佐賀県立香楠中学校・鳥栖高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐賀県立香楠中学校・鳥栖高等学校
佐賀県立鳥栖高等学校
過去の名称 鳥栖町外四ヶ村組合立高等女学校
佐賀県立鳥栖高等女学校
国公私立の別 公立学校
設置者 佐賀県の旗佐賀県
校訓 知を愛し 和を敬い 心を培え
空を仰いで湧く清気
設立年月日 1927年
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 41112E
所在地 841-0038
佐賀県鳥栖市古野町600-1
外部リンク 高校公式サイト
中学校公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

佐賀県立香楠中学校・鳥栖高等学校(さがけんりつ こうなんちゅうがっこう・とすこうとうがっこう, Saga Prefectural Konan Junior School and Tosu High School)は、佐賀県鳥栖市古野町にある県立中学校高等学校

概要[編集]

歴史

1927年(昭和2年)に開校した鳥栖高等女学校を前身とし、戦後の学制改革で「佐賀県立鳥栖高等学校」となった。2007年(平成19年)に創立80周年を迎えた。

中学校名の由来

鳥栖高校にある2本のを由来とする。

校訓

「知を愛し 和を敬い 心を培え」(1994年(平成6年)制定)

教育シンボル

「空を仰いで湧く清気」

設置課程・学科
  • 全日制課程・普通科
学級数・定員

中学校の定員は1学年3学級で定員120名。高校は1学年6学級で240名[1]。現在2クラスの特別クラスを設置しており、希望者とテストの成績により編成している。

特別クラス

特進クラスと間違って呼ばれることがあるが、平成1年に鳥栖高校の進学実績を戻すために、導入されたクラス。習熟度のみでなく、生徒の希望を優先させたため、特別クラスという呼称を用いた。1クラスでスタートしたが、徐々に増え平成19年に4クラスまで増えた。現在、中高一貫校となり、6クラス規模の学校になったため、各学年に2クラスの特別クラスを設置している。

沿革[編集]

  • 1927年(昭和2年)- 「鳥栖町外4ヶ村[2]組合立鳥栖高等女学校」として開校。
  • 1929年(昭和4年)- 県に移管され、「佐賀県立鳥栖高等女学校」と改称。
  • 1948年(昭和23年)4月 - 学制改革に伴い、「佐賀県立鳥栖高等学校」(女子校)と改称。
  • 1949年(昭和24年)4月 - 男女共学を実施。
  • 1952年(昭和27年)4月 - 商業科を設置。
  • 1953年(昭和28年)4月 - 家政科を設置。
  • 1971年(昭和46年)4月 - 商業科が分離し、佐賀県立鳥栖商業高等学校となる。
  • 1983年(昭和58年)4月 - 家政科の募集を停止。
  • 1984年(昭和59年)- 体操場が完成。
  • 1990年(平成2年)- 香楠会館(同窓会館)が完成。
  • 1994年(平成6年)- 校訓を制定。
  • 2007年(平成19年)4月 - 中高一貫校として、佐賀県立香楠中学校を併設。中学校体育館が完成。
  • 2011年(平成23年)3月 - 定時制課程募集停止。
  • 2014年(平成26年)3月 - 定時制閉課程。

部活動[編集]

運動部
文化部

著名な卒業生[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 120名は他中学校から募集し、入試を行う。
  2. ^ 基山村・田代村・基里村・旭村

関連項目[編集]

外部リンク[編集]