沢辺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
沢辺駅
駅舎(2005年12月)
駅舎(2005年12月)
さわべ
SAWABE
大岡 (2.1km)
(3.5km) 津久毛
所在地 宮城県栗原市金成沢辺木戸口
所属事業者 くりはら田園鉄道
所属路線 くりはら田園鉄道線
キロ程 9.3km(石越起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1921年(大正10年)12月20日
廃止年月日 2007年(平成19年)4月1日
備考 路線廃止にともなう駅廃止
テンプレートを表示
沢辺駅付近空中写真(1974年撮影 国土画像情報カラー空中写真(国土交通省)より)
下りホーム

沢辺駅(さわべえき)は、宮城県栗原市金成沢辺木戸口に1921年から2007年まであったくりはら田園鉄道くりはら田園鉄道線。路線の廃止に伴い廃駅となった。

概要[編集]

2005年の合併まで存在した金成町の中心的な駅であり、くりはら田園鉄道の中では数少ない有人駅となっていた。また、この駅では末期まで列車交換が行われた。

国道4号東北自動車道と近いことから、鉄道と自動車交通の結節点となり、駅前からバスが発着した[1]国鉄バスも発着していたことから、窓口は(自)沢辺駅(自動車駅)としての営業もあった。1968年には仙台盛岡急行線が新設され、当駅には特急バスも発着するようになったが、JRバスによる運行は1999年に廃止、東日本急行ミヤコーバスも当線の廃止を機に乗り入れを取りやめ、バスターミナル機能は金成総合支所前(東日本急行は金成庁舎前)へと移された。東北新幹線くりこま高原駅と連絡するバス「栗夢号しゃとる」は2006年9月30日をもって廃止された。

駅構造[編集]

2面3線のホームを持つ地上駅。線路は東西に走り、木造の駅舎を南側に設置、出入口はこの一箇所であって、北側へは駅の西にある構内踏切を渡って通行した。駅舎の前に駅前広場がある。

開業時に建てられ、廃止まで使われた駅舎は、若柳駅と同じ設計図で作られたもので、外観も同じであった[2]。廃止後しばらくは駅舎がその姿をとどめていたが、のちに解体された。解体後の部材は、保存活動の拠点となる若柳駅駅舎の復元に活用された[3]

駅周辺[編集]

駅の周辺は沢辺の市街地である。西から南東に流れる三迫川の北岸に近い。西約1キロメートルに達田橋があり国道4号を渡す。この橋から駅までが沢辺の町の中心となる商店街である。駅の北西約500メートルの町はずれに栗原市役所金成総合支所があり、2005年の合併まで金成町役場であった。水田地帯を隔てて北に約1キロメートルに金成の市街地の端がかかり、金成の中心部までは駅から約1.5キロメートル離れている。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

くりはら田園鉄道
くりはら田園鉄道線
大岡駅 - 沢辺駅 - 津久毛駅

脚注[編集]

  1. ^ 『さよなら! くりでん』66頁。
  2. ^ 『さよなら! くりでん』64頁。
  3. ^ 編集長敬白:くりはら田園鉄道は今…。
  4. ^ 寺田裕一『私鉄の廃線跡を歩くI 北海道・東北編』、JTBパブリッシング、2007年、168p。ISBN 978-4-533-06847-8

参考文献[編集]

  • MGブックス企画・編集『サヨナラ! くりでん 「くりはら田園鉄道」公式メモリアル・ブック』、エムジー・コーポレーション、2007年。

外部リンク[編集]