權純泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
權 純泰 Football pictogram.svg
名前
カタカナ クォン・スンテ
ラテン文字 Kwon Sun-tae
ハングル 권순태
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1984-09-11) 1984年9月11日(34歳)
出身地 江原道江陵市
身長 184cm
体重 85kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 鹿島アントラーズ
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
ユース
2002-2005 大韓民国の旗 全州大学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2016 大韓民国の旗 全北現代モータース 255 (0)
2011-2012 大韓民国の旗 尚州尚武FC (兵役) 31 (0)
2017- 日本の旗 鹿島アントラーズ 39 (0)
代表歴2
2012- 大韓民国の旗 韓国 6 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月4日現在。
2. 2015年11月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

權 純泰(クォン・スンテ、朝鮮語: 권순태1984年9月11日 - )は、大韓民国江陵市出身のサッカー選手Jリーグ鹿島アントラーズ所属。ポジションはゴールキーパー韓国代表

来歴[編集]

クラブ[編集]

2006年、全北現代モータースへ加入した。2014年と2015年、2016年と3年連続でKリーグベストイレブンを受賞した。2016年には、キャプテンとしてAFCチャンピオンズリーグ優勝を果たしている[1]

2017年1月、Jリーグ鹿島アントラーズへ完全移籍した[2]。鹿島では初の外国人GKとなった。3月4日、第2節のヴァンフォーレ甲府戦ではPKをストップするなど1-0の完封勝利に貢献した[3]。開幕戦から鹿島の正GKであった曽ヶ端準からレギュラーを奪い出場していたが、7月4日に行われた柏レイソル戦で、相手選手と接触し左母指MP関節脱臼と診断された[4]。怪我で試合に出れない間に活躍した曽ヶ端に、レギュラーの座を再び奪われ、2017年シーズンはリーグ戦12試合の出場にとどまった。

2018年シーズンは、レギュラーとして出場。10月3日に行われたACL準決勝1stレグ・水原三星戦で、1-2で負けている前半44分にこぼれ球を巡って混戦状態のなかで、相手FWのイム・サンヒョプとスンテが接触。その接触にスンテが激高し、イムに頭突きをして両軍が一触即発の状況に発展した。スンテにはイエローカードが出たが、この行為に対して韓国メディアは、「退場にしてもいい場面。しかし審判はクォン・スンテに警告のみを与えた」と言及した[5]。一方、母国のチームに熱く戦うスンテに鹿島の内田篤人は「スンテのおかげでスイッチが入った」と話し、この試合鹿島は後半に内田の得点で逆転勝利を果たしている[6]。11月11日、鹿島初のAFCチャンピオンズリーグ優勝に貢献。全北現代でもACLを2度優勝しており、初のACL3度の優勝経験者となった[7]

代表[編集]

2015年9月3日のラオス代表戦で韓国代表デビューを果たした。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
韓国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2006 全北現代 Kリーグ/
Kクラシック
19 0 2 0 11 0 41 0
2007 20 0 1 0 7 0 28 0
2008 24 0 3 0 9 0 36 0
2009 29 0 4 0 4 0 37 0
2010 24 0 1 0 6 0 37 0
2011 尚州尚武 15 0 1 0 2 0 18 0
2012 16 0 - 16 0
2013 全北現代 8 0 - 0 0 8 0
2014 1 34 0 - 3 0 37 0
2015 36 0 - 1 0 37 0
2016 35 0 - 1 0 36 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2017 鹿島 1 J1 12 0 1 0 1 0 14 0
2018 27 0 0 0 2 0 29 0
通算 韓国 Kクラシック 286 0 12 0 298 0
日本 J1 39 0 1 0 3 0 43 0
総通算 325 0 13 0

その他の国内公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2006 全北現代 9 0 2 0
2007 0 0 -
2010 6 0 -
2013 5 0 -
2014 1 5 0 -
2015 8 0 -
2016 14 0 2 0
2017 鹿島 7 0 -
2018 10 0
通算 AFC 64 0 4 0
出場歴

タイトル[編集]

チーム[編集]

全北現代モータース
鹿島アントラーズ

個人[編集]

  • Kリーグ1 ベストイレブン:3回(2014年、2015年、2016年)
  • Jリーグ優秀選手賞:1回(2018年)

代表歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]