安富正文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安富 正文(やすとみ まさふみ、1948年2月24日[1] - )は、日本国土交通官僚。元国土交通事務次官東京地下鉄会長。フリーゲージトレイン実用化、観光庁創設などに尽力した。退官後、明治日本の産業革命遺産世界遺産登録にも関わった。長崎県長崎市出身。

経歴・業績[編集]

生い立ち[編集]

1948年長崎県長崎市生まれ[2]長崎県立長崎東高等学校を経て、1970年東京大学法学部卒業後、運輸省に入省[2]

運輸・国交官僚として[編集]

内閣官房内閣参事官、運輸省航空局次長などを経て、1999年鉄道局長就任[1]フリーゲージトレインの実用化に向けた実験を進める方針を示し、新下関駅構内に試験場を設置した[3]2001年からは国土交通省海事局長を務め、小笠原航路へのテクノスーパーライナー導入計画を進めたが、東京都との協議が難航し、実現しなかった[4]。その後、2002年国土交通省大臣官房長、2004年国土交通審議官を経て、2006年国土交通事務次官就任[1]。これまで国交省の事務次官人事は建設省出身技官、同事務官、運輸省出身者で一巡するとみられていため、前々任の岩村敬(運輸)、前任の佐藤信秋(建設技官)に続き、運輸省出身である安富が次官に就任したことは省内で波紋を呼んだ[5]

審議官・事務次官在任中は以下のような取り組みを行った。

また、2007年1月に国交省の元職員による官製談合問題が発覚したことを受け、入札談合防止対策検討委員長を務め調査を進めた[9]。同年6月には監督責任を問われ訓告処分を受けた[10]。同年7月に事務次官を退き、同省顧問に就任した[11]

退官後[編集]

2007年10月、港湾近代化促進協議会長に就任[12]。同在任中、都市経済研究家の加藤康子から産業遺産世界遺産登録に関して相談を受け、稼働遺産の保全について林田博(当時:国交省港湾局長)と三者で協議した[11]。その結果、文化庁とは異なる枠組みで登録を目指す必要があると判断し、和泉洋人(当時:内閣官房地域活性化統合事務局長)に協力を請うたところ、内閣官房内に担当部局が設置されることとなり、一連の取り組みが前進した[11]

一国が世界遺産に推薦できるのは一年に一件であるが、2013年の政府推薦に関しては長崎の教会群とキリスト教関連遺産も検討されており、出身地である長崎に関連する2案件が競合する形となった[11]。結局は明治日本の産業革命遺産が推薦される結果となり、2015年には明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業として世界遺産登録を果たした[11]

また、2009年東京地下鉄顧問となり、副社長を経て、現在は会長を務めている[12]

年譜[編集]

人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『全国官公界名鑑 1993年』(同盟通信社、1993年)[や] 11頁。
  2. ^ a b c d 【ふるさとを語ろう】東京地下鉄会長・安富正文さん 長崎”. 産経ニュース (2016年12月3日). 2016年12月3日閲覧。
  3. ^ 「森田一運輸相がお国入り「フリーゲージトレイン、早く導入を」」『毎日新聞』2000年8月26日付朝刊、香川面。
  4. ^ 浮かばれぬ海の新幹線 建造費115億…使われず1年3カ月”. 産経ニュース (2007年1月11日). 2016年12月3日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ 「暗黙の申し合わせ」覆した国土交通省の次官人事”. FACTAオンライン. 2016年12月3日閲覧。
  6. ^ a b c インタビュー 安富正文・国土交通事務次官にきく”. 日本土木工業協会. 2015年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  7. ^ a b 『医薬経済 1381号』(医薬経済社、2010年)
  8. ^ 「JR4社:国交省、支援継続 経営、依然厳しく-来年度」『毎日新聞』2006年8月8日付東京版朝刊、10頁。
  9. ^ 「天下り構造、連綿と 元課長補佐、中部でも調整役 国交省官製談合認定」『朝日新聞』2007年1月18日付名古屋版朝刊、27頁。
  10. ^ 「「違法行為、官が助長」 国交省8人処分 水門談合報告書」『朝日新聞』2007年6月16日付東京版朝刊、35頁。
  11. ^ a b c d e 日本の「ものづくり」「産業」の原点を伝える「明治日本の産業革命遺産」”. 明治日本の産業革命遺産. 2016年12月3日閲覧。
  12. ^ a b 退職公務員の状況について”. 東京地下鉄 (2016年10月1日). 2016年12月3日閲覧。
  13. ^ 社長の本棚 【東京地下鉄株式会社】安富正文会長”. 日刊ゲンダイ (2016年11月4日). 2016年12月3日閲覧。

関連項目[編集]

先代:
佐藤信秋
日本の旗 国土交通事務次官
2006年 - 2007年
次代:
峰久幸義