山本真央 (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本 真央
別名 Mao
生誕 (1990-01-29) 1990年1月29日(28歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル ハードロック
パワー・ポップ
ヘヴィメタル
プログレッシブ・メタル
メロディックスピードメタル
職業 キーボーディスト
作曲家
編曲家
担当楽器 キーボード
活動期間 2005年 -
レーベル キングレコード
(2011 - 2015)
JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
(2016 - )
公式サイト Mao / 山本真央 official website

山本 真央(やまもと まお、1990年1月29日 - )は、東京都出身のキーボディスト作曲家編曲家である。血液型はO型[1]。2005年からLIGHT BRINGERでキーボードを担当する。現在、作編曲家兼キーボードプレイヤーとして活動し、劇伴やゲーム音楽などの作曲アレンジ、様々なアーティストのレコーディングやライブサポートを行っている。

来歴[編集]

  • 1990年1月29日 東京生まれ。幼少期よりピアノを始める。
  • 2005年よりロックバンド LIGHT BRINGER でキーボードを担当する。
  • 2011年 大学在学中にキングレコード NEXUSレーベル からメジャーデビュー。 メジャー1stアルバム『genesis』は、オリコン初登場デイリーチャート16位にチャートイン。 その後シングル2枚、アルバム3枚をリリース。
  • 2012年 国立音楽大学卒業。
  • 2014年11月 長年活動を続けたLIGHT BRINGERは、無期限活動休止を宣言した。 その後、ライブサポートや作曲家としての活動を行っている。
  • 2016年よりFukiのソロプロジェクトFuki Communeでは楽曲提供を行っている。

音楽性[編集]

  • ピアノを使ったアレンジを得意とし、ロック、コンテンポラリー両方のセンスを活かした作品に定評がある。[2]
  • 中学、高校時代は吹奏楽部に入部し、トロンボーンや鍵盤を担当していた。
  • 大学時代は国立音楽大学の音楽文化デザイン学科に在籍し、楽器のみならずコンピュータや映像を取り入れた作品を創作するなど、新たな音楽の表現を追求をする。
  • 吹奏楽作品も手がけており、朝日作曲賞では最終選考まで残った経験がある。[3]
  • テクニカルなリードソロやピアノのプレイが多く、LIGHT BRINGERのサウンド面においても重要な存在であった。[4]
  • LIGHT BRINGER時代の作曲手法は、それぞれのパートにメンバーのアイディアを入れて作曲するアプローチをしていた。[5]

人物・エピソード[編集]

  • 中学生の時から部活の先輩でもある影山瑛一(Kage)とドラムとキーボードだけのライブを行っており、偶然そのライブ会場に来ていたFukiに誘われ、LIGHT BRINGERの母体となるバンドに加入した。[6] 2人でSEX MACHINEGUNSのカバーなどを演奏しているのを見て声をかけたという。
  • 2015年BURRN!4月号 読者投稿ランキング/キーボード部門にて5位にランクインする。[7]

作品[編集]

テレビ[編集]

放送年 番組名 担当
2010年 日本テレビ左目探偵EYE」 第4話 第4話、作中曲「Sharp Bone」を提供
ドラマ中の演奏でもキーボードにて参加をしている。
2014年 TVアニメ 「シドニアの騎士 挿入曲とオリジナルサウンドトラックのレコーディングに参加。
トランスクリプションを担当。
2014年 テレビ朝日モーニングバード とりたま」のコーナーBGMを作曲。
2016年 TVアニメ「怪盗ジョーカー シーズン3 ED主題歌「輝く夜へようこそ!」作曲
2017年 TVアニメ「アトム ザ・ビギニング 挿入曲レコーディング

バンド・アーティスト[編集]

年月 バンド・アーティスト タイトル 担当
2014年4月9日 Gacharic Spin アルバム「WINNER」より「もし世界を敵にまわしても 作曲
2014年8月20日 Mary's Blood アルバム「Countdown to Evolution」より「Black ★ Cat レコーディング
2015年8月12日 Nozomu Wakai's DESTINIA アルバム「Anecdote of the Queens レコーディング
2015年8月26日 Zwei アルバム「NEO MASQUE」より「DEVLARATION」「H-A-R-D-E-R レコーディング
2016年6月22日 Fuki Commune アルバム「Welcome!」より
Welcome to my dream -Instrumental-
月が満ちる前に
輝く夜へようこそ!
I'll never let you down!
僕が生きる世界
青い季節に
Liberator
未来
Sail on my love
作曲、編曲、レコーディング
2016年3月22日 Fuki シングル 「ログアウトしないで!」より

Start Dash

作曲、レコーディング
2017年10月25日 LOVEBITES アルバム「AWAKENING FROM ABYSS」より
The Hammer Of Wrath
Burden Of Time
The Apocalypse
Don't Bite The Dust
Edge Of The World
作曲、編曲、レコーディング

ゲーム[編集]

ゲームタイトル タイトル 担当
イケメンシリーズ「イケメン革命 アリスと恋の魔法 主題歌「月が満ちる前に 作曲
Liber_7 永劫の終りを待つ君へ 主題歌 「Liberator 作曲


舞台[編集]

上演作品 劇団名 担当 上演期間
陽炎 劇団アルファー 音楽 2012年8月2日~8月6日
雨情・慕情 下総のお吉 劇団「座・劇列車」 音楽 2013年2月2日
日本三文オペラ 劇団アルファー 音楽 2013年4月6日~4月9日
舞台版『天誅』 企画演劇集団ボクラ団義 プロモーションユニット「天誅娘☆てんむす」楽曲アレンジ 2014年5月7日 ~5月11日
ベニクラゲマン 実験都市マーベラスの逆襲 X-QUEST レコーディング 2014年6月11日〜6月22日
紅蓮、ふたたび 企画演劇集団ボクラ団義 レコーディング 2014年8月10日〜8月19日
ブンナよ、木からおりてこい 劇団「座・劇列車」 音楽 2014年12月14日
櫻の國の傳説 劇団アルファー 音楽 2015年4月1日~4月5日
南の島に雪が降る 劇団アルファー 音楽 2015年8月12日~8月16日
-2011・3・11- ふるさとは今もかわらず 劇団アルファー 音楽 2016年3月31日~4月3日
G-boys & B-girls 劇団アルファー 音楽 2016年8月24日~8月28日
ノンセクトラジカル1970そして 劇団アルファー 音楽 2017年3月22日~3月26日

ライブサポート[編集]

  • 2010年 『さかもとえいぞう -METAL ANIMATION 2-』 にサポートメンバーとして出演。
    さかもと えいぞう(Vo)/ masa(Dr)/ Hibiki(Ba)/ 中村天佑(Gt)/ Mao(Key)
  • 2012年 PRETTY MAIDS 東京来日公演オープニングアクトに ARK STORMYUHKI の代役として出演。
  • 2014年より作曲家 朝倉紀行 プロデュースによる 柏野昌俊 のサポートメンバーとして活動。
  • 2014年 小野友樹 のライブイベント 『1st LIVE〜三十路へのプレリュード〜』 にミソプレバンドとして出演。
  • 2015年 『u-ya asaoka 11th ALBUM 「Show must go on」 TOUR 2015』にツアーメンバーとして出演。  
  • 2016年 『RISING MOON TOUR2016』 に RISING MOON BAND のメンバーとして出演。
    瀧田イサム(Bs)/ 長井"VAL"一郎(Dr)/ YU-ICHI(Gt)/ Mao(Key)
  • 2016年 ISAO率いるSpark7に出演。
    ISAO(Gt)/ SIN(Gt)/ Mao(Key)/ 坂本尭之(Ba)/ YUKI(Dr)
  • 2016年10月7日 田口囁一(漫画家・作曲家)を中心としたバンド「感傷ベクトル」のサポートキーボードとしてライブ出演。
  • 2016年11月19日 Fuki Communeのサポートキーボードとして、マレーシアで行われた「J POP Signature IN KL 2016」に出演
  • 2016年11月25日~27日Fuki Communeのサポートキーボードとして、イギリスで行われた「HYPER JAPAN Christmas Market2016」に出演

関連書籍[編集]

  • キーボード・マガジン 2015年4月号 SPRING ディスクレビュー掲載
  • キーボード・マガジン 2015年1月号 WINTER キーボード・マガジン注目プレイヤー 推し鍵で紹介された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ LIGHT BRINGER OFFICIAL SITE/Profile より
  2. ^ Mao / 山本真央 official website/Profile より
  3. ^ Facebook 2015.11.29 より
  4. ^ LIGHT BRINGER(ライトブリンガー)[#017] - 音龍門 より
  5. ^ BARKS JAPAN MUSIC NETWORK 2014-10-31 [【インタビュー】ライトブリンガー、単なるメロスピにとどまらないプログレッシブ感が満載の新作『monument』] より
  6. ^ TANK! the WEB 2012-09-24 [LIGHT BRINGER インタビューUP!] より
  7. ^ 2015年3月5日発売 BURRN!2015年4月号 より

外部リンク[編集]