安田幹太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安田 幹太(やすだ みきた、1900年1月2日 - 1987年5月16日)は、日本の法学者九州国際大学(元・八幡大学)名誉学長法学博士近代民法学の研究、及び新制八幡大学の再建と発展に尽力した。大分県西国郡草地村(のち豊後高田市)出身。

略歴[編集]

人物[編集]

  • 旧制第五高等学校時代には旧友細川隆元と同期であった。
  • 東大時代には末弘厳太郎教授に師事し民法を専攻。末弘教授らが設立した日本最初の無料法律相談所"東大セツルメント"に参画した。八幡大学に於いても一般市民への奉仕を目的とした法律相談部(1953年2月)の設立に助力し中核となった。
  • 1947年第1回国会にて安田は民法第733条について違憲性を指摘した。その後合憲の判例があるも今日まで論議を呼んでいる。
  • 1954年に起こった学内紛争(当時の学長と一部教授陣との人事確執)後の学園危機を、学長に就任したばかりの安田はその人脈を活かし財政を立て直し、又様々な機構改革によって内部強化策を打ち出し大学本体を軌道に乗せ再建した。

主要著書等[編集]

  • 『米国少年裁判(司法研究報告書58号)訳』(司法省、1924年) 
  • 『民法雑考・借地借家法原理』(九州大学出版会、1963年)
  • 『随筆 弁護士の弁外』(八幡大学社会文化研究所、1970年)
  • 『民法論文集 上・下』(八幡大学社会文化研究所、1970年)
  • 『賃借権の本質』(八幡大学社会文化研究所、1973年)
  • 『独立独歩 私の歩んだ道』(八幡大学、1981年)
  • 『安田民法学 法学博士安田幹太理事長退任記念論文集』(八幡大学社会文化研究所、1984年)

参考文献[編集]

  • 『八幡大学新聞』16号 (1953年5月10日発行)
  • 『九州国際大学五十史』 (学校法人九州国際大学、1997年)