ブセナ海中公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブセナ海中公園遠景(部瀬名岬西岸)

ブセナ海中公園(ブセナかいちゅうこうえん)は沖縄県名護市部瀬名岬にある海中公園。沖縄観光開発事業団(現・沖縄観光コンベンションビューロー)により建設され、本土復帰以前の1970年にオープンした。海中公園がある岬の先端と西岸はブセナリゾートとして整備されている。

施設[編集]

グラス底ボート[編集]

部瀬名岬の先端西岸を発着するクジラ型船体の遊覧船。定員36名のボート2隻が就航している。珊瑚礁とそこに生息する熱帯魚を鑑賞できるようにボート中央部の船底がガラス張りという特徴を持つ。

海中展望塔[編集]

部瀬名岬の先端の西170mの海上にある海中展望塔。陸地とは歩道橋で繋がる。 海中展望塔内部は螺旋階段で、水深5mの底部に円形窓が設けられており、熱帯魚を鑑賞できるようになっている。

シャトルバス[編集]

ブセナリゾート入口とザ・ブセナテラス、グラス底ボート乗り場を往復するバス。料金無料、定員25名

データ[編集]

  • 面積 - 154,392.65m2
  • 所在地 - 沖縄県名護市字喜瀬1744-1
  • 備考 - 1981年10月15~24日に第8回ウィンドサーフィン世界選手権が当園で開催された。

交通アクセス[編集]

  • 那覇空港からバスで約90分、「ブセナリゾート前」下車すぐ

外部リンク[編集]