探偵・神津恭介の殺人推理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
探偵・神津恭介の殺人推理
ジャンル テレビドラマ
放送時間 放送時間の変遷を参照
放送期間 1983年9月24日 - 1992年9月5日(11回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 貞永方久
野田幸男
永野靖忠
原作 高木彬光
脚本 ジェームス三木
下飯坂菊馬
吉田剛
岡田正代
プロデューサー テレビ朝日
稲垣健司
塙淳一
杉崎保
白崎英介
大井泰宏
佐藤凉一
浅香真哉
松竹
佐々木孟
出演者 近藤正臣
森口瑤子
岸部シロー
大和田獏
オープニング 歴代オープニングを参照
外部リンク 土曜ワイド劇場
テンプレートを表示

探偵・神津恭介の殺人推理』(たんてい・かみづきょうすけのさつじんすいり)は、1983年から1992年までテレビ朝日系の2時間ドラマ土曜ワイド劇場」で放送されたテレビドラマシリーズ。全11回。主演は近藤正臣

1997年と2002年に「土曜ワイド劇場」で放送された『天才・神津恭介の殺人推理』は本シリーズのリメイクである。

キャスト[編集]

レギュラー[編集]

神津恭介
演 - 近藤正臣
東京大学理学部助教授。私立探偵。
神津信子
演 - 叶和貴子(第1作)、飯干恵子(第2作 - 第4作)、森口瑤子(第5作 - 第11作)[1]
神津の妹。研三の恋人。
松下英一郎
演 - 橋本功(第1作)、原田大二郎(第2作)、蟹江敬三(第3作)、松山政路(第4作)、岸部シロー(第5作 - 第10作)
警視庁捜査一課長。階級は警部。研三の兄。
松下研三
演 - 大和田獏(第1作 - 第10作)、太川陽介(第11作)
ルポライター。神津の助手。

ゲスト[編集]

第1作「高木彬光の刺青殺人事件」(1983年)
第2作「影なき女」(1985年)
  • 森島世津子(森島の後妻) - 金沢碧
  • 森島有子(森島と先妻の娘) - 比企理恵
  • 久原諒一(山崎宝石店 社長) - 袋正
  • 山岸久美(デートクラブ「ベロナ」経営者) - ひし美ゆり子
  • 森島信太郎(サラ金の社長) - 滝田裕介
  • 浜田主計(森島の秘書) - 村井国夫
  • 矢野文枝(レイコの姉・偽名「清村マキ」) - MIE
  • 矢野レイコ(モデル・神津信子の友人) - MIE(二役)
第3作「魔笛に魅せられた女」(1985年)
第4作「初夜に消えた花嫁」(1986年)
  • 伊馬笙子(バレリーナ・10日前に藤本と再婚後に失踪) - 中島ゆたか
  • 香川重雄(彫刻家) - 河原崎建三
  • ユカ(ゲイボーイ) - 松原留美子
  • リエ(庫之助の内縁の妻) - 泉じゅん
  • 庫之助(笙子の元夫の叔父・喫茶店経営者) - 梅津栄
  • 香川の母 - 東郷晴子
  • アサクラカオル(藤本クリニック 婦長) - 金沢碧
  • 藤本伸二(笙子の夫・藤本クリニック 医師) - 本田博太郎
  • 矢崎琴子(笙子の妹・ピアニスト) - 白都真理
第5作「血ぬられた薔薇」(1986年)
  • 鶴田時夫(貿易会社社長・百合の婚約者) - 広岡瞬
  • 加山恵美(小山内の恋人) - 比企理恵
  • 小山内健(服飾デザイナー) - 五代高之
  • 風間レイコ(鶴田の秘書・百合の高校時代からの友人) - 高橋彩夏
  • 後藤シンキチ(バーテン・恵美の元同棲相手) - 成瀬正伍
  • 加山静江(加山の後妻) - 生田悦子
  • 加山百合(恵美の姉) - 早乙女愛
第6作「私は殺される」(1987年)
  • 漆田香子(漆田の妻・元女優) - 結城しのぶ
  • 橋爪敏彦(テレビドラマ「黄昏の海」監督) - 大出俊
  • 橘沙織(女優) - 可愛かずみ
  • モーテルの従業員 - 星野晶子
  • 司ひとみ(テレビドラマ「黄昏の海」主演女優) - 寺戸千恵美
  • 水上晋(カメラマン) - 辻萬長
  • 漆田道太郎(プロダクション社長) - 仲谷昇
第7作「呪縛の家」(1987年)
  • 卜部土岐子(舜作の三女・光カルチャーセンター 経理) - 大場久美子
  • 木下昌子(祈祷師) - 蜷川有紀
  • 菊川隆三郎(卜部家の主治医) - 宮崎達也
  • 花井真弓(バー経営者) - 伊佐山ひろ子
  • 卜部烈子(舜作の次女・光カルチャーセンター 理事兼アートフラワー講師) - 増田葉子
  • 卜部澄子(舜作の長女・光カルチャーセンター 理事兼ダンス講師) - 八神康子
  • 香取幸一(光カルチャーセンター 主事) - 高峰圭二
  • 刑事 - 左右田一平
  • 卜部舜作(投機グループ「祐光会」会長) - 根上淳
第8作「伊豆下田海岸に赤い殺意が走る」(1988年)
  • 安田雅枝(アパレルメーカー「シン・イトウ」社長秘書) - 蜷川有紀
  • 伊藤隆(伊藤と前妻の息子・東京大学 大学院生) - 新田純一
  • 浜野まゆみ(笙子の娘・東京大学 学生) - 伊藤真美
  • 伊藤シン(アパレルメーカー「シン・イトウ」社長) - 勝部演之
  • カワハラ(アパレルメーカー「シン・イトウ」チーフデザイナー) - 堀光昭
  • 吉本(伊藤の前妻の弟) - 高峰圭二
  • 伊藤陽子(伊藤の後妻) - 三浦真弓
  • 浜野笙子(弁護士) - 梶芽衣子
第9作「こだま号遠隔マジック!?」(1990年)
第10作「白魔の歌」(1990年)
  • 南条安奈(トラベルピジョンズ 秘書課長) - 原日出子
  • 鳩村玄太郎(トラベルピジョンズ 社長) - 佐藤仁哉
  • 桐山芳夫(トラベルピジョンズ パラオ支店長・タキコの弟) - 草川祐馬
  • 薫(神津信子の短大時代の友人) - 露木由美
  • 鳩村綾子(トラベルピジョンズ 専務・玄太郎の妹) - 阿曽靖子
  • 鳩村俊之輔(トラベルピジョンズ 会長・玄太郎の父) - 田中明夫
  • 高浜美代(レストラン経営者) - 島かおり
第11作「密室から消えた美女」(1992年)
  • 清水香織(東洋新聞 記者・社長令嬢) - 設楽りさ子
  • 山下誠一(東洋新聞社会部 記者) - 山下規介
  • 加納浩子(松下研三の顔見知り) - 小牧彩里
  • 原島陽子(銀行員・福島の婚約者) - 斉藤林子
  • 田沢(警視庁新宿南警察署 警部) - 高峰圭二
  • 三崎哲也(キャバレートップレス 支配人) - 堀光昭
  • 桑畑次郎(ブティックオーナー) - 大河内浩
  • 東郷浩二 - 宮口二郎
  • 北島春佳(女子大生・自殺) - 夏目純子
  • 福島康夫(銀行員) - 奥久俊樹
  • 城山健治(福島の学生時代からの遊び仲間) - 上田日出春
  • 東洋新聞 部長 - 加島潤
  • 北島義男(春佳の父) - 三上真一郎

スタッフ[編集]

  • 原作 - 高木彬光
  • 脚本 - ジェームス三木(第1作)、下飯坂菊馬(第2作 - 第6作・第8作 - 第10作)、吉田剛(第7作)、岡田正代(第11作)
  • 音楽 - 羽田健太郎(第1作)、津島利章(第2作 - 第11作)
  • 監督 - 貞永方久野田幸男、永野靖忠
  • 企画協力 - 角川春樹事務所
  • プロデューサー - 稲垣健司(テレビ朝日)、塙淳一(テレビ朝日)、杉崎保(テレビ朝日)、白崎英介(テレビ朝日)、大井泰宏(テレビ朝日)、佐藤凉一(テレビ朝日)、浅香真哉(テレビ朝日)、佐々木孟(松竹)
  • 制作 - テレビ朝日松竹

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率
1 1983年9月24日 高木彬光の刺青殺人事件 刺青殺人事件 ジェームス三木 貞永方久 18.9%
2 1985年2月02日 影なき女 影なき女 下飯坂菊馬 野田幸男 22.7%
3 9月07日 魔笛に魅せられた女 『魔笛』 25.3%
4 1986年3月01日 初夜に消えた花嫁 『ヴィナスの棺』 永野靖忠 17.5%
5 8月23日 血ぬられた薔薇 『血ぬられた薔薇』 19.2%
6 1987年9月26日 私は殺される 『私は殺される』 野田幸男 19.2%
7 12月26日 呪縛の家 呪縛の家 吉田剛 貞永方久 19.2%
8 1988年8月13日 伊豆下田海岸に赤い殺意が走る 『悪魔の嘲笑』 下飯坂菊馬 野田幸男 17.0%
9 1990年5月26日 こだま号遠隔マジック!? 人形はなぜ殺される 21.0%
10 9月29日 白魔の歌 白魔の歌 永野靖忠 16.1%
11 1992年9月05日 密室から消えた美女 『神津恭介への挑戦』 岡田正代 野田幸男 17.0%

脚注[編集]

  1. ^ 第5作から第7作は、灘陽子の名で出演。