川越シャトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川越シャトルの車両

川越シャトル(かわごえシャトル)は、埼玉県川越市コミュニティバスの愛称である。市の公式サイトでは、市内循環バス「川越シャトル」と案内されている[1]。路線の一部は隣接する鶴ヶ島市ふじみ野市にも乗り入れている[1]

運行は、路線により西武バス川越営業所東武バスウエスト川越営業事務所イーグルバス川越営業所の3事業者に委託している[1]

概要[編集]

1996年3月に西武バス川越営業所と東武鉄道バス(東武鉄道バス事業本部)川越営業所(現:東武バスウエスト川越営業事務所)の2事業者が川越市より運行受託した。中乗り後払い式の日野・リエッセの専用塗装(パープルを基調としたデザイン)が西武・東武ともに採用され、運行開始となった。

その後、ダイヤ改正と路線網拡充が行われたが、

  1. 長距離路線となり定時運行が難しく、運行ルートが複雑で分かりにくい。
  2. 市内公共施設を結ぶスタイルの路線網より、一般路線バスが運行されていない地域から市内鉄道駅への運行を求める声が大きい。
  3. 日や時間帯により、利用客の変動がある。

などの結果が判明した。

これらの結果を踏まえ、2006年12月1日から大幅なダイヤ・路線改正が行われ、新しいルートによるスタイルでの運行となった。更に後年、路線の見直しがなされ、2014年7月1日から、下記の運行スタイルとなる。現在は、12月29日1月3日のみ運休である。

西武・東武共にバス共通カードは当初から利用できず、現金・専用回数券・特別乗車証(市内在住で、市に認定された人)・専用一日乗車券での乗車であった。ICカードによる乗車体系については、後述の「運賃・運賃割引など」を参照。

日野・ポンチョによる「川越ナンバー」(ご当地ナンバー)車も導入されている。

2018年4月1日、ダイヤや路線などの見直しが行われた[2]

運賃・運賃割引など[編集]

全路線とも、初乗り180円(PASMOSuicaなどのICカード払いでは、178円)から、最高上限である370円の対キロ区間制となっている。乳児は無料、幼児(1歳以上の未就学児)と小学生はこども料金で、大人の半額(現金払いは10円未満切り上げ、PASMO・Suica等では1円未満切り上げ)である。

すべての路線でPASMOSuica等のICカードが利用可能であり、バス利用特典サービスの対象にもなっている。

川越市内に在住する市民で、以下に該当する場合については、市から発行される特別乗車証が交付され、条件により割引または無料で利用できる。

  • 市内在住の70歳以上90歳未満:特別乗車証により、1乗車100円の定額運賃。[3]
  • 市内在住の90歳以上:特別乗車証により無料。
  • 市内在住の障害者:特別乗車証により無料。また、介護を要する障害者の介護者(特別乗車証に『要介護』と押印されている特別乗車証を持っている者)は、介護者1名の運賃は半額。
  • 市外在住で障害者手帳保持者がその手帳を提示した場合に割引がある。
    • 市外在住の身体障害者手帳保持者は、第1種に適用される手帳保持者と介護者1名、第2種の身体障害者手帳保持者は、運賃半額。
    • 市外在住の療育手帳(みどりの手帳)保持者と介護者1名は、運賃半額。
    • 市外在住の精神障害者保健福祉手帳保持者は、運賃半額。
  • 川越シャトル専用の一日乗車券も発行されている。
    • 条件により発売額が異なり、130円から500円の設定がある(条件の詳細は、ここでは割愛する)。バス車内にて販売する。
    • 特別乗車証で一日乗車券を購入した場合、特別乗車証の提示を再度求められる事がある。
    • 購入・使用後の一日乗車券の払い戻しは不可。
  • 専用の回数券は、1000円分(2種)と2000円分(3種)が発売されていた。バス車内・西武バス川越営業所・東武バス川越営業事務所にて販売。2015年3月現在でも申告の上、差額を現金で支払うなどすれば利用できる。
  • イーグルバスが運行を担当する系統に限り、専用の定期券回数券が車内で発売されていたが、2020年(令和2年)3月14日より交通系ICカードの利用が可能となる[4]ため廃止された。

車いすの乗車について[編集]

  • 車いすで乗降出来ないバス停が決まっているので、予め確認の上で利用のこと。
  • 乗車出来る車いすは、自走用標準型車いすと普通電動車いすである。3輪または4輪スクータータイプについては、安全上の理由により乗車出来ない。
  • 車いすは、ノンステップバスは1台、リフト付きバスは2台まで乗車可能。

現行路線[編集]

主要停留所のみ掲載。2018年4月1日現在。

10系統[編集]

運行事業者:東武バスウエスト

11系統[編集]

運行事業者:イーグルバス

  • 霞ヶ関駅北口 - 小畔水鳥の郷公園 - いせはら団地 - 的場一丁目 - 笠幡駅 - 西後楽会館

20系統[編集]

運行事業者:東武バスウエスト

21系統[編集]

運行事業者:西武バス

  • 川越駅西口 - 旭町一丁目 - 河岸街道 - 広栄町 - 大塚新田 - 武蔵野総合病院(駐車場側) - 南大塚駅北口

22系統[編集]

運行事業者:西武バス

  • 川越駅西口 - 旭町一丁目 - 河岸街道 - 広栄町 - 大東東小 - 武蔵野総合病院(駐車場側) - 南大塚駅北口

23系統[編集]

運行事業者:西武バス

  • 南大塚駅北口 → 武蔵野総合病院(病院側) → 大東市民センター → 卸売市場 → 泉福寺 → 氷川神社 → 武蔵野総合病院(駐車場前) → 南大塚駅北口
  • 南大塚駅北口 → 武蔵野総合病院(病院側) → 氷川神社 → 泉福寺 → 卸売市場 → 大東市民センター → 武蔵野総合病院(駐車場前) → 南大塚駅北口

30系統[編集]

運行事業者:西武バス

  • 総合福祉センター - (→宮下町) - 市役所(大手の手洗処側) - 松江町一丁目 - 川越駅東口 - 烏頭坂 - 岸町三丁目 - 砂新田 - 新河岸駅西口 - 高階分署 - 南文化会館

31系統[編集]

運行事業者:西武バス

  • 総合福祉センター - (→宮下町) - 市役所(大手の手洗処側) - 松江町一丁目 - 川越駅東口 - 烏頭坂 - 不老橋南 - 新河岸駅西口 - 高階分署 - 稲荷町 - 上福岡駅西口

32系統[編集]

運行事業者:西武バス

  • 総合福祉センター - (→宮下町) - 市役所(大手の手洗処側) - 松江町一丁目 - 川越駅東口 - 烏頭坂 - 不老橋南 - 新河岸駅西口

33系統[編集]

運行事業者:西武バス

  • 新河岸駅西口 - 高階分署 - 上福岡駅西口 - 寺尾折り返し場

34系統[編集]

運行事業者:東武バスウエスト

  • 新河岸駅東口 → 岸町中央 → 川越駅東口 → 川越総合高校 → 川越駅東口 → 岸町中央 → 新河岸駅東口

40系統[編集]

運行事業者:東武バスウエスト

41系統[編集]

運行事業者:東武バスウエスト

車両[編集]

参考資料[編集]

  • 市内循環バス「川越シャトル」時刻表・ルート案内 / 平成30年4月1日現在

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 市内循環バス「川越シャトル」時刻表・ルート案内 川越市公式サイト、2018年4月19日、2018年7月21日閲覧。
  2. ^ 「川越シャトル」の見直しについて”. 川越市 (2017年6月30日). 2018年2月10日閲覧。
  3. ^ 川越シャトル 割引制度等について”. 川越市. 2019年12月14日閲覧。
  4. ^ イーグルバス株式会社”. www.new-wing.co.jp. 2020年2月5日閲覧。

外部リンク[編集]