東日本急行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東日本急行 株式会社
Higashinippon co.ltd
Higashinippon-express-1182.JPG
日野セレガ(2代目)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
981-3124
宮城県仙台市泉区野村新馬場屋敷14
設立 1968年昭和43年)6月19日
業種 陸運業
法人番号 2370001001090
代表者 代表取締役社長 稲垣智雄
資本金 3,000万円
決算期 1年1回(3月31日)
主要株主 岩手急行バス 36,000株
宮城交通 20,000株
外部リンク http://www.higashinippon.co.jp/
テンプレートを表示

東日本急行株式会社(ひがしにっぽんきゅうこう)は宮城県仙台市に本社を置くバス会社である。

沿革[編集]

  • 1968年(昭和43年)
  • 1975年(昭和50年)9月27日 - 一般貸切旅客自動車運輸事業開始。
  • 1976年(昭和51年)4月1日 - 仙台盛岡急行線の内、東日本急行便は中尊寺 - 盛岡バスセンター間の運行から撤退、仙台 - 一ノ関・中尊寺間に短縮。仙台 - 盛岡間直通便は国鉄バス単独運行となる。同時に盛岡バスセンター内にあった盛岡営業所廃止[1]
  • 1984年(昭和59年)頃 - 本社営業所を仙台市宮町[2](北六番丁小学校西隣)から仙台市鶴代町[3](若林区。東部工場団地)へ移転。
  • 1985年(昭和60年)1月15日 - 仙台 - 一ノ関・平泉線運行開始(泉IC〜築館IC間東北道走行)。
  • 1989年(平成元年)9月21日 - JRバス東北、宮城交通、岩手県交通と共同でアーバン号(仙台 - 盛岡線)運行開始。仙台 - 盛岡線に再参入。
  • 199x年 - 本社営業所を仙台市泉区野村(現在地)に移転。
  • 1999年(平成11年)4月1日 - JRバス東北の古川本線(築館町駅 - 一ノ関駅)廃止に合わせ、仙台 - 一ノ関・中尊寺線の運行区間を仙台 - 沢辺(宮城県金成町(当時))に短縮。また、仙台 - 一ノ関線(仙台宮城IC〜一関IC間東北道走行)運行開始。
  • 2004年(平成16年)5月1日 - 仙台 - 佐沼線運行開始(仙台宮城IC〜築館IC間東北道走行。築館町経由せず。のち若柳金成IC経由に変更)。
  • 2005年(平成17年)
    • 3月1日 - 仙台 - 一迫線運行開始(仙台宮城IC〜築館IC間東北道走行。築館町経由)。
    • 11月16日 - 仙台 - とよま線運行開始(仙台東IC〜河北IC間三陸道走行。柳津経由)。
  • 2007年(平成19年)
  • 2008年(平成20年)
    • 4月1日 - 仙台空港線(エアポートライナー)仙台空港行の起点を仙台駅始発便に限り仙台駅(西口バスプール)から県庁前に変更・併せて電力ビル前に停車(乗車専用)開始。仙台空港発は泉区役所(イズミティ21)行に限り電力ビル前・県庁前に停車(いずれも降車専用)開始。
    • 8月1日 - 仙台 - 平泉線(平泉中尊寺号)に参入。
  • 2009年(平成21年)1月31日 - この日の運行をもって仙台空港線(エアポートライナー)廃止。

運行路線[編集]

仙台 - 一ノ関線(一ノ関駅前にて:2004年8月撮影)
仙台 - とよま線(県庁市役所前にて:2013年11月撮影)

2015(平成27年)7月現在で30台の路線車両を保有している。但し、うち2両については管理の受委託により岩手急行バスに委託している。

  • 仙台 - 金成線
仙台 - 金成線
仙台 - 金成線
仙台 - 一迫線
仙台 - 一迫線
宮城県仙台市と栗原市金成沢辺を結ぶ。
概要
  • 過去にJRバス東北と東日本急行が仙台駅 - 築館町 - 一ノ関駅・中尊寺間で運行していた。築館町 - 中尊寺間は一般道利用で、東日本急行は主要停留所のみ停車、JRバス東北は一ノ関駅止まりで築館町以北は各停であった。
  • 1999年3月末、JRバス東北が古川本線の築館町 - 一ノ関駅を廃止し撤退。後を引き継ぎ単独運行することになった東日本急行は沢辺系統と一ノ関系統に分離させた。沢辺系統は、くりはら田園鉄道線沢辺駅を終着とし、築館町 - 沢辺駅はノンストップであった(JRバスとの共同運行時代は東日本急行も陸前城生野に停車していた)。また沢辺に夜到着後に滞泊し、翌朝仙台行として出発する便も設定された。
  • その後利用客は徐々に増え続け、金成町役場(現栗原市金成庁舎)までの延長、築館町 - 沢辺をくりこま高原駅経由への変更、停留所追加などを経て現在に至っている(なお、くりこま高原駅乗り入れ当初は、築館町 - くりこま高原駅、くりこま高原駅 - 沢辺のみの利用は不可であった)。
運行経路
仙台宮城IC経由
仙台駅前(旧さくら野前) - 広瀬通一番町 - 栗原市役所前 - 築館 - くりこま高原駅前 - 蔵場 - 梨崎 - 栗原市金成庁舎前
泉IC経由
仙台駅前(旧さくら野前) - 商工会議所前 - 県庁前 - 北仙台 - 八乙女駅前 - 栗原市役所前 - 築館 - くりこま高原駅前 - 蔵場 - 梨崎 - 栗原市金成庁舎前
歴史
  • 1985年昭和60年)1月15日 -仙台 - 築館 - 沢辺 - 一ノ関・中尊寺間(泉IC~築館IC間東北自動車道経由)運行開始。
  • 1999年平成11年)3月27日 - 仙台 - 築館 - 沢辺 - 一ノ関間高速バスの仙台 - 沢辺間を分離する形で運行開始(泉IC経由)。1日4.5往復。(沢辺行4本、仙台行5本)回数券(5枚綴り。料金は現在と同じ)を設定。
  • 2001年(平成13年)8月1日 - 1日7.5往復(沢辺行7本、仙台行6本)に増便。増便分(3往復)は仙台ビブレ(当時)発着、くりこま高原駅経由(うち1往復はくりこま高原駅発着)となる。
  • 2003年(平成15年)4月1日 - 1日10往復に増便。仙台駅前の発着場所が全便西口バスプールに、金成の発着場所が金成町役場(当時)前となる。一部(1日6.5往復)を仙台宮城IC経由に変更。
  • 2011年(平成23年)
利用状況
年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2002(平成14)年度 365 7,263 96,832 265.3 13.3
2003(平成15)年度 365 7,347 117,017 320.6 15.9
2004(平成16)年度 365 7,316 132,665 363.5 18.1
2005(平成17)年度 365 7,305 114,117 312.6 15.6
2006(平成18)年度 365 7,313 122,874 336.6 16.8
2007(平成19)年度 366 7,304 119,985 327.8 16.4


  • 仙台 - 一迫線
仙台市と栗原市一迫を結んでいる。2005年3月1日開業。運行回数は1日6往復。
運行経路
三井アウトレットパーク 仙台港 - 仙台うみの杜水族館- 仙台駅前(旧さくら野前) - 広瀬通一番町 - 栗原市役所前 - 築館 - 柳目 - 御免角 - 一迫総合支所前
※休憩希望者が三本木PA通過前に降車ボタンを押すと、三本木PAで休憩を行う。
※三井アウトレットパーク仙台港まで運行するのは土日祝日の1往復のみ。
利用状況
年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2004(平成16)年度 31 310 2,525 81.5 8.1
2005(平成17)年度 365 3,647 36,462 99.9 10.0
2006(平成18)年度 365 3,650 44,174 121.1 12.1
2007(平成19)年度 366 3,655 53,293 145.6 14.6
年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2005(平成17)年度 136 1,357 11,204 82.4 8.3
2006(平成18)年度 365 3,650 38,427 105.3 10.5
2007(平成19)年度 366 3,658 44,093 120.5 12.1
仙台 - 平泉線にかつて充当されていた車両(仙台駅東口にて:2009年11月撮影)
  • 仙台 - 平泉線
    仙台駅前(宮城県仙台市青葉区)と岩手県西磐井郡平泉町中尊寺の間を結ぶ、季節運行の高速バス路線。2016年(平成28年)度は4月9日から11月30日まで運行予定で、東日本急行の単独運行である。
    運行回数
    • 1日3往復
    路線沿革
    • 2008年(平成20年)7月1日 - 岩手県交通の単独(1日2往復)で運行開始(同年11月30日まで)。
    • 2008年(平成20年)8月1日 - 東日本急行・岩手急行バスが参入し、1日3往復(各社1往復ずつとなる)に増便。
    • 2009年(平成21年)4月18日 - 東日本急行・岩手県交通の2社による1日2往復の運行となる(同年11月30日まで。宮城交通の参入は見送られ、岩手急行バスも運行支援に回る)。一関市内の停留所(岩手病院前、山目駅前)への停車を中止。
    • 2011年(平成23年)4月23日 - 東日本急行が毎日運行便1往復を、宮城交通が土日祝祭日運行便1往復をそれぞれ運行する体制となる。岩手県交通は運行支援に回る。
    • 2012年(平成24年)4月1日 - 1日1往復となり、東日本急行が平日、宮城交通が土日祝祭日の運行を担当する体制となる。青葉通一番町バス停を廃止、宮交仙台高速バスセンター経由に変更。
    • 2013年(平成25年)4月13日 - 1日2往復、東日本急行の単独運行となる。仙台 - 一ノ関線の一部便を平泉まで延長運転する扱いとなり、仙台駅前の発着地がさくら野前(31-2のりば)に変更。また新たに広瀬通一番町および、一関市内(イオン一関前、合同庁舎前、一ノ関駅口、一ノ関駅)に停車。
    • 2016年(平成28年)4月9日 - 2016年度の運行を開始。1日3往復に増便。
    車両
    • 観光型・トイレなし車両で運行。

廃止路線[編集]

エアポートライナー(仙台空港にて:2008年11月撮影)
  • 仙台市内 - 仙台空港線「エアポートライナー」(2009年〈平成21年〉1月31日の運行をもって廃止)
    運行系統
    所要時間: 仙台空港から仙台駅まで40分、泉区役所・イズミティ21まで60分。
    運行回数(廃止時点): 1日12.5往復(仙台空港行12本、仙台市内行13本)。うち空港行朝2便と空港発のうち午前運行の2便を除く便(11便)は泉区役所・イズミティ21発着。
    運賃: 仙台空港から長町一丁目まで大人片道600円、仙台駅・電力ビル前・県庁前まで大人片道700円、泉区役所・イズミティ21まで大人片道800円。回数乗車券(2枚綴り)1,000円(全区間。2007年〈平成19年〉10月16日より発売開始)。
    • 2007年(平成19年)5月22日より、一ノ関・佐沼・一迫・とよま・金成各路線との乗継ぎ割引を開始。金成 - 仙台 - 仙台空港が1,800円+700円=2,500円のところ、1,600円で乗車できるなど、乗車地により300円から900円の割引となっていた。
    • 「泉区役所・イズミティ21」バス停は地下鉄泉中央駅に近い。泉中央地区からの仙台空港行空港バスは、2005年(平成17年)11月19日を以って廃止された宮城交通(途中より宮交バスシステムへ移管)のロイヤルパークホテル前・地下鉄泉中央駅 - 仙台空港(特急泉中央空港線)以来の復活であった。

貸切バス[編集]

貸切車両(八戸駅西口にて:2008年3月撮影)

2015(平成27年)7月現在で16台の貸切車両を保有している。但し、多客期など運用の都合により貸切車両が路線運用に充当されることもある。

  • 事業区域…宮城県一円

その他[編集]

  • 取締役・監査役には岩手急行バス、宮城交通の社長や取締役が就いている。以前は岩手県北バスも取締役に名を連ねていたが、同社のみちのりホールディングス傘下入りに際し引き上げ、現在は同社の親会社であった泉金物産の社長が取締役に名を連ねている。
  • 仙台盛岡急行線時代の盛岡側の車庫は盛岡市南大通(旧:岩手県交通河南営業所近く)にあったが、中尊寺 - 盛岡間廃止後は岩手県交通の長距離便の折り返し場としてしばらく使用された[4]。アーバン号の盛岡側の休憩地は運行開始当初は岩手県北バス盛岡営業所(氏子橋)、現在は盛岡南営業所である。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 鈴木文彦「岩手のバス いまむかし」P111。
  2. ^ 仙台市青葉区宮町4丁目3-21、現在の日本年金機構仙台北社会保険事務所の場所にあった。現在も同事務所東側に東日本急行管理の月極駐車場がある。
  3. ^ 仙台市若林区鶴代町3-70、現在のヨコハマタイヤジャパン宮城カンパニーの場所。
  4. ^ 鈴木文彦「岩手のバス いまむかし」P30。
[ヘルプ]

外部リンク[編集]