山形県立米沢女子短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山形県立米沢女子短期大学
Yonezawa women's junior college.JPG
正門付近
大学設置/創立 1952年
学校種別 公立
設置者 山形県公立大学法人
本部所在地 山形県米沢市通町6-15-1
北緯37度53分26.62秒 東経140度7分24.24秒 / 北緯37.8907278度 東経140.1234000度 / 37.8907278; 140.1234000座標: 北緯37度53分26.62秒 東経140度7分24.24秒 / 北緯37.8907278度 東経140.1234000度 / 37.8907278; 140.1234000
学部 国語国文学科
英語英文学科
日本史学科
社会情報学科
ウェブサイト 山形県立米沢女子短期大学公式サイト
テンプレートを表示

山形県立米沢女子短期大学(やまがたけんりつよねざわじょしたんきだいがく、英語: Yonezawa women's junior college)は、山形県米沢市通町6-15-1に本部を置く日本公立大学である。1952年に設置された。大学の略称は米短(よねたん)。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 山形県立米沢女子短期大学は、山形県米沢市にある日本公立短期大学。4学科体制と全国の短大でも数少ない総合短大となっている。卒業後4年制大学へ編入する者も多く、その多くが国公立大学に進む。平成26年度より健康栄養学科が4年制の学部に改組する形で山形県立米沢栄養大学が開学し、同学科の学生募集が停止した。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 山形県立米沢女子短期大学のアドミッションポリシー[1]
    • 好奇心に富み、自ら課題を発見して、主体的に問題解決に取り組む意欲があること。
    • 専門分野において、基礎的な勉学を着実に積み重ねる努力を厭わず、かつ幅広い教養にも関心をもち、柔軟な発想ができること。

教育および研究[編集]

  • 山形県立米沢女子短期大学には全国の短大でも類のない「有職故実」と称した科目が国語国文学科にて設置されている。ほか、全学科の学生を対象とした海外語学研修制度がある。また日本史学科を置いている唯一の公立短期大学である。

学風および特色[編集]

  • 山形県立米沢女子短期大学は山形大学工学部との交流が盛んであり、学園祭や一部のクラブ活動団体において両者合同で活動している。
  • また全国でも珍しく国語国文学科および日本史学科が設置されているため県外からの入学者が多く、東北全県はもちろんのこと北海道から九州まで全国から学生が集まっている。そのため一人暮らしの学生が多く、学生同士の結びつきが強い。
  • 学問のみならず就職・編入の相談や志願書・小論文の添削など、懇切丁寧に指導することが、少人数教育を掲げる大学の指導方針でもある

沿革[編集]

  • 1952年 - 米沢市丸内2丁目にて米沢女子短期大学(よねざわじょしたんきだいがく)として開学。当初は家政科と別科家政専修が設けられていた。
  • 1956年 - 国語科を増設。
  • 1963年 - 設置主体を米沢市から山形県に移管される。
  • 1970年 - 山形県立米沢女子短期大学と改称。
    • 同年、学科名の変更が行なわれる。
    • 家政科→家政学科
    • 国語科→国語国文学科
  • 1972年 - キャンパスを同市通町6丁目移転。
  • 1976年 - 家政学科の専攻分離が行なわれる。
    • 家政専攻
    • 食物専攻
  • 1984年 - 学科の新設が行なわれる。
    • 英語英文学科
    • 日本史学科
  • 1994年 - 家政学科に替わって社会情報学科が新設される。家政学科食物専攻を健康栄養学科に改組。
  • 2014年 - 山形県立米沢栄養大学の開設により、健康栄養学科募集停止。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 山形県米沢市通町6-15-1

交通アクセス[編集]

  • JR奥羽本線山形新幹線米坂線米沢下車。
  • 米坂線において、米沢と新潟を直通で結ぶ快速べにばな号が1往復設定されている。
  • 米沢と仙台間に、JRバス東北と山交バスの共同により1日6往復高速バスが運行されている。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 国語国文学科
  • 英語英文学科
  • 日本史学科
  • 社会情報学科
過去にあった学科
  • 家政学科
    • 家政専攻:募集は1993年度まで
    • 食物栄養専攻
  • 健康栄養学科:募集は2013年度まで→山形県立米沢栄養大学健康栄養学部健康栄養学科へ

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • かつて被服専修が設けられていた(1976年廃止)

取得資格[編集]

資格
  • 栄養士:かつての健康栄養学科に設置されていた
  • 司書教諭
    • 国語国文学科
    • 英語英文学科
    • 日本史学科
  • 司書
    • 国語国文学科
    • 英語英文学科
    • 日本史学科
    • 社会情報学科
  • 学芸員補:日本史学科
教職課程

研究[編集]

  • 生活文化に関する調査・総合研究:「紅花のルーツを探る」・「庄内地方の方言」・「山形県の食文化の歴史」などの研究がある。
  • 調査研究資料の刊行:『生活文化研究所報告書』としてまとめられている。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 山形県立米沢女子短期大学の学園祭は「吾妻祭」と呼ばれ毎年、概ね10月中旬に行われる。山形大学工学部学生と合同で行なわれるのが特徴である。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 山形県立米沢女子短期大学の同窓会は「さわらび会」と称する。初めの卒業生が出た年の1954年に発足しているが、1962年に命名された。現在、10,000人を越える会員がいる。

大学関係者一覧[編集]

著名なOG(研究者・作家)[編集]

  • 水野麗(1995年国語国文学科卒、秋田工業高等専門学校人文科学系講師を務めた。日本近代文学、ジェンダー論専攻)
  • 鈴木由紀子(作家 家政学科卒)

施設[編集]

キャンパス[編集]

附属機関[編集]

  • 附属図書館:蔵書数はおよそ95,000冊となっている。
  • 50周年記念資料室:短大創立50周年を記念して設立された。常設展示では年表や過去の教材・研究成果や開学当時における女子学生の制服などが展示されている。また年数回特別展示も開催されている。
  • 生活文化研究所:1953年設置。地域社会の生活文化の向上をはかることを目的に設置された。年一回、紀要『山形県立米沢女子短期大学附属生活文化研究所報告』を刊行している。

関係校[編集]

卒業後の進路[編集]

就職実績[編集]

編入学・進学実績[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2008年度入学案内パンフレットの冒頭にある文章を引用した。
  2. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内

関連項目[編集]

公式サイト[編集]