台北都市圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台北都市圏
座標: 北緯25度2分 東経121度38分 / 北緯25.033度 東経121.633度 / 25.033; 121.633
国家 中華民国の旗 中華民国
主要都市 台北市
新北市
基隆市
面積
 - 都市圏 2,436.0005km2 (940.5mi2)
人口 (2018年9月)
 都市圏 6,945,185人

台北都市圏(たいぺいとしけん、中国語:臺北都會區、臺北基隆都會區)とは台北市を中心に周囲の新北市基隆市を包括した、台湾最大の都市圏である。

2018年9月現在、台北都市圏の人口は6,945,185人であり、台湾全国の約30%の人口が集中しており、総面積は2,436.0005平方メートルに及ぶ。これは、都市圏としては、世界第44位の規模である[1]

概要[編集]

最も一般的な定義による「台北都市圏」は中枢都市の台北市、基隆市及び、衛星都市の新北市で構成される。

都市 人口
(人、2018年9月)
面積
(km²)
人口密度
新北市(鶯歌区を除く) 3,905,178 2,052.5667 1,903
台北市 2,672,092 271.7997 9,831
基隆市 370,612 132.7589 2,792
台北都市圏 6,945,185 2,436.0005 2,851

台北市、基隆市、桃園市を台北都市圏(中国語: 臺北基隆桃園都會區)とする統計も存在する[2][3]

行政区画[編集]

新北市庁舎

台北都市圏は、台北市全域(12区)、基隆市全域(7区)、および鶯歌区を除く新北市(28区)からなる。

西北部(三蘆、新莊)

人口約127.7万
面積153平方メートル

北部(大屯[陽明山])

人口約78.8万
面積347平方メートル

東部(基隆七星

人口約108.9万
面積756平方メートル

中心(旧台北市)

人口約144.6万
面積67平方メートル

西南部(海山、三峽)

人口約172.3万
面積303平方メートル

南部(文山)

人口約62万
面積638平方メートル

参考文献[編集]

関連項目[編集]