流では、この民弥宗重を上泉秀信と同一人物であると伝える。
上泉秀信は上泉信綱の孫であったとされるが、父である上泉秀胤が新陰流剣術を学ばせず、長野無楽斎から無楽流居合を学ばせ、夢想流居合(上泉流、無楽流上泉派)を開いた人物である。
民弥流では、上泉秀信が母方の姓である「民弥」に改姓し、民弥宗重となったと伝えている。

現存している系統は、第3代の長屋吉富(飛騨国の金森家の浪人)が正徳年間に富山藩に伝えたものである。この系統は江戸時代には富山藩の藩校廣徳館でも指導された。また、明治以降に第11代の黒田泰治が新たに形を加えた(付伝六本) 。

[編集]

表之型[編集]

  • 真之太刀
  • 行之太刀
  • 草之太刀
  • 向掛
  • 柄取
  • 観念太刀
  • 陽之剣

立会之型[編集]

  • 真向斬り
  • 横払
  • 斜払
  • 縦刀
  • 横刀
  • 斜刀

影手合[編集]

  • 切附
  • 骨摧
  • 四方詰
  • 三方詰
  • 一文字
  • 還切
  • 心位
  • 曲切

奧手合[編集]

奧儀[編集]

極意[編集]

印可[編集]

付伝六本[編集]

  • 流星剣
  • 飛燕剣
  • 飛龍剣
  • 露払
  • 合掌剣
  • 車斬

参考文献[編集]

  • 黒田鉄山『居合術精義』壮神社
  • 黒田鉄山・甲野善紀『武術談義』 壮神社

外部リンク[編集]