岩手急行バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩手急行バス 株式会社
観光貸切塗装
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
021-0864
岩手県一関市旭町1-15
設立 1964年7月23日
業種 陸運業
代表者 代表取締役社長 稲垣智雄
資本金 3,000万円
従業員数 30名
テンプレートを表示

岩手急行バス株式会社(いわてきゅうこうバス)は岩手県一関市に本社を置くバス事業者である。

沿革[編集]

  • 1964年昭和39年)7月23日: 岩手中央バス・花巻電鉄・岩手県南バス・花巻バス(現:岩手県交通)が共同で設立[1]
  • 1964年8月1日:盛岡 - 一ノ関間で路線バスを開始する[1]
  • 1966年(昭和41年)2月22日:一般貸切旅客運送事業免許取得[1]
  • 1976年(昭和51年)6月11日: 岩手中央バス・岩手県南バス・花巻バスの岩手県交通への合併を機に路線廃止、貸切専業となる[2]
  • 2003年平成15年)11月1日東日本急行が単独で運行していた 仙台 - 一ノ関線に一ノ関側拠点事業者として参入。
  • 200x年x月x日 - 東日本急行便のうち、一関で夜間滞泊する行路の運転業務を受託。
  • 2008年(平成20年)8月1日: 仙台 - 平泉線(平泉中尊寺号)に参入。
仙台 - 一ノ関線(2016年3月撮影)

運行路線[編集]

運行協力[編集]

運行会社
※:岩手急行バスと岩手県交通は運行協力。
運行回数
  • 1日2往復(各社1往復)
路線沿革
  • 2008年(平成20年)7月1日 - 岩手県交通の単独(1日2往復)で運行開始(同年11月30日まで)。
  • 2008年(平成20年)8月1日 - 東日本急行・岩手急行バスが参入し、1日3往復(各社1往復/うち、岩交担当便1往復を岩急担当便に載せ替え)に増便。
  • 2009年(平成21年)4月18日 - 東日本急行・岩手県交通2社による1日2往復の運行となる(同年11月30日まで。岩手急行バスは運行協力のみとなる。また、宮城交通の参入は見送られる)。
  • 2011年(平成23年)4月23日 - 2011年度の運行を開始。東日本急行・宮城交通による運行となる。岩手急行バスと岩手県交通は運行協力のみ。
車両
  • 観光型・トイレなし車両で運行。

出典[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]