北門駅 (台北市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
北門駅
出口3(2014年11月17日)
出口3(2014年11月17日)
北門
ベイメン
Beimen
G14 中山 (?km)
(?km) 西門 G12
所在地 台湾台北市大同区塔城街10号[1]
駅番号 G13
所属事業者 台北大衆捷運股份有限公司
台北捷運
所属路線 松山新店線
キロ程 ?km(松山起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
21,774人/日
-2016年-
開業年月日 2014年11月15日
テンプレートを表示
北門駅
各種表記
繁体字 北門站
簡体字 北门站
拼音 Běimén Zhàn
注音符号 ㄅㄟˇ ㄇㄣˊ ㄓㄢˋ
発音: ベイメンヂャン
台湾語白話字 pak-mn̂g tsām
日本語漢音読み ほくもんえき
英文 Beimen Station
テンプレートを表示

北門駅(ベイメンえき)は台湾台北市大同区にある、台北捷運松山新店線駅番号は「G13[2]

本項では、かつて当駅付近にあった台湾総督府鉄道淡水線(廃止)の北門駅についても記述する。

駅構造[編集]

改札階(2014年11月18日)
ホーム(2014年11月16日)

ホームは地下3階に位置し、相対式2面2線を有する。フルハイトタイプのホームドアが設置されている。

改札階は地下2階に位置し、改札口や切符売り場、案内所は地下2階にある。

地下1階には歴史遺物展示エリアが設けられている。また、地下1階では台北地下街に直結しており、地下街経由で台北駅まで通り抜けが可能。

のりば[編集]

1 Taipei Metro Line G.svg 松山新店線(上り) 松山方面
2 Taipei Metro Line G.svg 松山新店線(下り) 台電大楼新店方面

駅出口[編集]

  • 出口1:忠孝西路
  • 出口2:塔城街バリアフリー対応エレベータ
  • 出口3:鄭州路バリアフリー対応エレベータ

利用状況[編集]

2017年3月の統計資料によると、北門駅の1日平均利用客数は21,774人[3]で、台北捷運中74位。

乗車人員推移
年度 1日平均乗車人員
2014 6,142
2015 5,868
2016 7,436

駅周辺[編集]

駅名の由来である台北府城北門

当駅は塔城街の下側、忠孝西路中国語版市民大道中国語版の一帯にある。駅名は、付近の台北府城北門から採られた。

バス路線[編集]

路線 運行事業者 区間 備考
9 大都会客運 社子国小中国語版万華
12 大都会客運 東園民生社区中国語版[要曖昧さ回避]
42 指南客運中国語版 大直中国語版-北門
218 大南汽車中国語版 新北投-万華 文林北路経由
218直 大南汽車 新北投-万華 直行承徳路中国語版直行。
午後ラッシュ時のみ運行。
250 光華巴士中国語版 後港里-永和 休日運休
255 首都客運中国語版 双渓台北駅(台北車站) 休日運休
260 大都会客運 陽明山-東園
302 大南汽車 関渡宮-万華
304重慶 中興巴士中国語版 故宮博物院-永和 重慶北路中国語版経由
304承德 中興巴士 故宮博物院-永和 承徳路直行
310 台北客運中国語版 板橋士林
622 三重客運中国語版 泰山捷運中山駅
639 三重客運 樹林-北門 新北市バス中国語版所属
641 三重客運 五股坑中国語版-台北車站
660 指南客運 深坑-円環
704 三重客運 八里-北門 新北市バス所属
756 指南客運 淡江大学-北門
757 指南客運 淡海中国語版-台北
785 三重客運 凌雲寺-北門 新北市バス所属
797 指南客運 五股-市政府 新北市バス所属
798 指南客運 五股-北門 新北市バス所属
892 指南客運 北門-石門 新北市バス所属
893 指南客運 台北-北新荘 新北市バス所属
956 台北客運 板橋-捷運剣南路駅
綠17 首都客運中国語版 東園-大稻程碼頭
藍29 欣欣客運中国語版 東園-中華路北駅 台北市立総合医院中国語版中興院区中国語版経由
1209 三重客運 公西-捷運北門駅 公路客運所属
9102 三重客運、桃園客運中国語版 台北-桃園 公路客運所属

歴史[編集]

台湾総督府鉄道 北門駅[編集]

台湾総督府鉄道 北門駅 (廃止)
総督府鉄道北門乗降場
総督府鉄道北門乗降場
北門乘降場
ほくもん
Hokumon
大稲埕 (0.5km)
(0.3km) 台北
所在地 日本の旗 日本台北州台北市北門町
所属事業者 台湾総督府鉄道
種別 廃駅
所属路線 淡水線廃線
キロ程 0.3km(台北起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式ホーム1面1線
開業年月日 1916年8月17日
廃止年月日 1923年3月6日
テンプレートを表示

1916年8月17日に台鉄淡水線大稲埕に代わる旅客始発駅として開業。単式ホーム1面1線の地上駅であった。1923年3月6日台北駅始発化に伴い廃止された。

跡地にはゲートオブ台北西棟が建設中である。

隣の駅[編集]

台北捷運
Taipei Metro Line G.svg 松山新店線
中山駅 (G14) - 北門駅 (G13) - 西門駅 (G12)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公示資料查詢(財政部稅務入口網)
  2. ^ “臺北捷運車站站名增加編號作業 已完成初步設計 近期報請市府核定 預計明年8月前全面更新” (中国語) (プレスリリース), 台北捷運, (2016年4月11日), オリジナル2016年4月11日時点によるアーカイブ。, http://www.metro.taipei/ct.asp?xItem=174103819&ctNode=70050&mp=122035 2016年4月11日閲覧。 
  3. ^ 17 臺北捷運各站旅運量”. 臺北市政府交通局 首頁 > 業務資訊 > 統計資訊 > 交通統計月報 > 當期交通統計月報. 臺北市政府交通局 (2016年11月). 2016年12月17日閲覧。
  4. ^ 戴雅真,《捷運松山線 103年底通車》,中央社,2013年10月23日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]