孝武帝 (北魏)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
孝武帝 元脩
北魏
第13代皇帝
王朝 北魏
在位期間 532年6月13日 - 535年2月3日
都城 洛陽
孝則
諡号 孝武皇帝(『北史』)
出帝(『魏書』)
生年 永平3年(510年
没年 永熙3年閏12月15日
535年2月3日
広平武穆王・元懐(三男)
李氏
后妃 高皇后
陵墓 雲陵
年号 太昌532年
永興532年
永熙532年 - 534年

孝武帝(こうぶてい、510年 - 535年、在位:532年 - 534年)は、北魏の最後の皇帝とする史料もある)。第7代皇帝宣武帝の甥。諡号は『魏書』では出帝とも記される。孝武帝は西魏において、出帝は東魏において贈られた諡号である。

生涯[編集]

広平王元懐の三男として生まれた。母は側室の李氏。武術を好み、全身傷だらけで、性格は強硬かつ大胆であった。

527年、汝陽県公に封ぜられた。中書侍郎・散騎常侍・平東将軍・鎮東将軍などを歴任した。530年、平陽王に進んだ。531年侍中・尚書右僕射に任ぜられた。間もなく尚書左僕射に転じた。その後、戦禍を避けて逃げ、農村に身を隠した。

532年4月、高歓により元朗(後廃帝)が廃され、元脩が皇帝に擁立された。斛斯椿と元脩の友人の王思政が元脩を探しだした。元脩は顔色を変えて「お前は私を売ったのか?」と問いただした。王思政は「違います、帝位におつけします」と答えた。元脩はさらに「身の安全は保障があるのか?」と尋ね、王思政は「時局が揺れ動いており、安全は保障しがたくあります」と答えた。斛斯椿は高歓のもとへ復命した。高歓は400騎を率いて元脩を迎えに行き、誠意を尽くし、涙までこぼして即位を請うた。元脩は徳が少ないという理由で断ったが、結局受諾した。

しかし、孝武帝は傀儡も同然であり、高歓は大丞相・天柱大将軍・太師として実権を握っていたことから、孝武帝は常に不安に怯えていた。孝武帝は斛斯椿や王思政らの使嗾により、高歓を排除しようと謀った。また、関中賀抜岳と手を結び、賀抜勝荊州に送って高歓に対抗させた。そして、高乾を処断し、高昂をも殺害しようとした。534年2月、賀抜岳が殺害されると、孝武帝はその後継者の宇文泰と結んだ。

孝武帝は、諸侯王時代に旧交があった宇文顕和(宇文泰の遠戚)に、「天下が乱れているが、どうしたらよいだろうか。」と訊ねると、顕和は「現在の方策は、善き者を選んで頼るより他ありません。」と答え、詩をそらんじて「かの美人かな、西方の人かな」と言った。孝武帝は、「私の考えと同じだ。」と言って、入関の計画を定めた。孝武帝は顕和の母が老年で係累も多いので、計画に参加させようとした。しかし顕和は「現在の情勢では忠と孝をともに立てることはできません。秘密がもれれば身を失う計画であるのに、私情をさしはさむことができましょうか」といって拒絶した。孝武帝は顔色を変えて「卿はわが王陵である」と言った。そして、534年7月、斛斯椿らにより、孝武帝は洛陽から連れ出され、長安に向かった。8月、宇文泰に迎えられて長安に入った。高歓は代わって元善見(孝静帝)を皇帝に立てた。

孝武帝は3人の従姉妹(平原公主元明月安徳公主、元蒺藜)を寵愛して不倫の仲となっていて、たびたび4人で乱交し、このうち元明月を長安へ伴った。しかし、宇文泰は孝武帝の乱交を憎み、明月の実兄である元宝炬に命じ、彼女を騙しておびき寄せ、殺害した。そのため、孝武帝と宇文泰の間は険悪になった。534年12月、孝武帝は毒酒によって殺害された。

宇文泰は孝武帝の従兄の元宝炬(文帝)を代わって皇帝に立てた。こうして、高歓が実権を握る孝静帝の東魏と、宇文泰が実権を握る文帝の西魏が並び立つこととなった。

孝武帝の皇后高氏は高歓の娘であったが、孝武帝の死後に彭城王元韶に再嫁した。また、孝武帝の妹にも平原公主(のち馮翊公主)に封じられた公主がおり、2度目の結婚で宇文泰との間に嫡子・宇文覚(北周の孝閔帝)をもうけた。

孝武帝の遺骨は草堂寺に埋葬された。甥の孝閔帝の時に、皇帝の礼で改葬された。

宗室[編集]

伝記史料[編集]

  • 魏書』巻11 帝紀第11
  • 北史』巻5 魏本紀第5