劉聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
昭武帝 劉聡
第3代皇帝
王朝
在位期間 310年 - 318年
姓・諱 劉聡
玄明
諡号 昭武皇帝
廟号 烈宗
生年 不詳
没年 麟嘉3年(318年)6月
光文帝
光献皇后
皇后 呼延皇后
張皇后
武宣皇后
靳月光
靳月華
武徳皇后
陵墓 宣光陵
年号 光興 : 310年 - 311年
嘉平 : 311年 - 315年
建元 : 315年 - 316年
麟嘉 : 316年 - 318年

劉 聡(りゅう そう)は、五胡十六国時代の漢(後の前趙)の第3代皇帝。長兄の劉和を殺して帝位を継いだ。八王の乱と塞外民族の大移動で混乱に陥った西晋を滅ぼし(永嘉の乱)、華北に覇を唱えた。

生涯[編集]

即位するまで[編集]

匈奴の指導者で五胡十六国時代の端を開いた光文帝劉淵の四男(三男とも)。生母は側室の光献皇后張氏。父劉淵は非常に教養の高い人物だったが、劉聡も経典や史書などの書物に詳しく、書に巧みで詩賦に優れており、武芸にも精通していたという。20歳の時に洛陽に留学し、張華楽廣などの名門の子弟と盛んに交流したという。

やがて父の下に戻り、西晋に帰順していた頃、新興太守主簿を初めとして各要職を歴任した。河間王司馬顒に赤沙中朗将とされたが、成都王司馬穎に父が殺されるのを恐れ、に駆けつけて右積弩将軍・参前鋒戦事として仕えた。父が西晋から北単于に任じられると右賢王に立てられ、大単于を称すると鹿蠡王となった。永鳳元年(308年)に父が皇帝に即位すると楚王に封ぜられ、車騎大将軍になった。

河瑞元年(309年)、父の命令で王弥と共に洛陽を攻撃したが、東海王司馬越に阻まれた。同年に大司徒になり、翌河瑞2年(310年)の父の崩御の直前に大司馬・大単于となった。

父が没すると異母長兄の劉和が帝位を継いだ。劉和は指導者としての才覚はあったが猜疑心が強く、母方の叔父の呼延攸と共に異母弟の劉聡、同母弟の劉裕劉隆、末弟の劉乂の武力を恐れこれを除こうとした。劉乂らと内通した劉聡は先手を打ち、劉和を兄弟の劉裕と劉隆、叔父の呼延攸ら共々まとめて殺害し、自ら帝位に就いて功績のあった劉乂を皇太弟にした。しばらくして、劉聡は同母兄の劉恭を飛び越えて即位したことに疚しさを感じて、刺客に命じて劉恭を殺害したと伝わる。

西晋を滅ぼす[編集]

即位した昭武帝は元号を光興と改元し、父が悲願としていた洛陽の攻略に取り掛かった。光興2年(311年4月に亡くなった東海王司馬越の棺を守って山東に向う王衍の率いる晋軍十余万を羯族の将軍である石勒が壊滅させると、5月には石勒に加えて劉曜呼延晏(呼延攸の親族)、王弥らの軍勢で洛陽を包囲、翌月に陥落させた。晋の皇帝である懐帝が捕虜となり伝国璽と共に平陽に連れ去られ、洛陽が略奪を受けた挙句に廃墟と化した。この事件を史書は永嘉の乱と呼ぶ。

晋の皇族の生き残りである懐帝の甥司馬鄴が長安で皇帝を称した(愍帝)が晋は実質滅亡状態にあり、麟嘉元年(316年11月に愍帝は劉曜の軍勢に降伏、こうして漢は華北をほぼ平定した。

内訌の予兆[編集]

昭武帝は文武に優れた果敢な指導者ではあったが、西晋を滅ぼした頃から奢侈を好み、酒色に溺れるようになった。

元々漢民族の教養に優れながらも、漢族から見れば野蛮的な匈奴の酋長といえる言動が多かった。光文帝の死後クーデターで帝位に就いた後、昭武帝は亡父の皇后で後妻でもある美貌の単氏(末弟劉乂の生母で、匈奴の名門の単徴の娘)を自分のものとした。昔からの匈奴の風習では父親の妻妾は、生母以外は全てその後継者のものとなるが、漢文化に影響された単氏はこれを恥じて憂鬱になり自殺している。これを聞いた昭武帝は落胆したという。

晋の2帝を捕虜にしたが、どちらも狩猟の時に戟を持たせて先導役にしたり、宴会の時に杯に酒を汲ませ杯を洗わすなどの屈辱を与えた挙句に、最後には両者ともに殺害している。

また、建国の功臣である御史大夫陳元達からの「無益な宮殿を造築されるとは何事ですか」という激しい諫言に激怒して、陳元達を「鼠子(薄汚い鼠)めが!」と言って殺害しようとしたり、嫡男の劉粲と皇后・靳氏の父である靳準の讒言を受けて皇太弟の劉乂を廃嫡し、北部王に降格して劉粲を皇太子とするなど、次第に人望を失う行為が増えていった。一方、廃された劉乂は、既に非業の死で失っていた生母の単氏を思い出しては、繰り返し悲しみに暮れていた。

宦官王沈らに煽られた劉粲は、今なお人望がある劉乂の存在を恐れ、靳準と密談して刺客を派遣して劉乂を殺害してしまった。末弟の非業の死の報を聞いた昭武帝は「二人だけになってしまった、兄弟だったのに、互いを受け入れる事が出来なかった」と嘆いたという。さらに寵愛する王沈を列侯に封じたため、庶長子である太宰・河間王の劉易と陳元達がこれを諌めたが、劉聡はこれを聞き容れなかった。そのために劉易は悶えて憤死し、同時に陳元達も自害して果てた。

麟嘉3年(318年)6月に崩御。後事を劉曜と石勒に託したが両名は共に辞退し、即位した劉粲は在位1ヶ月で靳準に殺され、漢は動乱状態に陥る。劉曜と石勒が靳準を討って混乱を収拾したが、やがて華北は劉曜(前趙)と石勒(後趙)の争いの舞台となってゆく。

諡号昭武皇帝。 劉淵の諡号は光文皇帝というが、劉淵は後漢及び蜀漢の後継者と称している。後漢及び蜀漢皇帝の正当な末裔は永嘉の乱に乗じて前趙の軍勢にほとんどが殺害されたが、劉備の曾孫にあたる劉玄のみが生き残り、子孫も今日まで存在しているといわれる。

宗室[編集]

后妃[編集]

  • 呼延皇后
  • 皇后張徽光(母方の叔父の左光禄大夫・張寔の娘)
  • 武宣皇后 劉娥
  • 皇后靳月光
  • 皇后靳月華
  • 武徳皇后 劉英
  • 劉氏
  • 劉氏
  • 劉氏
  • 劉氏
  • 王氏
  • 任氏
  • 朱氏
  • 馬氏

[編集]