十六国春秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

十六国春秋(じゅうろっこく しゅんじゅう)は、中国北魏代に撰せられた、五胡十六国時代に関する歴史書である。五胡十六国時代という名称の由来になった。『隋書』「経籍志」によれば、全100巻。

伝歴[編集]

北魏の崔鴻が撰した元本は北宋代には散佚してしまっており、現代まで伝えられてはいない。元本の全100巻は、司馬光が『資治通鑑』の編纂に引用した北宋初期には二十余巻を除いて散逸していた。現行本は、代になって、『北史』や『晋書』「載記」などの諸書から輯佚したものであり、元本とは異なっている。

また、『漢魏叢書』中にも「十六国春秋」16巻が収載されているが、こちらの伝来も不明であり、北魏の崔鴻の手になる元本とは異なっている。その他、『広雅書局叢書』中には、湯球が撰した「十六国春秋纂録校本」10巻、「十六国春秋輯補」100巻がある。こちらは、『晋書』や各種類書に引用される佚文を輯集したものであり、その典拠も明記されている。また、そこには同撰者による「三十国春秋輯本」も収載されている。

構成[編集]

「十六国春秋」[編集]

巻数 巻題 節目
巻一 前趙 劉淵劉聡劉曜
巻二 後趙 石勒石弘石虎石閔
巻三 前燕 慕容廆慕容皝慕容儁慕容暐
巻四 前秦 苻洪苻健苻生苻堅苻丕苻登
巻五 後秦 姚弋仲姚襄姚萇姚興姚泓
巻六 李特李流李雄李期李寿李勢
巻七 前涼 張軌張寔張茂張駿張重華張祚張玄靚張天錫
巻八 西涼 李暠李歆
巻九 北涼 沮渠蒙遜沮渠牧犍
巻十 後涼 呂光呂纂呂隆
巻十一 後燕 慕容垂慕容宝慕容盛慕容熙高雲
巻十二 南涼 禿髪烏孤禿髪利鹿孤禿髪傉檀
巻十三 南燕 慕容徳慕容超
巻十四 西秦 乞伏国仁乞伏乾帰乞伏熾磐乞伏暮末
巻十五 北燕 馮跋馮弘
巻十六 赫連勃勃赫連昌赫連定

「十六国春秋 (屠喬孫・項琳・四庫全書本)」[編集]

巻題 巻数 節目
前趙 10 劉淵(1巻)・劉和(1巻)・劉聡上中下(3巻)
後趙 12 石勒上中下(3巻)・石弘(1巻)
前燕 10 慕容廆慕容皝上下(2巻)
前秦 10 苻洪苻健苻生苻堅上中下(3巻)・苻丕
後燕 10 慕容垂上中下(3巻)・慕容宝(1巻)・慕容盛(1巻)
後秦 10 姚弋仲(1巻)・姚襄(1巻)・姚萇(1巻)・姚興上中下(3巻)
南燕 3 慕容徳(1巻)・慕容超(1巻)・慕容鈡等20人(1巻)
4 赫連勃勃(1巻)・赫連昌(1巻)・赫連定(1巻)・胡義周等8人(1巻)
前涼 6 張軌(1巻)・張寔張茂(1巻)・張駿(1巻)
5 李特(1巻)・李流李雄(1巻)・李班李期李寿李勢(1巻)
後涼 4 呂光(1巻)・呂紹(1巻)・呂纂(1巻)
西秦 6 乞伏国仁乞伏乾帰(1巻)
南涼 3 禿髮烏孤禿髮利鹿孤(1巻)・禿髮傉檀(1巻)・禿髮文支等11人(1巻)
西涼 3 李暠(1巻)・李歆(1巻)・李恂等8人(1巻)
北涼 4 沮渠蒙遜(1巻)・沮渠牧犍(1巻)
北燕 3 馮跋(1巻)・馮弘(1巻)・馮素弗等14人(1巻)