拓跋猗イ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「拓跋猗」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213簡体字CJK統合漢字拡張A)が含まれています詳細

拓跋猗[1](たくばつ いい、Tuòbá Yīyí267年 - 305年)は、鮮卑族の中部拓跋部の大人(たいじん:部族長)。拓跋沙漠汗の長男で、弟には拓跋猗盧拓跋弗、子には拓跋普根拓跋賀拓跋がいる。『宋書』では「索頭単于(いだ、Yītuó)」と書かれる。北魏道武帝より桓皇帝諡号を追贈された。

生涯[編集]

風貌に優れ、体格は立派であった。体格が立派すぎて、馬に乗っても全て耐えられず潰れてしまった。そのため、いつも大牛が引く車に乗っていた。

295年、叔父である拓跋禄官が大人となると、拓跋部を3分割し、拓跋猗代郡参合陂の北、中部拓跋部を統治した。

代の住民の衛操が、義子の衛雄と同郡の箕澹を引き連れ、拓跋部へ移住した。彼は拓跋猗へ「晋の人間を移住させましょう。猗盧殿が招聘すれば彼らはやって来ます。」と進言した。拓跋猗は大いに喜び、彼に政務全般を任せた。以来、晋から大勢の人間が移住して来るようになった。

297年、拓跋猗は漠北を渡って西の諸国を攻略した。

301年、拓跋猗は5年間に及ぶ西略から帰国し、20余国を帰順させた。

304年匈奴劉淵が離石で挙兵し、自ら漢王と号した。7月、并州刺史司馬騰は拓跋部に援軍を要請した。拓跋猗は10万騎余りを率い、拓跋猗盧・拓跋禄官もこれに呼応し、西河郡上党郡で劉淵の軍を大破させた。その後、汾東にて司馬騰と盟約を交わして帰った。その後、衛雄を参合陂以西へ派遣すると、東屋の石を積み上げて石碑を建て今回の軍事行動を刻んだ。

305年6月、劉淵は司馬騰を攻め、司馬騰はまた援軍を要請した。衛操が出兵を勧めると、拓跋猗は軽騎数千でこれを救い、劉淵の配下の綦母豚を斬る。劉淵は蒲子に南走した。は拓跋猗大単于,紫綬金印を下賜した。

同年同月、拓跋猗は死去した。39歳であった。中部拓跋部は子の拓跋普根が後を継いで統治した。

拓跋猗の死後、衛操は大邗城の南に石碑を建て、拓跋猗の功績を称えた。

逸話[編集]

拓跋猗は以前、一度食中毒にかかったことがあった。彼はたまらず嘔吐してしまったが、そこから楡の樹が生えてきた。当時参合陂には楡の樹がなかったため、当時の人は大変驚き、この話は広く伝播したという。

宗室[編集]

    • 拓跋普根…長男
    • 拓跋賀…次男
    • 拓跋那…三男

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 」の字は「施」から偏()を除いた形状。
  2. ^ 『魏書』では祁氏と記される。

参考文献[編集]

  • 宋書』(列伝第五十五索虜)
  • 魏書』(帝紀第一)
  • 北史』(魏本紀第一)
  • 『通鑑紀事本末』十六巻
先代:
中部拓跋部の大人
295年 - 305年
次代:
拓跋普根