山田明子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はるこ
HARUKO
プロフィール
別名義 山田 明子(出生名)
真木 明子(旧芸名)
生年月日 1974年2月27日
現年齢 43歳
出身地 日本の旗 日本 東京都
血液型 AB型
公称サイズ(2015年時点)
身長 / 体重 158 cm / kg
スリーサイズ 80 - 59 - 83 cm
靴のサイズ 22.5 cm
活動
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 タレント、デザイナー
事務所 スペースクラフト
モデル: テンプレート - カテゴリ

HARUKO(はるこ、1974年2月27日 - )は、日本女性モデルであり、タレントである。

出生名は「山田 明子」(やまだ はるこ)、旧芸名は「真木 明子」(まき はるこ)。所属事務所はスペースクラフト

経歴・人物[編集]

1974年昭和49年)、東京都に生まれる。家族は両親と弟1人[1]。趣味は、サーフィンと自動車の運転。小学校の頃はピアノ、中学・高校時代はフルートを習っていた[2]

短大入学時からモデルとして女性ファッション誌 『JJ(ジェイジェイ)』(光文社)に登場するようになり、小柄であったことから「Sサイズモデル」といわれた[3][4]1997年平成9年)には、女優として、テレビドラマ、『ビーチボーイズ』(フジテレビ)にも出演した。

2003年、俳優の真木蔵人と結婚し名前を「山田明子」から「真木 明子」とする。同年に女児を出産[5]し、家族とともに、千葉県九十九里浜に移住[4]。出産後は雑誌 『VERY(ベリー)』(光文社)や、『SAKURA(サクラ)』(小学館)などに、モデルとしてレギュラー出演している。2010年平成22年)2月、夫が21歳のときに認知した男児、NOAH(ノア、16歳)の芸能界デビューが発表された[6]

2012年8月1日、真木と離婚したのを機に「HARUKO」と改名[5]。現在はモデル業の他、ファッションブランド「Richie Witchie」(リッチー・ウィッチー)を立ち上げ、デザイナーとしても活動している[7]

『テッパン男塾』などで知られる作家・檀れみは短大(桐朋学園芸術短期大学[1][8])の同級生[9]

著作[編集]

  • 『モデル・真木明子の海風ビューティ・ライフ』 (ワニブックス、2008年10月)

脚注[編集]

  1. ^ a b 真木[2008-10],p96
  2. ^ 真木[2008-10],p97
  3. ^ 真木[2008-10],p100
  4. ^ a b 書籍紹介 『モデル・真木明子の海風ビューティ・ライフ 』 株式会社トーハン
  5. ^ a b “真木蔵人がモデルの妻と離婚 元妻はHARUKO名義で活動へ”. ORICON STYLE. オリコン. (2012年8月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2015107/full/ 2014年12月8日閲覧。 
  6. ^ “真木蔵人長男NOAHが芸能界デビュー”. 日刊スポーツ. (2010年2月17日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20100217-596850.html 2014年12月8日閲覧。 
  7. ^ “モデル兼デザイナーHARUKO、「前向きに ナチュラルに 私らしく」”. モデルプレス. ネットネイティブ. (2012年10月24日). http://mdpr.jp/interview/detail/1207153 2014年12月8日閲覧。 
  8. ^ 檀れみ (2006年9月1日). ““イイ女”の生き方”. 銀座、イイ女入門. 幻冬舎. 2015年10月29日閲覧。
  9. ^ 檀れみ”. HARUKOオフィシャルブログ. アメーバブログ (2008年2月8日). 2014年12月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 真木明子 『モデル・真木明子の海風ビューティ・ライフ』 ワニブックス(原著2008年10月30日)、初版(日本語)。ISBN 978-4-8470-1804-6

外部リンク[編集]