東新潟港駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東新潟港駅
ひがしにいがたこう
Higashi-Niigatakō
(貨)焼島 (1.7km)
所在地 新潟市東区臨港町2丁目
所属事業者 日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 信越本線貨物支線
キロ程 3.8km(上沼垂信号場起点)
電報略号 ヒニ
駅構造 地上駅
開業年月日 1924年大正13年)12月1日
備考 貨物専用駅
2002年6月1日より休止中
テンプレートを表示
新潟付近鉄道路線図

東新潟港駅(ひがしにいがたこうえき)は、新潟県新潟市東区臨港町2丁目にある日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅である。信越本線貨物支線の終着駅であるが、2002年6月1日より休止されている。

取扱貨物[編集]

駅概要[編集]

新潟港西港区にある地上駅

現在は操車場が残されているのみである。かつては、駅東南にあった新潟鐵工所大山工場(事業としては後の新潟トランシス新潟事業所)へ続く専用線があり、工場で製造された車両の搬出に使用されていたが、同工場の移転に伴い1998年11月18日の発送をもって廃止された。当駅もその日以降、貨物列車の発着は無くなっている。 焼島 - 当駅間に存在した、国道113号線とクロスする踏切は、遮断棒や警報機設備が撤去され、軌道もアスファルトで埋められて事実上の廃止状態となっている。

1980年代までは新潟鐵工所専用線のほか、新潟港臨港埠頭に張り巡らされていたリンコーコーポレーション専用線や食糧庁倉庫(新潟食糧事務所)専用線、昭和シェル石油新潟製油所専用線、新潟鐵工所専用線から分岐していたフジタ建材リース新潟工場専用線などが存在した。

なお、撤去された線路のうち、新潟港臨港埠頭地区の敷地はのちに新潟みなとトンネルの山の下側出入り口部分の道路として活用されている。

過去の利用状況[編集]

  • 1972年度 - 車扱 下り到着220,316トン、上り発送972,098トン
  • 1993年度 - 発送135,515トン、到着不明
  • 1994年度 - 発送171,470トン、到着不明
  • 1995年度 - 発送156,477トン、到着不明
  • 1996年度 - 発送181,545トン、到着不明
  • 1997年度 - 発送144,954トン、到着不明

1985年時の常備貨車[編集]

「昭和60年版私有貨車番号表」『トワイライトゾーンMANUAL13』ネコ・パブリッシング、2004年

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

日本貨物鉄道
信越本線貨物支線
焼島駅 - 東新潟港駅

脚注[編集]

  1. ^ 「地方鉄道貨物運輸開始」『官報』1924年12月8日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1941年7月30日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 「鉄道省告示第171号」『官報』1941年8月27日(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目[編集]