吉松育美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
よしまつ いくみ
吉松 育美
Ikumi Yoshimatsu.jpeg
吉松 育美
プロフィール
生年月日 1987年6月21日
現年齢 29歳
出身地 日本の旗 日本佐賀県鳥栖市[1]
血液型 O型
瞳の色 Brown
毛髪の色 Black
公称サイズ(2012年[2]時点)
身長 / 体重 171 cm / kg
スリーサイズ 88 - 61 - 90 cm
靴のサイズ 24.5 cm
活動
ジャンル オピニオンリーダー、活動家
モデル内容 一般
他の活動 作家、女優
事務所 IYグローバル
その他の記録
2012年ミス・インターナショナル世界大会 優勝
モデル: テンプレート - カテゴリ

吉松 育美(よしまつ いくみ、1987年6月21日[1] - )は、佐賀県鳥栖市出身[1]日本のオピニオンリーダー、作家、女優、活動家である。ミス・インターナショナル2012年グランプリ[3]。IYグローバル合同会社(個人事務所)所属。

人物[編集]

聖心女子大学卒業[4]。 実父・幸宏氏は陸上競技選手として400ハードルで第64回日本陸上競技選手権大会に優勝[5]モスクワオリンピック陸上競技日本代表[6]であった(日本がボイコットしたため出場出来なかった)。 自らも小中時代はバレーボールで活躍[6]佐賀県立鳥栖高等学校時代に佐賀県高校総体女子100mハードルで優勝[7]するなど、アスリートとしての一面を持っている。2012年には東京マラソンでフルマラソンにも挑戦した。大学時代からミス・インターナショナルを目指していた[8]

2012年「ミス・インターナショナル日本代表」に選出され、沖縄県で行われた「ミス・インターナショナル世界大会」に出場する。このコンクールにて日本人として史上初となるグランプリを受賞し[9]、ミス・フォトジェニックとあわせて2冠を手にした。その後、吉松は地元の鳥栖市で凱旋パレードを行い約1万2000人(主催者発表)が集まった[10]

2012年10月29日、吉松は勤務先のパソナグループ本社で優勝を報告した[11]

2013年1月、アメリカのバラク・オバマ大統領の2期目の就任式に招待され、同日ジョン・ケリー上院議員とも会話をする機会に恵まれた。

ミス・インターナショナル世界グランプリの任期満了の直前になった2013年12月、脅迫やストーカー行為の被害を受けていたことを自らのブログ記事で告白し[12][13]、外国特派員協会で記者会見を行った[14]。しかし2016年2月、その問題に関して、吉松のブログの先頭に「記事及び発言については自分に非があることを認めます」「名誉を棄損し多大なご迷惑をおかけしましたこと深くお詫び申し上げます」等の謝罪文が掲載された[15]吉松育美 - Facebookでの言及はない)。なおブログの記事中には「私のやったことがどうか無駄になりませんよう、ただただ願うばかりです」との複雑な胸中も吐露された[16]

活動[編集]

ミス・インターナショナルグランプリを通じたイベント、メディアへのゲスト活動が中心[要出典]自身が考案したとされる「学生外交グローバルネットワーク」に力を入れ、世界の子供たちのために活動[要出典]。内閣府が主催する「少子化タスクフォース」の委員にも選ばれた他、2020年オリンピック招致アドバイザーも務めた。

2013年1月1日をもって独立、自身の事務所「IY GLOBAL」を設立し、自身のコピーライト、トレードマークを全て自社で管理している[要出典]

自身が執筆した初の書籍「Making世界一」と写真集「IKUMI YOSHIMATSU HOLLYWOOD DEBUT」を出版、写真集はアメリカ、ロサンゼルスで出版記念イベントを行っている。

出演・取材を受けた番組・出演したイベント[編集]

雑誌[編集]

その他活動[編集]

  • IOC招致委員 内閣総理大臣安倍晋三による公式晩餐会 出席
  • オリンピック招致決起会特別ゲストスピーチ
  • 東京マラソン エキスポ開会式 特別ゲスト
  • 東京マラソン スターター
  • 東京マラソン フレンドシップラン ゲストランナー
  • 内閣府 少子化対策検討会議メンバー
  • 青年会議所(IJC)会頭対談
  • 学生外交グローバルネットワーク(日本、アメリカ)
  • さが桜マラソン ゲストランナー
  • 未来への道1000Kmリレー ゲストランナー(岩手県陸前高田市)
  • スマートフォンアプリ「ゲーム・オブ・ウォー」イメージキャラクター

受賞歴[編集]

  • ミス・ビキニ・インターナショナル2007準優勝(日本代表として)
  • ミス・インターナショナル2012世界大会優勝(日本人初)
  • ミスフォトジェニック賞受賞[3]
  • 2012年佐賀県鳥栖市市民栄誉賞受賞[1]
  • 2012年ベストビューティストアワード 特別賞
  • カンロ受賞 のどオブザイヤー[17]
  • サクラメント(カリフォルニア州州都)から感謝状
  • ロサンゼルスから感謝状

関連書籍[編集]

著書[編集]

PHOTO COLLECTION[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d ミス・インターナショナル2012 吉松育美さんインタビュー 鳥栖市 取材日:平成24年12月1日(土)
  2. ^ ミス日本代表吉松「初GP獲る」 nikkansports.com 2012年10月1日7時12分
  3. ^ a b ◎ミス世界に吉松さん 特別賞も吉松育美さん 2012年10月22日 11:08 共同通信
  4. ^ ミス日本代表は世界一美女の後輩 nikkansports.com 2012年11月4日21時22分
  5. ^ 過去の優勝者・記録 男子400mハードル
  6. ^ a b 朝日新聞 2013年1月1日朝刊第3部 8面
  7. ^ ミス・インターナショナル誕生 郷里に勇気
  8. ^ 吉松育美さんが城北中で講演 2015年11月01日 10時01分 佐賀新聞
  9. ^ “日本代表の吉松さん優勝 ミス・インターナショナル”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2012年10月22日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO47517250S2A021C1CR8000/ 2014年2月27日閲覧。 
  10. ^ 世界一の笑顔凱旋 吉松さん鳥栖でパレード 2012年12月02日更新 佐賀新聞
  11. ^ “ミス・インターナショナル : 吉松育美さんが勤務先に凱旋 優勝を“生報告””. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2012年10月29日). http://mantan-web.jp/2012/10/29/20121029dog00m200033000c.html 2015年11月9日閲覧。 
  12. ^ 心配してくれている皆様へご報告”. 吉松育美オフィシャルブログ (2013年12月11日). 2015年11月9日閲覧。
  13. ^ “ミス・インターナショナル吉松育美 涙の告白 私を襲った“ストーカー男”と“盗撮探偵”【全文公開】”. 週刊文春. 文藝春秋. (2014年2月20日). http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3680 2014年2月26日閲覧。 
  14. ^ 日本外国特派員協会での記者会見 - 日本外国特派員協会公式YouTubeチャンネル、2013年12月16日
  15. ^ 吉松育美オフィシャルブログ「Beauty Healthy Happy」トップページ2016年2月15日閲覧。
  16. ^ 吉松育美オフィシャルブログ「Beauty Healthy Happy」 2016年02月17日(水)Yahoo!ニュース 2016年2月29日閲覧。
  17. ^ 【カンロ】「のどオブザイヤー2012」表彰式を開催 2013年1月31日 ダイヤモンド・フリーマン

参照[編集]

外部リンク[編集]