阿部未喜男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阿部 未喜男
あべ みきお
生年月日 1919年(大正8年)12月2日
出生地 大分県杵築町(現・杵築市
没年月日 (2005-12-07) 2005年12月7日(86歳没)
死没地 大分県別府市
所属政党 日本社会党

選挙区 旧大分2区
当選回数 7回
在任期間 1969年 - 1993年
テンプレートを表示

阿部 未喜男(あべ みきお、1919年(大正8年)12月2日 - 2005年(平成17年)12月7日)は、日本政治家

日本社会党衆議院議員(7期)を務めた。

来歴・人物[編集]

大分県杵築町(現在の杵築市)出身。

1969年(昭和44年)の総選挙で旧大分県第2区から日本社会党公認で立候補し初当選。以来当選7回。

土井たか子横路孝弘と同期である。社会党右派グループ「水曜会」の代表を務めた。1993年(平成5年)、横光克彦地盤を譲り引退[1]。引退後は横光の後援会会長を務めていた。

2005年(平成17年)12月7日肝炎のため大分県別府市の病院で死去。享年86。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ その後民主党に入党