新北市政府捷運工程局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華民国の旗 中華民国の行政官庁
新北市政府捷運工程局
Department of Rapid Transit Systems,New Taipei City Government(DORTS,NTPC)
The seal of Department of Rapid Transit Systems, New Taipei City Government 20160101.png
役職
局長 趙紹廉
副局長 李政安
主任秘書 葉任偉
組織
概要
所在地 24747台湾新北市蘆洲区集賢路245号蘆洲重陽ビル5階
北緯25度05分5.1秒
東経121度28分54.2秒
座標: 北緯25度05分5.1秒 東経121度28分54.2秒
設置 2013年1月1日
改称 2016年1月1日
前身 新北市政府交通局捷運工程処
ウェブサイト
http://www.dorts.ntpc.gov.tw
テンプレートを表示
新北市政府捷運工程局
各種表記
繁体字 新北市政府捷運工程局
簡体字 新北市政府捷运工程局
拼音 Xīnběishì Zhèngfǔ Jiéyùn Gōngchéngjú
注音符号 ㄒㄧㄣ ㄅㄟˇ ㄕˋ ㄓㄥˋ ㄈㄨˇ ㄐㄧㄝˊ ㄩㄣˋ ㄍㄨㄥ ㄔㄥˊ ㄐㄩˊ
発音: シンベイシー チェンフー ジェユン ゴンチャンジュー
台湾語白話字 Sin-pak Tshī-tsìng-hú Tsia̍t-ūn Kang-tîng-kio̍k
英文 Department of Rapid Transit Systems,Taipei City Government(DORTS,NTPC)
テンプレートを表示

新北市政府捷運工程局(しんほくしせいふしょううんこうていきょく、略称新北市捷運局)は新北市政府2013年1月1日に設置した一級機関。当初は新北市政府交通局中国語版内の「新北市政府捷運工程処」として発足したが、2016年1月1日をもって市政府直下の「捷運工程局」に昇格した。

台北捷運の路線網のうち、現在運行中の路線は中心部で台北市を通過しているが、今後整備されるものは新北市内が全区間または大部分を占める郊外路線のため、台北市政府捷運工程局に代わり建設を担当する。そしてほとんどは新北市長朱立倫2010年中華民国地方選挙で掲げた政策「三環三線中国語版」の路線網とも符合する。

日本の多くの公営地下鉄のように、建設局に相当する本局が建設、運行は捷運公司(現在は台北捷運公司のみだが、新北市でも新北捷運公司設立の動きがある[1]。(ただし新北市政府交通局は市内バス交通新北市公車中国語版および市内に乗り入れる台北聯営公車路線の監督が業務で捷運は直接は無関係である)。

組織[編集]

首長
  • 局長
  • 副局長
  • 主任秘書
  • 総工程司
副総工程司
専門委員
業務部門
  • 総合計画科(綜合規劃科)
  • 土木管理科
  • 土木建築科
  • 土地開発科
  • 資材管理科
  • 機電系統科
  • 技術発展科
  • 淡海工務所
  • 安坑工務所
  • 三鶯工務所
事務部門(部に相当)
  • 秘書室
  • 人事室
  • 政風室
  • 会計室

捷運建設計画[編集]

市域内の計画中及び建設中の路線は以下の通り。動物園駅以外は全ての駅が新北市内にあり、新北市政府が担当主管機関となる[2]

路線 区間 距離(km) 規格 現況 車両基地
深坑線 動物園 - 石碇服務区駅 8 ライトレール F/S調査報告審査 石碇機廠
五股泰山線中国語版 分子尾駅中国語版 - 輔大医院駅中国語版 11.48 泰山機廠
淡海延伸線 八里線:
淡水漁人碼頭駅 - 八里駅
5.1 F/S調査報告審査 淡海機廠
三芝線:
崁頂駅 - 聖約翰科技大学
計画中
安坑線 十四張駅 - 二叭子植物園駅 7.8 建設中 安坑機廠
淡海線 緑山線:
紅樹林駅 - 崁頂駅
7.34 建設中 淡海機廠
藍海線:
淡水駅 - 崁頂駅
3.39
(1.21kmは緑山線と共用)
三鶯線 頂埔駅 - 鶯桃福徳駅 14.29 中運量 建設中 三峽機廠

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]