拓跋普根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213CJK統合漢字拡張A)が含まれています詳細
拓跋普根
二代王
王朝
在位期間 316年
都城 盛楽
姓・諱 拓跋普根
不詳
拓跋猗㐌

拓跋普根(たくばつ ふこん、Tuòbá Pǔgēn、? - 316年没)は、鮮卑拓跋部の大人(たいじん:部族長)で、五胡十六国時代代国の第2代の王(在位:316年)。拓跋猗㐌の子。

生涯[編集]

305年6月、父の拓跋猗㐌が死ぬと、拓跋普根は後を継ぎ、中部拓跋部を統治した。

307年拓跋禄官が死ぬと、拓跋猗盧が三部全てを統治するようになり、拓跋普根はその任を降りた。

312年10月、晋陽の劉粲劉曜らの攻撃を受けた。拓跋猗盧の命により、拓跋普根は拓跋六脩衛雄范班箕澹らと共に劉救援に向かった。劉粲は恐れて、輜重を焼き、攻囲を突破して遁走した[1]

316年3月、拓跋猗盧が拓跋六脩に殺害された。この時、拓跋普根は国境近辺を守備していたが、変事を聞くとすぐさま帰還し、拓跋六脩を打ち破ると、彼を殺した。 こうして国内を平定すると、王位を継承した。

だが、この一件により国中は大いに乱れ、拓跋部の民と晋や烏桓から帰順した人が互いに殺し合った。拓跋猗盧の腹心として長年仕え、衆望を集めていた左将軍の衛雄と信義将軍の箕澹は、この様な事態に陥ったので、劉へ帰順しようと謀った。そして、人質として派遣されていた劉の子劉遵と共に、晋人や烏桓人三万世帯と牛馬羊十万頭を率いて劉}へ帰順した。劉は大いに喜び、自ら平城へ出向いて彼等を迎え入れた。これによって、劉の勢力が再び強大になった。

4月、拓跋普根が亡くなった。在位期間はわずか1月であった。彼の子息は生まれたばかりだったが、普根の母・惟氏により代王に立てられた。 

参考資料[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 通鑑考異曰く、魏書及び資治通鑑では、救援に向かったのは猗盧の子「六脩」と桓帝の子「普根」となっているが、十六国春秋では「利孫」、「宥六須」となっており、いずれも猗盧の子とされている。同様に、晋書載記では「賓六須」、劉琨伝では「左・右賢王」とあり、又、右賢王は「撲速根」と記載がある。さらに、王浚伝には猗盧の子は右賢王「日律孫」であるという記述がある。恐らく「日律孫」「利孫」「撲速根」は全て「普根」の事を言っていると思われるが、音が合わない。また、懐帝紀でも「利孫」は猗盧の子という記載がある為、「日律孫」「利孫」「撲速根」はすべて「六脩」の事を言っており、十六国春秋で「利孫」、「宥六須」と別れているのは誤記ではないかという説もある。


先代:
拓跋猗
中部拓跋部の大人
305年 - 307年
次代:
統一:拓跋猗盧