悠遊カード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
悠遊カード
EasyCard Color Sample.svg
悠遊カードの自由利用版本,元よりのマークは公式ウェブサイトを参照
各種表記
繁体字 悠遊卡
拼音 Yōuyóukǎ
通用拼音 Yōuyóukǎ
注音符号 ㄧㄡ ㄧㄡˊ ㄎㄚˇ
発音: ヨウヨウカー
台湾語白話字 Iû iû khah
英文 Easy Card
テンプレートを表示

悠遊カード(ゆうゆうカード、中国語: 悠遊卡(ヨウヨウカー))は悠遊卡股份有限公司中国語版が発行する台北捷運,大台北地区(台北市新北市基隆市)、桃園市新竹市新竹県苗栗県、中彰投地区(台中市彰化県南投県)、雲林県宜蘭県連江県嘉義県嘉義市台南市、高屏地区(高雄市屏東県)、金門県花蓮県台東県等の公共バスで利用できる非接触型ICカード乗車券の名称である。

概要[編集]

チャージ専用機(加値機)

センサーはRFID技術(NXPセミコンダクターズ社によるMifare技術)を使用しており、台北捷運、台北市内バス、高速バス、台湾鉄路管理局路線等で利用できる。機能の拡充も図られており、電子マネー機能(2010年4月より)、学生証や職員証の機能や、最近では悠遊連名カードと呼ばれるクレジットカード機能を追加されたものも発行されている。2014年12月2日からは中国信託商業銀行全日本空輸の提携で悠遊カード・クレジットカード・ANAマイレージクラブの機能が搭載された「CBTC ANAカード」の発行も開始された[1]

2007年には基隆交通カードを皮切りに、宜蘭悠遊カード、馬祖悠遊カードとの相互利用が開始された。

また中華民国交通部では、将来的にはすべてのIC乗車券の相互利用を計画している。

悠遊カードには、別表の種類のカードが発行されている。購入方法や使用方法および特典などは、それぞれ異なる。

デポジットはカード返却時にカードの残額と共に返金される。ただしカードの使用回数が5回未満、またはカード購入後満3か月に満たない場合には20元が差し引かれる。日本と異なり、デポジットは残額不足時にデポジット額を上限に自動的に運賃に充当され、次回チャージの際に充当額から優先的に精算される。カードへのチャージは捷運駅構内の加値機と呼ばれる機械で行うことが出来るほか、有人窓口、台北市内にあるセブン-イレブンなどのコンビニエンスストアなどでも可能である。 普通カードについて、払戻可能なデポジット型は2016年8月以降の新規発行を停止し、買い切り型へ切り替えとなる[2]。 敬老カード、愛心(障害者)カードは、有効期限が6ヶ月となっており、そのたびに捷運駅の有人窓口やカードを販売するコンビニエンスストアなどで更新手続きを取る必要がある。 近年はモバイルSuicaのようなNFCを用いたスマートフォン型(SIMカードにチップがある)や腕時計型も発売されるようになっている。 統聯客運など一部高速バス(国道客運)で利用する際は、市内バスと同様に車内の端末にタッチして直接乗車する場合と、窓口で決済端末機にカードをタッチして代金を支払い、発行される購入証明書を持って乗車する場合がある。

種類[編集]

デポジット式(払戻可)
種類 使用条件 発売額 デポジット 割引額 注意
普通 制限なし 100元 100元 捷運乗車料金2割引、乗継料金8元引 自動券売機・悠遊カードカスタマーセンターのみで発売。
2016年8月1日より新規発売停止
学生 学生証を所持していること バス乗車料金2割引、捷運乗車料金2割引、乗継料金6元引 発売停止。2015年10月30日、普通カードに自動転換。
優待 12歳以下の児童、敬老カードに該当しない65歳以上の者、愛心カードに該当しない心身障害者 バス乗車料金5割引、乗継料金はさらに4元引、捷運乗車料金2割引 使用時に証明書等を携帯する必要がある。
敬老 台北市、新北市、新竹市、基隆市、宜蘭県、連江県に在住する65歳以上の者 無料 - バスは毎月60回まで無料(それ以降は5割引、乗継料金はさらに4元引)、捷運乗車料金5割引 同上
愛心 台北市、新北市、新竹市、基隆市、宜蘭県、連江県に在住する心身障害者
愛心陪伴 愛心カードで乗車する者を介添えするために乗車する者 バス、捷運共乗車料金5割引、乗継料金4元引 愛心カードを通過させた直後に改札口を通過しなければならない。
不定期に発売される非デポジット式(払戻不可の買い切り制)
種類 記名式 種類 使用条件 発売額 初回利用可能金額 備考
特製 不可 普通用、学生用(新規発行停止) カードごとに異なる 0(初回使用時に要チャージ)
個性 不可 普通 500元 有名人、有名ブランドとのコラボレーションによる限定版
ミニ 不可 普通 350元 キーホルダー型、ストラップ型など、非カード型
icash悠遊カード 不可 普通 100元 現在は発行停止。セブンイレブンのOPENPOINTへの交換も2015年より停止されている。
HiCard晶片悠遊カード 普通 100元 ハイライフのポイントカードと一体化している
IC(晶片)悠遊カード
種類 記名式 使用条件 発売額 デポジット 割引額 注意
普通 制限なし 100元 0元 捷運乗車料金2割引、乗継料金8元引 発行時の初期使用可能額は0元である。
学生 学生証を所持していること バス乗車料金2割引、捷運乗車料金2割引、乗継料金6元引 使用時学生証を携帯する必要がある。
優待 12歳以下の児童、敬老カードに該当しない65歳以上の者、愛心カードに該当しない心身障害者 バス乗車料金5割引、乗継料金はさらに4元引、捷運乗車料金2割引 使用時に証明書等を携帯する必要がある。

台北捷運各駅窓口、各コンビニエンスストア、悠遊カードカスタマーセンターで発売。

IC(晶片)悠遊カードは、登録することによって記名式カードにすることが可能。

学生カードは、発行後20日以内に登録しないと、自動的に普通カードに転換される。

購入方法[編集]

以下の場所で購入することができる。ただし、学生カードについては台北捷運各駅インフォメーションセンター、台北バスセンター悠遊カードカスタマーセンター、基隆バスセンターのみで購入できる。インターネットでも購入が可能。

台湾(中華民国)全国[編集]

台北市、新北市[編集]

  • 台北駅悠遊カードカスタマーセンター
  • 台北捷運各駅インフォメーションセンターおよび自動販売機
  • ハイライフOK便利店セブン-イレブン(ただし台鉄駅構内店では購入できない)

基隆市[編集]

基隆バスセンター、OK便利店

桃園市[編集]

OK便利店

宜蘭県[編集]

首都客運、葛瑪蘭客運の礁溪停留所、宜蘭駅、羅東駅

連江県(馬祖地区)[編集]

セブン-イレブン(県民は県庁を通じて記名式カードを購入する。セブン-イレブンでは県民以外が使用する普通カードのみの販売)

台中市[編集]

統聯客運中港バスターミナル及び朝馬バスターミナル

払い戻し方法[編集]

捷運各駅のインフォメーションカウンター、悠遊カードサービスカウンターにカードを返却することで払い戻しが受けられる。

払い戻し額は、デポジットとカード残額の合計から、所定の払い戻し手数料が差し引かれた額となる。

払い戻し手数料はカードの使用状況等によって異なり、以下のとおりである。

  • カードの使用回数が5回以上かつカード購入後満3か月以上が経過している場合: 0元 (手数料なし)
  • カード未使用かつカード購入後2日以内の場合: 0元 (手数料なし)
  • 上記以外の場合: 20元

なおカード払い戻し時、カードに破損等が認められた場合には、カードの使用回数、使用期間にかかわらず払い戻し手数料は以下となる。

  • カード購入後2年未満の場合: 100元
  • カード購入後2年以上3年未満の場合: 60元
  • カード購入後3年以上4年未満の場合: 40元
  • カード購入後5年以上の場合: 20元

捷運、鉄道での利用[編集]

太字は悠遊卡のみ

台鉄の同区間は太魯閣号普悠瑪号や観光列車、団体列車等の一部台鉄が指定する列車を除いて、特急に相当する自強号に乗車する場合、70kmまでの乗車であれば区間車(通勤電車)の1割引の運賃で立席乗車が可能となる(71km以上の場合は超過分に対して自強号の運賃を適用)。莒光号区間車の場合は距離に関係なく区間車(通勤電車)運賃の1割引となる。
但し、誤って乗車した場合は下車駅で正規運賃を現金で支払わなければならない。太魯閣号、普悠瑪号の場合は罰金も科される。
基本的に自強号、莒光号、そして区間車と同じ料率の復興号も全車座席指定席列車のため、IC乗車の場合は空席があれば着席可能だが、あくまで自願無座(立席)扱いであるため座位票(座席指定券)所持者が優先となる。

バス等での利用[編集]

バスの利用範囲が大幅に増加しており、とても書ききれないので easycardのHPの「利用範囲」を確認のこと

路線バス[編集]

市轄・県轄バス[編集]

澎湖県以外の各県市で利用可能。端末へのタッチ(刷卡)は管轄する県市や事業者ごとに異なるので乗降時に確認が必要。

公路客運(市外・長距離バス)[編集]

国道公路客運(高速バス)[編集]

和欣客運阿羅哈客運建明客運中国語版を除く大半の路線

連絡船[編集]

  • 高雄市輪船公司中国語版 西子湾⇔旗津、前鎮⇔中洲
  • 連江県 南竿⇔北竿/西莒、東莒⇔西莒、基隆⇔東引
  • 新北市 漁人碼頭⇔淡水老街/八里左岸、淡水老街⇔八里左岸

電子マネーでの利用[編集]

2010年4月1日より

  • スーパーマーケット
    • 頂好超市(Wellcome)
    • 新東陽
    • 松青超市(MATSUSEI)
  • 娯楽施設
  • 家庭用品店
  • 自動サービス
  • 駐車場
    • 台北市営駐車場
    • 新北市営駐車場
    • 捷運パークアンドライド用駐車場
    • 一部の民間駐車場

海外展開[編集]

2014年に電子票証規則が法改正され、海外業者との提携条件が緩和された。これを受けて台湾の電子票証業者は香港の「八達通」やシンガポールの「EZ-link」と提携する見込みで、将来的には香港やシンガポールでも台湾の悠遊カードを直接使えるようになる見通しである。電子票証は台湾のほか日本でも広く利用されており、「Suica」などの電子票証業者には台湾との提携が期待されている。[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ https://www.ana.co.jp/pr/14_1012/14-082.html 台湾における初のANAカード発行 ~台湾最大手の銀行と提携、台湾の日常生活でのご利用でANAのマイルが貯まります~ - ANAプレスリリース 2014年12月2日
  2. ^ (フォーカス台湾)MRTなどで使えるイージーカード、デポジット式の販売8月から停止に/台湾
  3. ^ (繁体字中国語)(中時電子報)悠遊卡嗶進高捷 「不能加值」囧爆
  4. ^ (繁体字中国語)交通部臺灣鐵路管理局-旅客服務-車票資訊-電子票證乘車業務
  5. ^ 蘇逸修、「「悠遊カード」と「スイカ」は相互利用可能か?」、『台湾法コラム 知っておこう台湾法』、第63回、2014年8月25日16:10、記事番号:T00052294、(2016年3月28日取得、https://www.ys-consulting.com.tw/legal/52294.html )。

外部リンク[編集]

  • Easy Wallet - Google Play Store(Google)(繁体字中国語)
  • Easy Wallet - App Store(アップル)(繁体字中国語)