台北捷運松山線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松山線
Nanjing Fuxing Station Platform 1.JPG
基本情報
路線網 台北捷運
起点 西門駅
終点 松山駅
駅数 8駅
開業 2014年11月15日
運営者 台北捷運公司
路線諸元
路線距離 8.5 km
軌間 1,435 mm
線路数 複線
電化方式 直流750V
最高速度 80 km/h
路線図
Songshan Line.png
テンプレートを表示
松山線
各種表記
繁体字 松山線
簡体字 松山线
拼音 Sōngshān Xiàn
注音符号 ㄙㄨㄥ ㄕㄢ ㄒㄧㄢˋ
発音: ソンシャンシェン
台湾語白話字 Siong san sòaⁿ
日本語漢音読み しょうざんせん
日本語慣用読み まつやません
英文 Songshan Line
テンプレートを表示
松山線南京東路工事現場

松山線(まつやません)は台湾台北市内を東西に横断する台北捷運路線。2014年11月15日に全線が開通した。Taipei Metro Line G.svg松山新店線として、小南門線新店線直通運転している。施工は日本の前田建設[1]奥村組が担当した。

路線データ[編集]

  • 駅数:8(小南門線区間を除く)
  • 軌間:1,435 mm(標準軌)
  • 電気方式:直流 750 V(第三軌条方式)
  • 複線区間:全線
  • 地下区間:全線
  • 走行方向:右側通行

車両[編集]

C371型C381型が、全て6両編成で運行されている。1両の長さが23.5 m、車両幅は3.2 m、一編成の乗車定員は1,914名あるため、列車長は日本のJR在来線通勤型電車のほぼ7両分、乗車定員では12両分以上に相当する。車両基地は直通先の新店線七張駅から小碧潭支線に至る沿線に新店機廠が設けられている。

歴史[編集]

駅一覧[編集]

駅番号 駅名 接続路線・備考 所在地
日本語 繁体字中国語 英語
G19 松山駅 松山站 Songshan 台湾鉄路管理局縦貫線 台北市 松山区
G18 南京三民駅 南京三民站 Nanjing Sanmin  
G17 台北小巨蛋駅 台北小巨蛋站 Taipei Arena  
G16 南京復興駅 南京復興站 Nanjing Fuxing 台北捷運Taipei Metro Line BR.svg 文湖線 (BR11) 松山区
中山区
G15 松江南京駅 松江南京站 Songjiang Nanjing 台北捷運:Taipei Metro Line O.svg 中和新蘆線 (O12) 中山区
G14 中山駅 中山站 Zhongshan 台北捷運:Taipei Metro Line R.svg 淡水信義線 (R11) 中山区
大同区
G13 北門駅 北門站 Beimen 桃園捷運Taoyuan Metro Line Airport.svg機場線 (台北車站:A1) 大同区
G12 西門駅 西門站 Ximen 台北捷運:Taipei Metro Line BL.svg 板南線 (BL11) 中正区
万華区
小南門線経由 新店線 新店駅まで直通運転

脚注[編集]

  1. ^ 前田建設公式サイト > 実績紹介 > Construction REPORT > 台北地下鉄松山線CG590A工区建設工事
  2. ^ (繁体字中国語)興建路線-松山線(規劃現況)”. 捷運工程局. 2007年4月13日閲覧。
  3. ^ (繁体字中国語)一○二年完工 捷運松山線 動土(台灣鐵道網)”. 2007年4月13日閲覧。
  4. ^ (繁体字中国語)台北市政府捷運工程局松山線施工現況” (2013年4月17日). 2013年4月17日閲覧。
  5. ^ (繁体字中国語)捷運松山線通車後 路網回歸原設計 各路線依顏色銜接 旅客省時、省錢、更方便” (2014年4月8日). 2014年4月8日閲覧。
  6. ^ (繁体字中国語)“捷運松山線9月初勘”. 中時電子報. (2014年8月7日). http://www.chinatimes.com/realtimenews/20140807003160-260405 
  7. ^ (繁体字中国語)“10月初勘 捷運松山線趕選前通車”. 自由時報. (2014年9月13日). http://news.ltn.com.tw/news/local/paper/812874 
  8. ^ (繁体字中国語) “趕年底大選前通車? 松山線本週日將初勘”. ETtoday 新聞雲. (2014年9月29日). http://www.ettoday.net/news/20140929/407152.htm 

外部リンク[編集]