山田邦博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 日本の官僚
山田 邦博
やまだ くにひろ
生年月日 (1958-07-10) 1958年7月10日(62歳)
出生地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
出身校 東京大学大学院工学系研究科土木工学専攻

在任期間 2019年7月9日 - 現職

在任期間 2018年7月31日 - 2019年7月9日

在任期間 2016年6月21日 - 2018年7月31日

在任期間 2015年7月31日 - 2016年6月21日
テンプレートを表示

山田 邦博(やまだ くにひろ、1958年昭和33年〉7月10日[1] - )は、日本建設国土交通技官

経歴[編集]

愛知県名古屋市出身[1][2]愛知県立旭丘高等学校を経て[2]1984年3月に東京大学大学院工学系研究科土木工学専攻を卒業[1]。国家公務員採用上級甲種試験(土木)に合格して、1984年4月に建設省に入省[1]

主に河川畑を歩み、2015年7月31日から国土交通省近畿地方整備局長、2016年6月21日から国土交通省水管理・国土保全局長、2018年7月31日から内閣官房内閣審議官(内閣官房副長官補付)・国土強靭化推進室次長を務め、2019年7月9日に技監に就任。

年表[編集]

基本的な出典[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e "山田邦博 国土交通省水管理・国土保全局長の略歴書(平成30年7月24日現在)" (PDF). 山中理司. 2020年9月20日閲覧
  2. ^ a b "毎日フォーラム・霞が関ふるさと記愛知県(中)". 毎日新聞. 2020年9月21日閲覧
  3. ^ "国交省人事異動(第66号)平成26年7月8日付" (PDF). 国土交通省. 2020年9月17日閲覧
  4. ^ "国交省人事異動(第76号)平成27年7月31日付" (PDF). 国土交通省. 2020年9月17日閲覧
  5. ^ "国交省人事異動(第51号)平成28年6月21日付" (PDF). 国土交通省. 2020年9月17日閲覧
  6. ^ "国交省人事異動(第78号)平成30年7月31日付" (PDF). 国土交通省. 2020年9月17日閲覧
  7. ^ "内閣官房国土強靱化推進室・山田邦博次長が就任会見". 日刊建設工業新聞. 2020年9月17日閲覧
  8. ^ "国交省人事異動(第65号)令和元年7月9日付" (PDF). 国土交通省. 2020年9月17日閲覧
官職
先代:
菊地身智雄
日本の旗 技監
2019年 -
次代:
現職
先代:
金尾健司
日本の旗 国土交通省水管理・国土保全局
2016年 - 2018年
次代:
塚原浩一
先代:
森昌文
日本の旗 国土交通省近畿地方整備局
2015年 - 2016年
次代:
池田豊人