北部モンゴロイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北部モンゴロイドに属すネネツ人の子供

北部モンゴロイド(ほくぶモンゴロイド)は、ユーラシア大陸北部に居住するモンゴロイドの下位区分の人種概念。新モンゴロイドに属す。

特徴[編集]

新モンゴロイドに属す亜人種の中でも、特に寒冷適応を受けており、新モンゴロイド的特徴を最も顕著に持つ。皮膚は淡黄褐色で、顔毛や体毛が少なく、極度に平面的な顔をもち、眼裂はごく細い。大きく北方系(サモエード系ウゴル系ツングース系朝鮮系[1]エスキモー人種イヌイット)、旧アジア人種旧アジア語族の総称)など)と中央アジア・モンゴル系(モンゴル系テュルク系)に大別できるが、モンゴル系は中部モンゴロイド(一部が古モンゴロイドとの混血)との中間形質を示し、中央アジア系はコーカソイドとの混血人種である(ツラン人種)。北方系は特にフラットフェースであり、Y染色体ハプログループN系統との関連性が考えられる。

さらに、南方系は中部モンゴロイドはシナ・チベット系(チベット系華北漢民族)と南部モンゴロイド華南の漢民族、台湾人ベトナムキン族ミャンマービルマ族カレン族モン人ラオスラーオ族タイ北部のタイ族の一派の山岳民族シャン族)に分類される。とくに南部モンゴロイドは、中部モンゴロイドと古モンゴロイド系に属するインドシナ人種との混血人種とされる。

また、大和民族は北方系古モンゴロイドに属するアイノイドと、新モンゴロイド(北部モンゴロイド、中部モンゴロイド、南部モンゴロイド)との混血とされる。

下位区分[編集]

北方系(バイカル型):色白で、極度に平らな顔。

モンゴル系:バイカル型と中部モンゴロイドとの中間形質を示す。

中央アジア系(ほとんどがコーカソイドと混血している(ツラン人種))

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝鮮は古くは遼河文明圏であり、遼河人(北部モンゴロイド)由来のハプログループN(Y染色体)が高頻度であったと考えられるが、中国江南より無文土器を携えたハプログループO1b2 (Y染色体)、のちに漢族(ハプログループO2 (Y染色体))がやってくるなり、父系(Y染色体)がNからO1b2、O2に置き換わったと考えられる。一方の母系(mtDNA)(およびおそらく殆どの核DNA)は遼河人起源のまま保たれ、江南起源Y染色体O1b2・漢族起源Y染色体O2-遼河人起源のmtDNA・核DNAのセットの朝鮮民族が形成されたと考えられる。これが、朝鮮民族が北方系の形態を持つにもかかわらず、Y染色体のみが南方系である所以である。