佐藤直良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 直良(さとう なおよし[1]1952年9月15日[1] - )は、日本官僚国土交通省河川局長、技監国土交通事務次官を歴任。退官後先端建設技術センター理事長。

人物・経歴[編集]

神奈川県横浜市出身。聖光学院中学校・高等学校を経て[2]、1975年東京工業大学工学部土木工学科卒業、1977年3月東京工業大学大学院理工学研究科土木工学専攻修士課程修了[1]、同年4月建設省入省[1]関東地方整備局荒川上流工事事務所長四国地方整備局河川部長等を歴任。

1987年建設省大臣官房技術調査官、1994年建設省河川局計画課河川計画専門官、2002年独立行政法人水資源機構経営企画部部長。

2005年に国土交通省大臣官房技術調査課長、2006年に国土交通省大臣官房技術審議官、2008年に国土交通省中部地方整備局長。

2009年に国土交通省河川局長に就任。2010年土木学会理事京都大学経営管理大学院国土マネジメント客員講座客員教授も務めた。

2011年から、国土交通省で技監を務め、2012年に国土交通事務次官に就任した。

2013年に佐藤は次官を退任し、後任には国土交通審議官増田優一が昇格した[3]。同年国土交通省顧問及び日本大学客員教授に就任。2014年に退官し、一般財団法人日本建設情報総合センター顧問に就任。2017年6月13日先端建設技術センター理事長に就任[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 平成22年度 新理事及び新監事候補者 土木学会
  2. ^ 新霞が関人脈 私立の聖光学院と栄光学園から多数輩出 神奈川県(上) 現代ビジネス
  3. ^ 国交次官に増田氏 時事ドットコム
  4. ^ 「先端建設技術センター/理事長に元国交省次官・佐藤直良氏就任」日刊建設工業新聞 2017年06月13日(火)22時00分配信


先代:
宿利正史
国土交通事務次官
2012年 - 2013年
次代:
増田優一