万華区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華民国 台北市 万華区
別称: 艋舺・文甲
Longshan Temple, Taipei 01.jpg
地理
Taipei-mankakuku.svg
座標: 北緯25度02分 東経121度29分 / 北緯25.033度 東経121.483度 / 25.033; 121.483
面積: 8.8522 km²
各種表記
繁体字: 萬華區
日本語読み: ばんかく
漢語: Wànhuá Qū
通用: Wànhuá Cyu
ウェード式: Wan⁴-hua² Ch'ü¹
注音符号: ㄨㄢˋ ㄏㄨㄚˊ ㄑㄩ
片仮名転写: ワンホワチュー
台湾語: Báng-kah-khu (艋舺區)
客家語: Van-fà-khî
行政
行政区分: 市轄区
上位行政区画: 台北市
下位行政区画: 36里723鄰
政府所在地: 和平西路三段120號10~13樓
万華区長: 黃国彥
公式サイト: 万華区公所
情報
総人口: 194,314 人(2016年1月)
世帯数: 78,341 戸(2016年1月)
郵便番号: 108
市外局番: 02
剥皮寮歴史地区南側の広州街

万華区(ばんかく)は台北市市轄区

地理[編集]

歴史[編集]

万華は古くは台湾原住民平埔族ケタガラン族が住んでいたところで、ケタガラン語で丸木舟を意味する「ヴァンカア」が語源。山から切り出した木をこの地区を流れる川を伝って丸木舟で別の場所に運んだことから。台湾語音で艋舺(のちに一部で文甲)という漢字が宛てられた。台北で最も古い地域であり、現在の貴陽街と環河南路口付近の紗帽厨番社がその発祥である。1709年、陳頼章が福建居民を率いて舟で移住した。

1920年(大正9年)の台湾総督府による行政改編のなかで、台北に台北州が設置され、艋舺にも発音が類似し、「万年の繁栄」との願いを込めて萬華新字体万華)の漢字に改変された。なお、台湾語では旧称の艋舺(Báng-kah)が現在でも使用されており、幹線道路の名前にもなっている。

下部行政区域[編集]

地区
西門 西門里、新起里、万寿里、菜園里、福星里
龍山 仁徳里、柳郷里、富福里、青山里、富民里、福音里
大理 和平里、華江里、糖廍里、頂碩里、緑堤里、双園里
西園 日善里、孝徳里、和徳里、全徳里、忠徳里、錦徳里
東園 保徳里、銘徳里、寿徳里、華中里、栄徳里、興徳里
青年 日祥里、凌霄里、新和里、騰雲里、忠貞里、新安里、新忠里

歴代区長[編集]

交通[編集]

教育[編集]

大專院校[編集]

高級中学[編集]

萬華朝北醫院

国民中学[編集]

国民小学[編集]

外籍小学[編集]

幼稚園[編集]

  • 台北市立華江国民小学附属幼稚園
  • 台北市立老松国民小学附属幼稚園
  • 台北市立大理国民小学附属幼稚園
  • 台北市立龍山国民小学附属幼稚園
  • 台北市立福星国民小学附属幼稚園
  • 台北市立双園国民小学附属幼稚園
  • 台北市立新和国民小学附属幼稚園
  • 台北市立西門国民小学附属幼稚園
  • 台北市立万大国民小学附属幼稚園
  • 台北市立光仁国民小学附属幼稚園
  • 台北市立東園国民小学附属幼稚園
  • 台北市立西園国民小学附属幼稚園
  • 育仁幼稚園
  • 英才幼稚園
  • 徳明幼稚園
  • 世仁幼稚園
  • 大森幼稚園
  • 華城幼稚園
  • 大理幼稚園
  • 南海幼稚園
  • 慈愛幼稚園
  • 育光幼稚園
  • 幼佳幼稚園
  • 一村幼稚園
  • 愛心幼稚園
  • 博愛幼稚園

観光[編集]

万華区を舞台とした作品[編集]

外部リンク[編集]