恭帝 (西魏)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
恭帝 拓跋廓
西魏
第3代皇帝
王朝 西魏
在位期間 554年 - 556年
姓・諱 元廓→拓跋廓
諡号 恭皇帝
生年 大統3年(537年
没年 557年
文帝
皇后 若干皇后

恭帝(きょうてい)は、北朝西魏の第3代(最後)の皇帝。また、拓跋氏最後の皇帝でもある。元の姓元廓(げん かく)、のち拓跋姓に復古して拓跋廓(たくばつ かく)。

生涯[編集]

文帝の四男として生まれた。大統14年(548年)に斉王に封ぜられた。554年1月に異母兄の元欽宇文泰によって廃位されると、代わって皇帝に擁立された。

556年1月、周礼にならって六官を建て、宇文泰を太師・大冢宰、李弼を大司徒趙貴太保・大宗伯、独孤信大司馬于謹を大司寇、侯莫陳崇を大司空にそれぞれ任じた。

556年10月に宇文泰が没すると、12月に宇文護に迫られて、恭帝は周公宇文覚に帝位を禅譲する詔を発した。ここに西魏は滅亡した。拓跋廓は宮中を出て大司馬府に移った。

557年1月、宇文覚が天王(皇帝)の位について北周を建てると、拓跋廓は宋公に封ぜられたが、間もなく殺害された。

恭帝の在位中には元号が建てられなかったため、後世の史書では554年・555年・556年を「西魏恭帝元年・2年・3年」と呼んでいる。