アルプス人種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルプス人種に属すとされるオーストリア人

アルプス人種(あるぷすじんしゅ)は、かつての自然人類学におけるコーカソイドの下位区分の一つ。

1899年ウィリアム・Z・リプリーにより北方人種地中海人種と共に定義され、主にヨーロッパ中部(フランス中東部やスイスドイツ南部(アレマンバイエルン)、オーストリアイタリア北部など)や旧フランス植民地の一部(カナダケベック州など)に住んでいるとされた。

この人種に属する人は、「一般に、淡い褐色の毛髪であり、虹彩の色も明褐色で、青色や緑色は極めて少ない。皮膚色は白色をなすが、皮下の血液が透けて見えるほどの色素脱落は示さない。また、顔も丸みを帯び、脚が短くずんぐりした体格である。頭蓋も丸く短い(短頭)。」とされた。[1]

アルプス人種は代表的な短頭人種として近代以降知られていたが、20世紀初めにドイツ人類学の大御所であったオイゲン・フィッシャー(Eugen Fischer)らにより、古代のアルプス人種に属する人々は長頭であり、時代が進むと共に短頭に変化した事が明らかにされた。

遺伝子の観点からはY染色体ハプログループR-S28イタロ・ケルト語派に関連)との間に分布の相関が認められる[2]

脚注[編集]

  1. ^ 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. ^ Eupedia