大森昭男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大森 昭男
生誕 1936年????
死没 2018年3月??
職業 音楽プロデューサー、音楽出版社代表
事務所 ON・アソシエイツ音楽出版
共同作業者 杉山登志
大滝詠一
結城臣雄
糸井重里

大森 昭男(おおもり あきお、1936年 - 2018年3月)は、日本のCM音楽プロデューサーである。三木鶏郎門下[1]。元妻は由紀さおり

略歴[編集]

1960年、三木鶏郎設立の作家集団「冗談工房」に所属する。

1964年、同門の桜井順と「ブレーンJACK」を設立し[1]、映像ディレクターの杉山登志資生堂のCM制作をするなど活躍の場を広げていく。

1969年に歌手の由紀さおりと結婚。(のちに離婚)

1972年、ON・アソシエイツ音楽出版を設立する[2]。同年秋、ユイ音楽工房牧村憲一から三ツ矢サイダーのCM音楽に大瀧詠一を推薦される[3]。以降、大瀧と共同で数多くの作品を手がける。

2013年頃から闘病の末[4]、2018年3月に死去[5]

主なプロデュースしたCM楽曲[編集]

1973年〜1975年・1977年・1983年、大瀧詠一(作曲・歌)※多羅尾伴内名義
1976年、山下達郎(作曲・歌)
1984年・1985年、大貫妙子(作詞・作曲・歌)、編曲:坂本龍一伊藤銀次[6]

スーパーバイザー[編集]

CD[編集]

  • 『ONアソシエイツ CM WORKS~オレンジ村から春へ』2010年(選曲)
  • 上條恒彦『お母さんの写真』2003年(プロデュース)[9]

脚注[編集]