梶川裕嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
梶川 裕嗣 Football pictogram.svg
名前
愛称 カジ
カタカナ カジカワ ユウジ
ラテン文字 KAJIKAWA Yuji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-07-26) 1991年7月26日(31歳)
出身地 愛知県豊田市
身長 185cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ジュビロ磐田
ポジション GK
背番号 24
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2017 湘南ベルマーレ 2 (0)
2017 徳島ヴォルティス (loan) 14 (0)
2018-2019 徳島ヴォルティス 76 (0)
2020-2021 横浜F・マリノス 17 (0)
2022- ジュビロ磐田
1. 国内リーグ戦に限る。2021年12月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

梶川 裕嗣(かじかわ ゆうじ、1991年7月26日 - )は、愛知県豊田市出身のプロサッカー選手Jリーグジュビロ磐田所属。ポジションはゴールキーパー(GK)。

来歴[編集]

名古屋グランパスの下部組織を経て東海学園高校東海学園大学へ進学。大学では東海学生リーグでベストイレブンを受賞[1]デンソーカップチャレンジサッカーでは東海・北信越選抜に選出される[2]など活躍。2014年シーズンより湘南ベルマーレに加入[3]秋元陽太の控えとしてプロ生活をスタートし、プロ1年目は天皇杯で公式デビューを飾ったが、2年目の2015年は公式戦出場無しに終わった。秋元がFC東京に移籍した2016年も村山智彦の加入もあり控えという立場は変わらずも、チームの降格が決まった後の終盤2試合で出場機会を得た。

秋元が湘南に復帰した2017年、出場機会を求めて徳島ヴォルティス期限付き移籍[4]。17年は長谷川徹とポジションを争いながら、14試合に出場した。翌年より完全移籍に移行。18年にポジションを長谷川から奪った。

2019年12月24日、横浜F・マリノスへの完全移籍が発表された[5]。 当初は朴一圭の控えとしての立場だったが、朴の怪我もあって出場した際に穴を埋める活躍を見せ、朴が怪我から復帰後も試合に出場した。しかし朴がサガン鳥栖に移籍し、その鳥栖から加入した高丘陽平にポジションを奪われ、さらには栃木SCからレンタルバックで復帰したオビ・パウエル・オビンナが高丘とポジションを争う形になったため、控えからも外れることになった。

2021シーズンも引き続きリーグ戦のメンバーからは外れていたが、3月17日に行われたJ1リーグ第5節徳島ヴォルティス戦で同年初のベンチ入りを果たす。そして約1ヶ月後に行われたルヴァンカップ第3節清水エスパルス戦で同年公式戦初出場を果たした。しかしこの年は高丘がレギュラーに完全定着したこもあって、リーグ戦の出場は無かった。

2021年12月27日、ジュビロ磐田への完全移籍が発表された[6]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2014 湘南 21 J2 0 0 - 1 0 1 0
2015 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2016 2 0 0 0 2 0 4 0
2017 徳島 J2 14 0 - 1 0 15 0
2018 35 0 - 1 0 36 0
2019 41 0 - 0 0 41 0
2020 横浜FM J1 17 0 1 0 - 18 0
2021 0 0 4 0 1 0 5 0
2022 磐田 24
通算 日本 J1 19 0 5 0 3 0 27 0
日本 J2 90 0 - 3 0 93 0
日本 東海1部 - -
総通算 109 0 5 0 6 0 120 0
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2020 横浜FM 21 2 0
通算 AFC 2 0

代表・選抜歴[編集]

獲得タイトル[編集]

  • 東海学生サッカーリーグ1部 ベストイレブン(2012年)

脚注[編集]

  1. ^ 昨年度の東海学生サッカーリーグ・表彰式”. 東海学生サッカー連盟 (2013年8月5日). 2014年4月15日閲覧。
  2. ^ デンソーカップチャレンジサッカーから見る大学サッカーの現状”. 東海サッカーマガジン (2013年2月4日). 2014年4月15日閲覧。
  3. ^ “東海学園大学 梶川裕嗣選手 2014年シーズン加入内定のお知らせ” (プレスリリース), 湘南ベルマーレ, (2013年11月7日), http://www.bellmare.co.jp/93224 
  4. ^ “梶川 裕嗣選手期限付き移籍にて加入内定のお知らせ” (プレスリリース), 徳島ヴォルティス, (2017年1月8日), http://www.vortis.jp/news/detail.php?pressid=7870 2017年1月8日閲覧。 
  5. ^ 梶川裕嗣選手 完全移籍加入のお知らせ”. 横浜F・マリノス 公式サイト. 2020年1月12日閲覧。
  6. ^ 梶川 裕嗣選手が完全移籍加入”. ジュビロ磐田. 2020年12月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]